*

不動産会社の口コミと評判

東宝ハウスグループの売却の評判・口コミをプロ目線でジャッジ!メリット・デメリットや依頼方法も解説

投稿日:

『人生でいちばん大きなお買い物』ととても分かりやすいキャッチフレーズが印象的な不動産売買を行っている東宝ハウスグループ。

大切な不動産を売却する理由は、相続や転勤に伴う引っ越しなど人それぞれです。

ただ、初めて売却する人も不動産投資目的で売買している人も同じ悩みとなるのが『どこの不動産に依頼するのか』ということ。不動産売買において、不動産選びはとても重要です。

所有している不動産のエリアに強い不動産もあれば、商業用の売買に強い不動産、リノベーションなどを主体として買い取る不動産など、不動産ひとつでもそれぞれカラーが全然違います。自分たちの希望と所有している不動産に見合った不動産を探すことが、失敗しない最大のポイントです。

今回は、東京や神奈川、埼玉で営業している東宝ハウスグループについてみていきましょう。

「東宝ハウスグループってどんな会社?首都圏以外でも依頼することはできる?」

「実際に東宝ハウスグループで売買の取引をしたことがある人の口コミを聞きたい!」

「東洋ハウスグループに依頼するとどんなメリットやデメリットが考えられる?」

など、東宝ハウスグループに関する疑問や不安の声がネット上でもあがっています。

東宝ハウスというと、中古物件の購入や新築住宅の購入など、購入を主体とした不動産というイメージが強い方も多いでしょう。東宝ハウスグループのホームページを見ると、実際に購入した方や建てた方の意見や写真などがマイホームフォトエッセイにユーチューブでつづられています。

買い手の方の気持ちや状況などいろいろなケースがあるので、購入側はとても参考になります。また営業担当者の顔や名前もしっかりと表示されているので、買い手としても安心ですね。

東宝ハウスグループは販売だけでなく、売却の相談も行っています。

これから不動産を売却するにあたって、どこの不動産にいらいするのか迷っている方、また買い替えを検討している方などの参考になれば幸いです。

また本文に入る前に、不動産の売却を成功させる最も重要なポイントを先にお伝えしておきます。

それは、『まずは必ず所有しているマンションの評価額を、複数の不動産会社に査定依頼する。』ということ。

何も考えずに、近所の不動産会社やCMで見たことのある大手に所有しているマンションの売却を依頼してしまう人は、確実にマンション売却に失敗します。

なぜなら、その不動産会社が出した査定額が本当に妥当なのか、相場価格なのか分からないから。

例えば、不動産会社が2500万円という査定額を出してきたとして、その金額が妥当かどうかは不動産のプロでないあなたには判断がつかないはずです。

本来であれば3000万円で売ることもできたマンションを2500万円で安売りして、知らずのうちに500万円も大損してしまった

1社にだけ所有しているマンションの査定をし、失敗をしてしまう方は非常に多いです。

大切なのは、不動産一括査定サイトなどを活用して、複数の会社の査社を比較すること。

「2500万円」「3000万円」「3200万円」など、複数社の査定額を比較して検討することで相場価格を把握でき、安売りしてしまうリスクを回避できるのです。

NTTデータグループが運営する日本初の一括査定サイト「home4u」を活用すれば、事前の厳しい審査を通過した優良不動産会社にまとめて査定の依頼をかけられます。

スマホやパソコンから簡単に無料で依頼が出来ますし、少しの手間を惜しんで100万円単位の損をしてしまわないよう、必ず1番最初にチェックをしておくことをおすすめします。

不動産一括査定サイトhome4uの公式サイトはこちら⇒

(※home4U以外の不動産一括査定サイトについて知りたい人は、下記の関連記事も合わせて参考にしてみてください。)

関連記事→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

前置きが少し長くなってしまいましたが、重要なことなので先に伝えておきました。

それではここから、東宝ハウスグループの売却について詳しく解説をしていきます。

もくじ

東宝ハウスグループの売却はここがすごい!4つの強み

東宝ハウスグループに売却を依頼する場合に、次の強みやデメリットがあります。

全国第10位の売買仲介実績をもつ

主要不動産流通各社の2018年度の売買仲介実績では、第10位となっています。

第1位は三井不動産リアルティグループ、第2位は住友不動産販売、第3位は東急リバブルとなっています。

大手の不動産名が並びますが、上位3位に入っている不動産の店舗数は180~280店舗とかなり多くあるので、それだけ実績数が多いというのは納得です。その中で、東宝ハウスグループは2018年度16店舗で第10位という好成績を残しています。

