*

未分類

イムラの注文住宅って実際どうなの?不動産のプロが教える特徴や口コミと坪単価

投稿日:

家の建築やリノベーションなどは、一生に一度と言っても過言ではない大きな買い物となります。

そのため、理想の家に近くなるようにデザインを考えたり、これからの時代に合う家を造りたかったりと、試行錯誤が毎日止まらず、頭を抱えているかたも多いのではないでしょうか。

あちこちの工務店やハウスメーカーを回ってイベントやモデルハウスを見学して、こんな家がいいなと考えを固めていくのですが、その中で自分の理想に近い工務店やハウスメーカーに出会う機会があります。

奈良県や大阪府に建築予定のかたは『イムラ』というハウスメーカーをご存じですか?

大手ではありませんが、創業93年と歴史が古く、奈良などの地域に根差した建築を行っている会社です。

「ハウスメーカーや工務店の種類が多すぎて、どこに依頼すればよいのか悩んでしまう。」

「奈良に新築を建築したいのだが、アレルギー持ちなので自然素材の家を建てたい。」

「実際に、イムラで家を建てたことがある人の口コミや声を聞いてみたい。」

など、イムラに関する不安や疑問の声がネット上でも上がっています。

イムラは木造の注文住宅を作っており、標準仕様として吉野杉を使った家を提案しています。

吉野杉は、奈良で育った木なので、奈良の風土にも合いそして強度も高く、見た目も美しく、香り高い無垢材です。

展示場も奈良県や大阪府にあるのですが、見た目や香りに魅了されるかたも多いようです。

デザイン性も豊かで、専属の設計士さんと自分たち家族の暮らしにあった間取りを作ることができます。

全国展開はしておらず、奈良を中心に長年にわたって、たくさんの家を施工してきました。

実績数もおおく信頼のあつい会社です。

これから奈良や大阪で家を建てようと考えているかたや、無垢材などの自然素材の家を建てたい方など、たくさんのかたの参考になれば幸いです。

また、ハウスメーカー選びをする際に一番重要なポイントを先にお伝えしておきます。

それは、複数のハウスメーカーの情報や特徴を調べたうえで比較・検討すること。

きちんと下調べをせず、いきなり住宅展示場に行ったり、土地探しから始めてしまう人が多いのですが、優先順位を間違えています。

最初にすべきことは、少しでも気になったハウスメーカーの情報をネットやカタログから集めること。

前提の知識がないままハウスメーカー選びを進めてしまうと、営業マンに足元を見られてしまったり、どのハウスメーカーも良く見えてしまうもの。

複数のハウスメーカーの特徴や性能、サービスや価格帯を事前に知っておくことで、相対的・客観的な目線で担当者の話を聞き、納得のいくハウスメーカー選びができます。

価格交渉の場でも、事前に情報を集めていた人とそうでない人では、まったく違った結果になってしまいますから。

ただ、複数のハウスメーカーに問い合わせをしたり、1社ずつ資料を請求するのは面倒ですよね?

東証一部に上場しているLIFULLが運営する「LIFULL HOMES」を利用すれば、複数社からカタログを一括で請求できるので便利です。

予算別やテーマ、エリア別にハウスメーカーを選べるので、0からハウスメーカーをピックアップする手間も省けます。

LIFULL HOMES経由で情報を集めるもう一つの大きなメリットは、悪徳業者に引っかかるリスクを減らせること。

ハウスメーカーの中には、ずさんな工事を実施したり、強引な営業活動を行ってくる会社も存在するのが実情です。

一部上場のLIFULL HOMESであれば、事前の審査をクリアした信頼できるハウスメーカーとだけ提携しているので、安心してハウスメーカー選びを進められます。

PCやスマホから簡単かつ無料で利用できるので、ハウスメーカー選びの際は必ず活用するようにしてください。

LIFULLHOMES公式サイトはこちら⇒

それでは、ここからイムラの評判について、詳しく解説をしていきます!

