*

不動産会社の口コミと評判

カチタスの売却の評判・口コミをプロ目線でジャッジ!メリット・デメリットや依頼方法も解説

投稿日:

大切な不動産を売却する理由は、引っ越しによる転勤や新築を建てるためマンションが不要となった、また相続で引き継いだが利用しないなど多種多様です。

ただ、『どこの不動産に売却を依頼すればよいか』という悩みは共通して抱えている人が多いようです。

今まで特定の不動産と付き合いがあったり、周りに家主業をしている知り合いがいたりすれば話を聞き紹介してもらうこともできますが、初めての売却となるとそれも難しいのが現状です。

不動産ひとつにとっても、リノベーションに強い不動産や売買専門または賃貸専門の不動産、ネットが充実している不動産など、不動産によってカラーが全く違うのも悩むところです。

まずは、売却したい身近にある不動産や大手の不動産をネットなどで検索して情報収集していきましょう。

今回は、CMでもお馴染みの『カチタス』に焦点をあてていきたいと思います。

「カチタスに売却を依頼しようと思っているのですが、エリア指定などはあるのかな?」

「実際にカチタスで売却をしたことがある人の口コミや評判を聞きたい。」

「カチタスに売却を依頼するメリットや強み、そしてデメリットも知っておきたい。」

など、カチタスに売却する際に不安や疑問の声がネット上でもあがっています。

カチタスのCMではおじいちゃんと犬が「買い取り買い取り買い取り買い取りカチタス♪あなたのおうちをすぐに買い取りカチタス♪カチタス♪」という耳で覚えてしまうメロディーが特徴的で、ご存じの方も多いようです。

買い取りを中心に行っている会社ですが、さまざまな中古住宅の販売も行っており、ニーズに合った不動産として人気を集めています。

カチタスは『家に価値タス』ことを理念にかかげており、一般的な中古住宅市場では売りにくい家に対しても、潜在的な価値と需要を見出し、自ら買い取って付加価値を加えるリフォームを企画することなどを行い、家の再生をしている不動産です。

他の不動産とは少し違った方針ではありますが、売却するにはおすすめの会社です。

どこの不動産に依頼しようか悩んでいるかたの参考になれば幸いです。

また本文に入る前に、不動産の売却を成功させる最も重要なポイントを先にお伝えしておきます。

それは、『まずは必ず所有しているマンションの評価額を、複数の不動産会社に査定依頼する。』ということ。

何も考えずに、近所の不動産会社やCMで見たことのある大手に所有しているマンションの売却を依頼してしまう人は、確実にマンション売却に失敗します。

なぜなら、その不動産会社が出した査定額が本当に妥当なのか、相場価格なのか分からないから。

例えば、不動産会社が2500万円という査定額を出してきたとして、その金額が妥当かどうかは不動産のプロでないあなたには判断がつかないはずです。

本来であれば3000万円で売ることもできたマンションを2500万円で安売りして、知らずのうちに500万円も大損してしまった

1社にだけ所有しているマンションの査定をし、失敗をしてしまう方は非常に多いです。

大切なのは、不動産一括査定サイトなどを活用して、複数の会社の査社を比較すること。

「2500万円」「3000万円」「3200万円」など、複数社の査定額を比較して検討することで相場価格を把握でき、安売りしてしまうリスクを回避できるのです。

NTTデータグループが運営する日本初の一括査定サイト「home4u」を活用すれば、事前の厳しい審査を通過した優良不動産会社にまとめて査定の依頼をかけられます。

スマホやパソコンから簡単に無料で依頼が出来ますし、少しの手間を惜しんで100万円単位の損をしてしまわないよう、必ず1番最初にチェックをしておくことをおすすめします。

不動産一括査定サイトhome4uの公式サイトはこちら⇒

(※home4U以外の不動産一括査定サイトについて知りたい人は、下記の関連記事も合わせて参考にしてみてください。)