1店舗ずつの実績がかなり多いということで、ベテランの営業マンが多くおり、さまざまなケースに対応してきたことが分かります。

創業40年を超える経験と実績

東宝ハウスグループは創立1976年で、40年を超えた比較的歴史のある会社です。

これまでの経験数も多いので、土台にしながらしっかりとしたサービスを提供してくれます。

エリアは狭いですが、その中で勝ち残ってきた不動産です。

40年以上経営してきている中で、仲介業に特化した健全な無借金経営を続けています。これも安心ポイントのひとつですね。また、これまでに販売や仲介してきた物件数は90,000軒以上になるといいます。

家ドックサービスがある

各店舗にあるサービスなのですが、東宝ハウスグループと日本戸建て管理が共同して『家ドック』というものがあります。

人で言えば健康診断、車で言えば車検のように、家に関しても状態を1年ごとに点検することにより、宅地建物取引業の改正に伴う国の住宅指針に対応すると同時に、資産価値を守ってくれるので、売却時や購入時、相続時にも大きなメリットとして活用することができます。

会員専用ページもあり、定期点検報告書や修繕計画書も提出してくれます。そのほか、無料出張かけつけサービスや24時間コールセンター、提携企業による特典など、さまざまなサービスも付帯しています。

中古住宅瑕疵保証サービス

東宝ハウス川口店舗のホームページでは、中古住宅瑕疵保証サービスを行っています。

多店舗でも行っているので、担当者に尋ねてみてください。

中古住宅瑕疵保証サービスとは、売った後の安心をプラスするということで、雨漏りや建物構造上の主要な部分の瑕疵、管路などの不具合を最高1,000万円まで保証してくれるという内容です。

条件としては、2,000万円以上の物件を専任もしくは専属専任媒介契約した場合に、検査料と1年間の保証料は東宝ハウスが負担してくれるといううれしいサービスです。

売主としては、保証付き住宅として貸し出すことができ、引き渡し後に瑕疵があってもトラブルを回避することができます。また築古の物件は付加価値もあがります。

買主にもうれしいサービス内容で、買い手としても安心することができますね。

ちなみに、船橋店舗では、最高1,200万円まで保証となっております。各店舗内容に違いがあるので、しっかりと確認しておきましょう。

東宝ハウスグループの売却を依頼するなら気を付けたい2つのデメリット・注意点

東宝ハウスグループに売却を依頼する場合には、次の点に注意しておきましょう。

エリアが狭い

東宝ハウスグループは、東京、神奈川、埼玉、千葉の4エリアにのみ店舗があります。そのため、査定だけだとしてもエリア外だと利用できない可能性が高いということです。

このエリア内に所有する不動産がある場合にのみ依頼することができるので、頭の片隅においておきましょう。

店舗により内容が違う

強みでも紹介してきましたが、各店舗によって若干サービス内容が異なります。

買い替えに強い店舗もあれば、保証内容や提携先が違う店舗もあります。

依頼先をこちらで選ぶのもよいのですが、基本的には物件の近くにある店舗が担当となることも多いようです。

各店舗のサービス内容や担当者の声、お客様の声などを参考に、どの店舗に依頼するのがよいのかじっくり検討してみてください。

東宝ハウスグループに売却を依頼した人のネガティブな評判・口コミまとめ

実際に東宝ハウスグループに売却を依頼した人や査定した人の口コミをまとめました。良い意見が多いのですが、中には希望通りにできなかったなどネガティブな内容もありました。どちらも参考になるものなので、ピックアップしてご紹介していきます。

  • 「自宅の売却をしたくて、依頼しました。内覧に一度来てくださって、いろいろ相談し査定をお願いしました。査定額は妥協できる金額だったので、専任媒介契約を結びお願いすることにしました。専任媒介契約をして2か月たちましたが、内覧のアポが1回もありませんでした。しばらく待ち購入希望者が現れ、担当のかたが急いで契約まで行ってくれたのはよかったのですが、急ぎすぎたのでしょうか、契約書には多くの間違いがありました。なんとか契約を交わして、決済日の3日前までは何の連絡もなく、不安を感じました。一生懸命頑張ってくれる姿は見られましたが、不安の多い取引となりました。」
  • 「不動産のことをある程度勉強してから訪問しました。アクセスがよく便利だったので、相談に行ったのですが、営業のかたが新人さんなのでしょうか、あまり不動産業に詳しくない様子でした。さまざまな専門知識を駆使して相談していきたかったので、今回は見送ることにしました。その後、なんと数か月後に店舗から電話があり話してみると、担当者が変わりましたのでよろしくお願いしますということでした。すでに別の不動産に依頼していたのでその旨伝えましたが、あまり時間があきすぎていたので驚きました。」