イムラの注文住宅の特徴・性能まとめ

イムラという会社について、あまり知らないというかたに、まずはイムラの家づくりの特徴や性能のまとめとして、工法やデザイン、耐震性・断熱性・気密性、アフターサービスなどについてご説明していきます。

イムラの工法

イムラの工法としては、木造住宅で吉野杉と国産のひのきによる強靭な枠組み構造をベースとしています。

吉野杉でつくられる家は、構造材だけでなく、天井や床、建具や収納などの内装材も吉野杉を使用することができるので、木の温もりと良い香りに包まれた住空間ができあがります。

吉野杉は節も少ないので、見た目もきれいと評判です。

また壁には珪藻土が、そして断熱材にはセルロースファイバーが使用されています。

木以外の部分にも自然素材を使用しているので、健康的な生活が可能です。

このようにイムラでは本物の木から家をつくっていくので、優秀な熟練の大工がいます。

また、珪藻土を壁に塗るためには、優秀な左官職人が必要ですし、吉野杉を使った建具を作るための建具職人など、さまざまなベテランの職人がたくさんいます。

現在では、若い大工にも技能や知恵を授ける機会となっており、吉野杉の家づくりが引き継がれています。

イムラの間取り

イムラの家は、自由度の高い間取りとして、専属の設計士さんが世界に一つの家を提案してくれます。

特徴として3つ挙げられています。

ひとつは「敷地の特徴を活かした、最適なプランを提案する。」道路からの視線とプライバシーや、日光の取り入れ方、風の通り抜け方にも最大限配慮して、快適な家を提案してくれます。

ふたつ目は「要望とライフスタイルを間取りに反映する。」設計士は、個別に依頼主の要望やライフスタイルを聞き取ることが上手なので、話を聞いた内容から、必要や収納量や使い勝手のよい家事動線を提案してくれます。

