*

マンション売却体験談

横浜の築20年四面採光マンションを高く売る事ができた体験談

更新日:

横浜の築20年のマンションを高値で売った体験談

神奈川県横浜市に分譲マンションを20年前に4500万円で購入し、20年住みました。

そして、この春に東京本社から大阪支社への転勤が決まったので、それに合わせて売却することにしました。

最初は、そのまま賃貸に出すことも考えましたが、不動産で利益を上げるメリットよりも「住まない不動産を所有する」リスクのほうが大きいと考え、売却することにしました。

ちなみにマンションのスペックは70平米の3LDK、5階建ての3階で南向き、駅から徒歩10分、築20年、といったところです。

まず売却するにあたって、ネットの「マンション売却一括見積もりサイト」で相見積もりを取りました。

参考記事⇒不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

出てきた会社はすべて大手で、最終的に売却してくれた東急リバブルはじめ、ノムコムなど5社程度でした。

そこでそのうちの3社と、あとは地元密着の不動産会社1社に直接連絡して、都合4社に訪問査定をしてもらいました。

この4社にした理由は、大手はネットワークが広いので、幅広く販促活動をしてくれるだろうということを期待しました。

参考記事→売却するならどっち?!大手不動産会社でマンションを売るメリット

地元(地場)不動産会社でマンションを売るメリットとデメリット

※大手と地元不動産会社のメリットデメリットについては上記の記事で解説しています。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

あと自分に置き換えて考えたときに、住みたい街があったらその駅に降りて、目の前にある不動産会社にとりあえず飛び込んで物件を探すだろうと思い、そういう見込み客の受け皿として地元密着の駅前に事務所のある不動産会社を1社入れました。

それぞれから出てきた見積額は、大体2000万円から2200万円程度で、公示価格、路線価格、近隣の同規模マンションの直近売却額などをベースにしたもので、それなりに妥当性があるものでした。

適正価格よりも高く売る!四面採光・採風の魅力

しかし、私にはある仮説があったので、それよりも高い売り出し価格にすることにしました。

その仮説とは、私のマンションのスペックはもう少し詳しく書くと、東西南北に窓があり、採光と採風がすべての窓から可能、という特徴があり、私自身その間取りというか特徴にひかれてこのマンションを購入していました。

であれば、同じようにその四面採光・採風に魅力を感じた人が1人でもいれば、多少高くても買ってくれるのではないか、という仮説です。

私のように個人でマンションを売る場合、最終的に買い手は1人なので、1人だけそういう人が現れればいい、と考えたわけです。

それで、2500万円をベースに値引き対応分を80万円足して、2580万円で売り出しました。不動産会社はどこも反対しましたが、押し切りました。

また不動産会社は1社ではなく、専任媒介契約で4社と契約し、売却駆動を競ってもらうことにしました。

その結果、3か月で買いたいという人が東急リバブル経由で現れ、思惑通り値引きを要求されたので80万円引いて予定通り2500万円で売却に成功しました。

後で聞いてみると、やはり四面採光にひかれたということでしたので、仮説は当たっていました。不動産会社からは「作戦勝ちですね」とほめてもらいました。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンション売却体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.