東宝ハウスグループに売却を依頼した人のポジティブな評判・口コミまとめ

次に東宝ハウスグループに売却を依頼してよかったという人の声を集めました。

  • 「東京オリンピック前の価格高騰や賃借人の退去が完全に決まったので、売却を検討していました。まずは、手数料を検討するところから始まったのですが、私自身海外に在住していて、メールでのやりとりが主でした。日本に住んでいないので、税金などさまざまなことを丁寧に教えていただき助かりました。査定金額は他社よりも安かったのですが、その根拠や納得感は一番高く信頼がありました。スムーズに売却できすぎており、逆に騙されているんじゃないかと思ったほどです(笑)。とても満足しています。」
  • 「物件を相続して、賃借に出すか売却するかで悩み相談しました。相続人が複数いたことから売却することとしました。東宝ハウスさんに相談して、はじめは一般媒介契約を結びお願いしていました。他にも複数依頼していたのですが、ここが一番熱心に対応してくれている印象があり、専任媒介契約でお願いすることにしました。対応にも大変満足しており、何も悪いところはありません。」
  • 「転勤を機に、通勤が便利なところに引っ越したくなり、住みかえを希望して相談しました。購入用の不動産も探していたので、少し急いでおりました、東宝ハウスに問い合わせをして、急な依頼にもかかわらず内覧などの調整をしっかりとしていただけて、また対応がとても気持ちよく、また機会があればお願いしたいと思いました。売却に関しては最大手の1社にお願いしていたのですが、納得いかない点がいくつかあり契約を解除していました。その後東宝ハウスさんに相談したところ、誠実さとスピードが決め手で依頼することにしました。8年住んで非常に愛着のある物件だったので、大切に売却の手続きをしてくださり本当によかったです。また女性が担当してくれたので、安心感があり独身女性としてもありがたかったです。」

-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

各店舗でもお客様の声として写真付きで詳しく掲載されているので、ぜひ参考にしてみてください。

東宝ハウスグループで売却を依頼する際のステップを解説

実際に売却を依頼する方法をステップに分けてご紹介していきます。各店舗、ホームページがありそれぞれ違う内容でご紹介されているものもあるので、今回は東宝ハウスの立川店のホームページを参考にご紹介してきます。

不動産を売却する前に、さまざまな不安をもっています。例えば、手続きが大変そう、ローンが残るか心配など、それぞれ抱える悩みは違います。まずはどのような流れで売却が進んでいくのか、見通しをもつためにもステップ別に分けて、売却の流れをみていきましょう。

ステップ1:売却の相談

査定にあたり、売却の事情や引き渡しの希望時期など条件について相談します。

大切な不動産を売却する理由は、転勤に伴う引っ越しや相続、子どもが旅立ち広すぎるなど人それぞれですが、どの場合においても希望価格や希望時期など要望をしっかりと持ち相談することが失敗しない第一のポイントです。相談しながら、売却のスケジュールや物件の売却にかかる税金や費用などの説明を受けていきます。

売却に売れた金額がそのまま手元に入ってくるのではなく、経費や税金が差し引かれて手元に入るので、どれくらいの費用が差し引かれるのかについて把握する良い機会となります。

店舗で相談するのも良いのですが、気軽にホームページから無料査定や電話での相談もできるので、軽く相談したいというかたにもおすすめです。

ステップ2:調査と査定

物件の調査と査定に入ります。どちらも無料で行ってくれます。

査定は東宝ハウスグループの売却事例をもとにし、適正に査定してくれますが、多くの不動産の査定をみて比較したいというかたには、『一括査定』という方法もおすすめです。

一括査定とは、ネット上で売りたいと思っている不動産の情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり査定依頼できるサービスです。どこに依頼するか決めるのは自由なのですが、複数の査定額を比較することで、だいたいの相場が分かる便利なサービスです。