みっつ目は「わかりやすさを追求したプレゼン力」イムラでは珍しく手書きの設計図や内観、外観図でプレゼンをしてくれます。

ひとつひとつ丁寧に作られており、イメージしやすいと高評価です。

また、イムラでは、展示場ではない実際に住んでいるOBのお宅に入ることができる機会もあります。

実際の展示場にはない生の声を聞く機会なので、アフターサービスなども含めて質問するとよいですね。

また建築現場の確認や材木の原産地の確認など、イムラであってもそうでなくても足を運んで実際に見ることで、良さや悪さを知るよい機会となると推奨しています。

イムラのデザイン

イムラのデザインは、施工事例をみてみるとわかるのですが、吉野杉を活かした設計となっています。

木の温かみあふれる、開放的な家造りをおこなっています。

またイムラは2015年より3年連続でグッドデザイン賞を受賞しています。

2017年にはキッズデザイン賞も合わせて受賞しています。

デザイン性の高い家を追及している会社であり、現代に沿ったおしゃれな家づくりを提案しています。

イムラの耐震性

イムラの家は、南海トラフ地震に備える耐震性能をもっています。

吉野杉と国産のひのきによる強靭な枠組み構造をベースとしており、最高等級3の耐震性を実現しています。

吉野杉の強度は、他県産のスギに比べると1.4倍、また集成材よりも強いことが分かっています。

経年変化で強さがます無垢材となっており、耐久性にも優れる構造材です。

劣化対策は最高等級3、省エネルギー性は最高等級4、維持管理・更新の容易性は最高等級3となり、全棟標準として長期優良住宅となっています。

さらに、制震ダンパーを搭載しているので、繰り返しくる地震や余震からも命と家、家財を守ってくれます。

災害後に起こる暮らしの不自由にも対応するために、考えられた創エネの設備も提案しています。

イムラの断熱性・気密性

イムラでは断熱材にセルロースファイバーを採用しています。

省エネ基準では、南北海道地域でも快適に過ごすことができるレベルとなっています。

家の中の温度差が少ないので、省エネ効果が得られ、ヒートショックや熱中症の対策にもつながっています。

セルロースファイバーとは、新聞紙の古紙を再び繊維状・綿状にして防熱処理をしたエコな断熱材です。

吸音効果にも優れています。

さらに、結露防止や耐火性・撥水性・防虫・防カビといった特融も持っています。

イムラの家ではパッシブ設計を取り入れています。

これは自然の光や風を活かした快適な生活空間を生み出す設計技術です。

夏と冬の日光の取り方、家の向きによる風の流れなどをしっかりと調べた上で設計していきます。

窓には、寒冷地でもよくつかわれている断熱樹脂サッシを採用しています。

イムラの保証・アフターサービス

家は建築後が始まりです。

そのため、忘れてはならないのが建築後のアフターサービスや保証内容です。

イムラでは、次のような保証が設けられています。

〇24時間コールセンター

イムラではお客様サポートセンターを設けており、24時間365日相談することができます。

修理の手配までスタッフが行ってくれるので、頼もしいです。

〇定期点検システム

イムラではアフター専任のスタッフがおり、所定のスケジュールに沿って、定期点検を行っています。

スケジュールとしては、3ヶ月、1年、2年、5年、10年目に実施をし、さらに、20年、30年と10年ごとに定期巡回を行っています。

〇長期保証システム

構造体の破損や変形、水廻りの漏水透湿による構造体の損傷について、10年間の保証がついています。

防水については10年間保証がついており、仕上げ部品などについては規定が設けられています。

また竣工から一定期間点検とメンテナンス工事を行った場合には、保証期間を10年または5年ごとに更新することも可能です。

資料をまとめて取り寄せる⇒

イムラの評判・口コミ

建築事務所や工務店・ハウスメーカー探しの際には、実際に建てたことがある人や相談したことがある人の口コミはとても参考になり、検討材料のひとつとなります。

実際にイムラに建築を依頼した人や相談した人などの口コミをまとめました。

口コミや評判というと悪い意見が多く目立つのですが、とても悪い口コミはありませんでした。

ただ、他社に比べると口コミの数が少なく感じました。

良いも悪いもどちらも参考になるものなので、ピックアップしてご紹介していきます。

イムラの良い評判

〇「イムラで建てて15年以上経ちます。

今でも壁にカビは全く生えていませんし、悪臭など不快な点は全くありません。

湿度はエアコン暖房を使い加湿器無しでも冬場で49%ほどは維持でき、真夏はエアコン無しで外気よりも10%程度湿度が低いので、さらっとしていてとても快適に暮らしています。

住宅に関してあまり詳しくはないので理屈はよく分かりませんが、実際に住んでいて特に困ったことはありません。」

〇「憧れの自由設計での注文住宅ということで、間取りづくりから一緒に設計士の方と進めていきました。

私たちの暮らしや家庭の人数にあった間取りを次々と提案してくださり、こちらが考えていたもの以上の素敵な間取りが完成しました。

設計士のかたは、立地の周辺環境や日射量、風向きなどにも配慮しながら設計計画をおこなってくれているそうです。

好みの間取りがないというかたでも、生活スタイルをヒアリング形式で伝えていくので自分たちにあったおうちづくりが可能だと思います。」

〇「イムラさんで建築した家に住んでいます。

冷え症なのですが、冬の足元からくるキーンとした冷たさはありません。

暖房のきいたリビングから廊下へでたときの寒々しいのも以前住んでいた家に比べたら全然違うと感じました。

夏も何日か家をあけて帰ってきたときのムッとした暑さが強くありません。

木も節が少なくて見た目のきれいなままです。

他のおうちにお邪魔したときに、木の家の節の多さにびっくりします。

また会社の対応力があります。

同時期に同世代の家族が大手メーカーで建てていたのですが、話を聞いていてイムラさんは細やかさがあると思いました。

その細やかさが住んで以後も続いているので嬉しいです。

大手には大手の良さがあり、設計における技術開発にも予算をかけ、金額もある程度はするので一定水準以上の家で安心を買えるとは思いますが、私個人としてはイムラさんの方が自分たち家族には合っていて、住んで何年も経ちますが満足度高いです。」

〇「子供のアレルギーがひどく、シックハウス症候群が心配でした。

イムラは自然素材にこだわっているので安心できました。

入居後子供の体調は良くなり、前のようにちょくちょく病院に行かなくて良くなりました。」

〇「吉野杉を使ったモデルハウスに行ってみました。

その時に、吉野杉の香りに魅了されました。

他の大手のメーカーも比較していたのですが、他は考えられないほど居心地のよい空間を感じることができました。

この温かみは、吉野杉ではなくては感じられないと思います。」

―参照 お客様の声 記事一覧|イムラ公式ホームページよりー

イムラの悪い口コミ

〇「建築時に対応していただいたイムラのスタッフさんはとても親切でした。

しかしマイナス面を言いますと、建築後何年も経ち、木が縮んであちらこちらに小さな隙間ができました。

気づいたときに連絡して見に来ていただいたのですが、直すのは難しいということでした。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