ステップ3:基本方針の決定

査定金額や売主の希望をもとに、募集価格や販売計画を決めていきます。

広告などに表示する文言や金額にもかかわってくるので、ここまでの間に条件や希望をしっかりと伝えておくと安心です。

ステップ4:媒介契約の締結

希望価格が決まったら、正式に東宝ハウスグループと媒介契約を締結します。

一般的な媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

個人の場合も法人の場合も基本的な内容はあまり変わりませんし、売主がどれかひとつを選ぶことができます。

専属専任媒介契約とは、ひとつのみの不動産に売却を依頼することです。そのため他の不動産に、同じ物件の売却を依頼することができません。また、売主の知り合いで物件が欲しいという人がいたとしても、直接契約することはできず、専属専任の不動産を通して売買しなければならない強い縛りのようなものです。ただ、そのぶん、売却活動の報告義務や契約後にレインズ(不動産流通機構)を登録するなどの義務があるので、早めに売却先が見つかりやすいのです。

専任媒介契約は、専属専任媒介契約とおなじように他の不動産の同じ物件の売却を依頼することができません。

しかし、売主は知り合いなどで物件が欲しいという方を見つけたら直接契約することができます。仲介手数料が不要になるのです。レインズに登録する義務や売却活動の報告義務はありますが、頻度などの縛りや緩くなっています。

一般媒介契約は、複数の不動産に売りたい物件を依頼することができます。

さらに、売主の知り合いなど直接買主と契約することができるという3つの中ではゆるめの契約です。

ただし、不動産はレインズに物件を登録する義務や報告義務がないので、売主は売却の進捗情報などが入りにくい状況となっています。3つの中で、どの契約が自分にあっているのか、また売りたい物件に合っているのかよく検討して契約するようにしましょう。

ステップ5:購入者の募集

媒介契約締結後は、さっそく募集を始めます。東宝ハウスグループでは、店頭での紹介、レインズへの登録、HPへの掲載、ホームズやスーモ、ヤフー不動産などの不動産ポータルサイトへの掲載で、広く購入を希望する人を募っていきます。

ステップ6:案内と交渉

購入を希望したい、見学したいなど買い手のかたの内覧などを行っていきます。買い手の希望もあるので、売買契約締結に向けて、時期や価格などの交渉を行っていきます。

ステップ7:売買契約締結

売主と買主の条件について交渉し合意に至ると、不動産売買契約に進みます。

契約の前に、まずは重要事項の説明を宅地建物取引士から説明があり、十分に理解したうえで売買契約の締結を行い、手付金を受領するという流れです。初めての売却の場合には、重要事項説明書の内容把握も難しい点があるので、事前に仮でいただき内容を把握しておくと、当日の説明日に質問などしやすいと思います。

重要事項説明書と契約書に納得ができたら押印し、手付金を受領します

ステップ8:決済前手続き

契約後から引き渡しまでの間に、登記申請や諸費用の手続きを行います。

売る物件にまだ済んでいるのであれば、引っ越しの手続きや公共料金の変更なども行う必要があります。

引き渡し予定日までには渡せる状態にするために、計画性をもって行動していきましょう。

ステップ9:引き渡し

契約と残代金を受領したと同時に、家の引き渡し(鍵の引き渡し)を行い契約完了となります。

その後確定申告などもあるので、忘れずに手続き準備をしておきましょう。

不動産売却時に東宝ハウスグループをおすすめしたい人の特徴

不動産売却を予定しており、東宝ハウスグループに依頼するにぴったりの人の特徴としては次の通りです。

エリア圏内の人

売却したい物件が東京、神奈川、埼玉、千葉にある場合には、どんなかたでもおすすめできます。

4都道府県ですが、この中に17店舗あるので、どこかしら近くに店舗があり相談しやすい環境となっています。

東宝ハウスグループは、購入希望者も多く集まってくるので売主としては、すぐに買い手が見つかりやすい不動産とも言えます。

営業担当者の顔や店内を把握したい方

他の不動産ホームページではあまりなく、東宝ハウスグループの大きな特徴ともいえるのですが、公式サイトや各店舗の公式ホームページを見ると、営業担当者の顔やお名前、店内の様子、また取引された人の声や映像などがしっかりと表示されています。

公に公開できるということは、それも自信のひとつであると感じます。

営業担当者の顔がしっかりと分かるので、訪ねる前にどんな方がいるのか、店内にキッズスペースがあるのかなど不安をもつ必要がありません。

大手で安心感のある不動産屋に依頼したい人

近年も次から次へと新しい不動産が誕生しています。リノベーション専門の不動産やおしゃれな不動産など、形態はさまざまです。新しい不動産なので興味本位で相談に行く人も多く、お客さんも多いことが多いようです。