時が経っていてしょうがないのかもしれませんが、正直残念でした。

運任せなところもあるかもしれません。

家を大切にするために湿度や温度調節に気を付けなればと思います。

関係者のひとが来られたときには、建築時の担当の人ではなかったのですが、「縮んで隙間はできますけど、家は潰れることはありません。」と言っていました。

あたりまえのことを言われて少しいやな気持になりました。

現在の建築技術ではないのかもしれないですし、住んでいる地域でも木の傷み具合は違うのかもしれませんが、アフターサービスがもう少し丁寧だとうれしいです。」

〇「実際に相談に行ったのですが、こちらの希望内容のオプションをつけるとオプション単体が高めなので、予算をオーバーしてしまいました。

ネット上で口コミが少ないので、実際に店舗に行かないと分からないことも多いように感じました。」

資料をまとめて取り寄せる⇒

イムラの平均的な坪単価

どこの工務店やハウスメーカーに家づくりを依頼しようか考えた時に、ひとつの大きな目安となるのは見積もりや口コミなどから分かる平均的な坪単価といっても過言ではありません。

ただ、工務店やハウスメーカーによっては、オプション料金が高いなどの点を踏まえると、表示よりも坪単価が高くなることがほとんどのようです。

あくまでも目安として、こちらの坪単価も参考にしてください。

建築事例や口コミなどをもとに、イムラでの平均的な坪単価は60万円~75万円ほどとなっています。

吉野杉という自然素材にこだわった家づくりを行っているので、その分コストが高めなのですが、大手の高いところでは80万円以上するところも珍しくないので、自然素材を使っているのに逆に安いと思うという意見もありました。

他にも壁は珪藻土を使用、そして熟練の大工や左官職人、建具職人総勢50名ほどの匠の技を使って作られる吉野杉の家でもあります。

これだけこだわりぬいて作られているイムラの家なので、坪単価の感じ方は人それぞれですがとても魅力的となっています。

資料をまとめて取り寄せる⇒

イムラの過去の施工実績

イムラは2015年より3年連続でグッドデザイン賞を受賞しています。

グッドデザイン賞とは、様々に展開される有形・無形の事象の中から、私たちのくらしを、産業を、そして社会全体をより豊かなものにすることに貢献した「よいデザイン」に対して、公益財団法人日本デザイン振興会がその質を評価する顕彰制度です。

2015年は林業再生事業システムで、2016年は木製内部建具で、2017年は代官屋敷古民家再生において受賞しています。

また、2017年にはもうひとつキッズデザイン賞を受賞しています。

キッズデザイン賞とは、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。

日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっており、受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。

吉野杉の床は、子どもの健やかな成長に、心と体に優しいとして受賞しました。

審査員からは、木材のやわらかさから足腰の負担が少なくけがの予防になることもあり、古くから剣道場などでも使われてきた素材で、その特性を生かした家づくりは健康効果を促すと評価しています。