しかし一方で、安心感のある不動産に任せたいと考えるオーナーも多く、大手の不動産に依頼したいと思う人も多いようです。東宝ハウスグループも、日本では大手の会社であり、大手ということから安心して任せることができたという口コミも多くありました。様々なニーズに合わせて、しっかりと対応をしてくださり、豊富な経験を生かして柔軟に対応してくれます。

買い替えなら、東宝ハウスグループ経由で購入するのも一つです

東宝ハウスグループで購入と売却を行ういわゆる『買い替え』についてです。

Aの不動産で物件を購入し、Bの不動産で物件を売買するように、購入と売却を別の不動産でする方もいますが、一か所の不動産で売却と購入、どちらも行うことでメリットはあります。

買い替えは、売却のみと比べると少し複雑な面をもっており、下記のような不安を抱えてしまいがちです。

  • 家は売れたけど住みたい条件の家が見つからない。
  • 欲しい家を見つけたけど、自宅が売れないので誰かに買われてしまわないか心配。

など、スムーズに買い替えができず失敗するケースもあるようです。

東宝ハウスグループでは、買い替えもしっかりとしたサポートプランがあるのでおすすめです。実際に買い替えを行った人の写真や具体的な内容についても紹介があるので、安心して依頼することができます。

買い替えにおいては、ホームページでも簡単にシミュレーションすることができます。

東宝ハウスグループの城東店のホームページでは、買い替え専門のダイヤルもあります。

フリーダイヤル0120-104-290です。

城東店では『知らないと損すること』として次の4つを上げています。

  • 新居への夢とお金の現実を両立させる
  • 今の家を保証付き物件として売却できる
  • 不動産は買うのも売るのもスーモが1番
  • 大手不動産会社にもデメリットがある

①を実現させるために、東宝ハウスはファイナンシャルコンサルティング会社の「FREE PEACE」と提携しています。そのため、家計の変化や将来の収支を分かりやすく数値化し目で確認することが可能です。

他にもコンサルティングに強い担当者がいるので、相続などの相談もできます。

②を実現させるために、中古住宅瑕疵保険サービスに入り、保証付き物件として売り出すことができます。

保険に入っているので、引き渡し後の雨漏りなどがあった場合にも保険が適応できます。

買主も売主も負担がないので、引き渡し後も安心することができます。

また、つなぎ融資として提携ローンを利用することができるので、いろいろな場合に対応してくれるため買い替えもおすすめです。店舗により若干内容が違うところもあるので、ホームページやお電話で相談してみてくださいね。

東宝ハウスグループの会社情報

東宝ハウスグループの店舗エリアと会社概要についてご紹介します。

東宝ハウスグループの店舗エリア

東宝ハウスグループは、現在東京、神奈川、埼玉、千葉に17社を展開しています。

首都圏につながる情報ネットワークを最大限に活かすことで、関東エリアにおける住宅流通をリードし続けています。店舗は下記の地域にあります。

練馬、杉並、武蔵野、立川、国分寺、町田、溝の口、横浜、湘南、新都心、浦和、川口、城東、船橋、新小岩、品川、大田東京です。

各店舗にホームページを設けているので、お近くの店舗情報を詳しく知りたいときには店舗のホームページを参考にしてみてください。例えば、東宝ハウス品川店はこちらのページからご覧いただくことができます。

東宝ハウスグループの会社概要

東宝ハウスグループの正式会社名は東宝ハウスホールディングスとなっています。

東宝グループと言えば、映画製作や配給、販売などで有名ですが、東宝ハウスグループはその子会社のひとつとなっています。

東宝グループは他にも、道路事業やビルの管理や清掃・警備、楽天地などの経営も行っている会社です。

連結子会社が34社あり、持分法適用会社が4社ある、大手の会社なので、すぐに倒産するということはなく安心して依頼することができます。

会社概要は次の通りです。

本社所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル25階

本社連絡先:電話03-6302-0040 ファックス03-6302-0041

設立年月日:昭和51年2月4日

代表者:佐井川 稔

事業内容:不動産経営コンサルタント業、総合経理代行業、システムインテグレーション業

従業員数:グループ全社従業員数425名(パート従業員を含む)

まとめ

東宝ハウスグループは17社ありますが、それぞれ独自のホームページを持っており、サービス内容も若干違いがある点で、他社にはあまりない特徴をもっています。エリアは狭いですが、その中でも実績数はとても多く、コンサルティング力も高い会社です。不動産選びの参考にしてみてくださいね。



HOME4U 一括査定


-不動産会社の口コミと評判

Copyright© , 2020 AllRights Reserved.