イムラが吉野杉を使用し始めたのは、約19年近く前からであり、現在までに約800戸以上の吉野杉を使用した家を建築しています。

―参照 井村社長に木材の地産地消について訊く。|奈良の木のこと公式サイトよりー

また、公式ホームページでは今までに建築した多くの施工事例も紹介されています。

百聞は一見にしかずとよく言いますが、写真を見るだけでもイムラがどのような家づくりをしているのか、どこにこだわっているのかなどとても伝わってきます。

例えば、『光をふんだんに取り入れる二世帯住宅』のお家で、丸窓が印象的な和モダンの家となっています。

玄関は、来客用と家族のでは入用で別の動線が作られています。

1階部分には広いリビンクダイニングキッチンと開放的な広い和室が設けられています。

和室はウッドデッキとつながっていて、アウトドアリビングとしても楽しむことができます。

1階は親世帯中心の個室、2階はフリースペースと子世帯の居室があり、1階と2階は吹き抜けでつながりを感じる間取りとなっています。

他にもたくさんの事例が紹介されているので、一度ご覧ください。

また、平城山パルク展示場の家は、キッズデザイン賞を受賞した吉野杉の床がまっすぐに伸びる床の美しさが光ります。

寒い時期でも、温かみのある木材なのでスリッパなしでも快適に過ごすことができます。

二階部分はロフトのような吹き抜け状態になっていてとても開放的な空間となっています。

登美ヶ丘展示場は、広いエントランスから吉野杉の格子で目隠しをしたシューズクロークがあり、すぐに吉野杉の良い香りと美しさに包まれます。

リビングには薪ストーブとタイル壁のある吹き抜けで開放的な空間となっています。

高気密・高断熱のシステムを導入しているので、寒い冬でもあたたかい家となっています。

どの部屋にも吉野杉が使われています。

床も壁も柱も使われているリビング、寝室は落ち着いた珪藻土などの壁に吉野杉の天井と、各部屋でデザインの違いを楽しむこともできます。

イムラの商品ラインナップ

イムラは自由設計の注文住宅のみとなっています。

そのため、規格住宅のような決まった間取りや外観などの家づくりは行っておらず、商品というものはありません。

あえて商品というのであれば、『吉野杉』『珪藻土』『制震システム』『オール電化と創エネ』『セルロースファイバー』『ヒートポンプ式温水床暖房』などを採用しているということです。

材料や設備などは同じものを使ったとしても、上記の建築事例のように全く違ったオリジナルあふれるデザインの家を建築することができます。

イムラで家を建てるのに向いている人

さまざまハウスメーカーや工務店があり、どこが自分の理想に近い家を建ててくれるだろうと悩んでしまいます。

そこで、イムラで家を建てるという人のぴったりな特徴を簡単にまとめました。

〇奈良県または大阪府で建築を希望するかた

〇新築またはリノベーションや建て替えを検討しているかた

〇吉野杉という自然素材に興味のあるかた

〇近くに展示場や店舗があるかた

〇大手のハウスメーカーよりも地元に根差した歴史ある会社を選びたいかた

〇高気密高断熱の家を建てたい方

〇省エネと創エネにこだわった家づくりを考えている人

などが挙げられます。

これ以外にも、店舗が近くにあり相談しやすいかたもまずは相談で足を運んでみてください。

実際にイムラで建築依頼をするか分からないかたでも、相談する価値はあるので理想と希望、予算額などを決めてお店に伺ってみてくださいね。

資料をまとめて取り寄せる⇒

イムラとよく比較されるハウスメーカー2選

建築事務所や工務店選びの際には、まずは自分たちの理想とする家を考えた上で、それに近い会社を探していきます。

あちこちのモデルハウスやイベントに参加するのもひとつですが、似た建築を行っている会社をめぐって比較することで、より選択肢を狭めることができ、選びやすくなります。

イムラは、奈良県や大阪府に根差している会社であること、また自然素材にこだわっていること、歴史があることなどが大きな特徴です。

比較対象としては、奈良県を中心に家づくりを行っている『桧家住宅(日本中央重版)』や『KADeL』などが挙げられます。

桧家住宅(日本中央重版)は、泡の断熱材とZ空調で、快適とエコを実現する家づくりを行っています。

オリジナルのプランを定額制で販売しており、明解な価格提示が親身と好評です。

奈良県の売り上げ実績ででは8年連続第1位を獲得しており、実績も多くあります。

デザインも自由設計なので、自分好みの家を建てることが可能です。

奈良を中心に、イムラと同じく大阪も対応しており、そのほか兵庫県や京都府にもエリアを拡大しています。

KADeLは一見シンプルモダンテイストの瓦の家などを建てていますが、他の家ではあまり見ないような高いデザイン性をもっています。

坪単価は65万円から85万円ほどなのでイムラと似た価格帯です。

風や光、自然の力を上手に生かした設計技術を持ち、様々な賞を受賞しています。

一級建築士事務所でありながら、施工管理からアフターまですべてをサポートしてくれる会社です。

他にも奈良や大阪を中心に活躍している工務店やハウスメーカーはたくさんあります。

それぞれカラーも違うので、まずはインターネットから手軽に情報収集を始めてみてもよいですね。

イムラが対応しているエリア

イムラは本社が奈良県にあります。

また支店は大阪にあるので、奈良県と大阪府が基本的な対応エリアとなっています。

施工エリアは広くはありませんが、奈良と大阪に根差した歴史と信頼のある工務店です。

奈良本社:奈良県奈良市三条大路三丁目2番7-1号

橿原支店:奈良県橿原市木原町177‐1

北大阪支店:大阪府豊中市東豊中町6-1-8

南大阪支店:大阪府堺市中区東八田275-1

木材加工場工場(高田クラフト):奈良県大和高田氏今里川合方1-5

各店舗の所在地は上記の通りとなっています。奈良県と大阪府ともに2店舗ずつ店舗があり、奈良に工場があります。

また奈良県と大阪府には展示場もあります。

平城山パルク展示場、登美ヶ丘展示場、吉野杉の家橿原ショールーム、西登美ヶ丘リノベーション体験ハウス、美原展示場、堺展示場、豊中展示場に、様々なタイプや間取りの展示場が置かれてあるので、近くにあるかたは足を運んでみてください。

展示場の予約と資料の請求をネットで予約したかたは、クオカードのプレゼントもあるので、ネットからの予約がおすすめです。

―参照 展示場一覧|イムラ公式ホームページよりー

資料をまとめて取り寄せる⇒

イムラの会社概要

『住宅産業は地場産業である。』住まいは地元の木材や素材を使って、気候風土や風習に合わせて地元の職人がつくることが一番と社長は考えています。

イムラの家では『吉野杉』にこだわっており、これは良材だからという理由だけではなく、地元の奈良で育った木を使うことによって、山や環境を守っていきたいという思いも込められています。

創業80年にわたって地元林業の現状を直接感じ、この思いに至っているそうです。

また、本物の木を使った家づくりなので、熟知した職人や大工が必要となります。

伝統技術をもっている職人を育成して、永く受け継がれてきた匠の技を生かした本物の手作り住宅をひとつひとつ丹念に仕上げるようにしています。

会社概要としては以下の通りです。

●会社名:株式会社イムラ

●代表取締役社長:井村義嗣

●創業:昭和2年4月

●資本金:7,000万円

●関連会社:イムラカスタマーズ株式会社

●本社所在地:奈良県奈良市三条大路三丁目2番7-1号

●フリーダイヤル:0120-59-5510

●電話:0742-36-5515    ファックス:0742-36-5506

●営業種目:建設工事の請負及び設計、施工管理、住宅のリフォーム工事、古民家再生工事、住宅の売買及び住宅販売、建築用資材及び住宅機器の販売、不動産の売買、損害保険取扱店

●免許:建設業許可 国土交通大臣許可(特-29)第22349号

宅建業許可 国土交通大臣(3)第7937号

一級建築設計事務所 奈良県知事登録2017(ほ)1601号

●加盟団体:奈良県木材協同組合連合会、高田木材協同組合、奈良商工会議所、橿原商工会議所、堺商工会議所

●資格所得者:一級建築士9名

二級建築士17名

宅地建物取引士7名

インテリアコーディネーター14名

一級建築施工管理技士1名

二級建築施工管理技士5名

造園施工管理技士二級1名

古民家鑑定士1名

耐震診断員5名

●持家支援提携企業:関電グループ持家支援・電化推進協議会、ダイキン福祉サービス株式会社、泉友株式会社、住化不動産株式会社、大阪府石協同組合、大阪府職員生活協同組合、大阪学校生活協同組合、大阪府保険医協同組合、一般財団法人奈良県職員互助会、一般財団法人奈良県教職員互助組合、大阪東洋療法協同組合、堺市役所、河内長野市職員厚生会など

まとめ

イムラの家づくりは、吉野杉をふんだんに使った家を提供しています。

家族の暮らしにあった、また郷土にあったデザイン性の高い家つくりで、たくさんの家族を幸せにしています。

デザイン賞も受賞しており、今でも時代に合わせて成長している会社です。

ぜひハウスメーカー選びの参考にしてみてくださいね。

資料をまとめて取り寄せる⇒



HOME4U 一括査定


-未分類

Copyright© , 2020 AllRights Reserved.