関連記事→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

前置きが少し長くなってしまいましたが、重要なことなので先に伝えておきました。

それではここから、カチタスの売却について詳しく解説をしていきます。

カチタスの売却はここがすごい!6つの強み

カチタスを利用して売却を依頼する場合には、次のような強みや特徴、メリットがあります。

売却までの時間が早い

通常の売買契約というと、買主と売主がいて、間に仲介会社として不動産会社が入ります。

売り手はまず不動産会社と相談し、媒介契約を締結し売却活動を進めていきます。

買い手がすぐに見つかることもありますが、こればかりはタイミングもあり、良い物件であってもなかなか買い手がつかないこともあります。

その後、交渉や相談を行い、売買契約へと進んでいくのです。

しかし、カチタスの場合には、『買い手がカチタス』なのです。

そのため、買い手を探す必要も、媒介契約を締結する必要もありません。

査定依頼を行い、価格に納得の上で売買契約を結び、締結時に現金決済となるのです。

最短で3週間で完了することができます。

のちほど、具体的に売却の流れをご説明しますが、ステップを踏む階数も少ないのでスムーズな取引ができます。

リフォームの必要性がない

カチタスは、中古物件を買い取った後に、カチタス側でリフォームやリノベーションを行い、物件に付加価値を与えて販売しています。

普通の売買契約であれば、売却前に不動産をよく見せるために傷の修復や家電製品の修理などを売主が行う必要があります。

その分、リフォーム代や工事費用などが必要となるケースも多くあるのです。

ただ、カチタスでの売却の場合には、古いまま、壊れたまま、売却することができるので、売主の負担がとても軽くなります。

査定額を他社と比べた時にカチタスのほうが安いと感じる場合もありますが、それは物件の修復費や仲介手数料の有無など、様々な要因が関係しているからなので、利点を踏まえた上で査定額の比較を行うようにしてください。

築年数が古い家にも対応できる

例えば、一般住宅の築60年ほどの家であれば、売却したくてもなかなか買い手がつかず、物件を壊して更地として売り出すほかないと不動産側から話があることがあります。

物件を壊す費用もかかりますし、愛着のある家であれば、自分の手で壊すのも気が引けて、なかなか前に進めない方も多いのではないでしょうか?賃貸で貸すにしても難しいですね。

他社で売却の依頼を断られた物件、もしくは買取が難しいと言われた物件でも、カチタスはリフォームを前提として買い取るので、買い取ってくれる可能性があります。

一度相談してみる価値はありますね。

瑕疵担保責任がつかない

売却後にも売主は、瑕疵担保責任を負い、引き渡し日から3か月以内に瑕疵が明らかになった場合には買主は売主に請求することができるのが通例です。

瑕疵担保責任については下記でもご説明しています。

ただ、カチタスの場合には、瑕疵担保責任がありませんので、売却後に発生したトラブルは基本的にカチタスが引き受けてくれます。

水漏れが発生した場合でも、カチタスが修理を手配して解決してくれるのです。

売買仲介の場合には、売主が責任を負うこともあるので、その点では心配がありません。

秘密を守ることができる

家を売るとなると、周り近所やお友達から「誰々さんちが売り出し中よ!」「いくらするのね~。」と周りで言われるのが嫌なケースもあります。

売買仲介の場合には、売却物件の情報をたくさんネットなどで流通させて売却活動を行うので、これはどうしようもないことなのです。

しかし、カチタスのように買い取りの場合には、金額や不動産情報が周りに漏れる心配がありません。

そのため、秘密を厳守することができ、周りが知らない間に売れていたという状態になります。

遠方に住んでいても売却可能

カチタスのすごいところは、売却したい物件よりも遠方に住んでいる場合に、売却ができるということです。

カチタスは北海道から沖縄まで全国各地に店舗を構えています。

例えば、鹿児島在住で、北海道に不動産を所有しているけど使用しておらず、管理もできないので手放したい場合。

わざわざ北海道に足を運んで手続きなどを行う必要がなく、鹿児島の店舗に訪問し、北海道の店舗と協力してもらって鹿児島で手続きができるということなのです。

移動代や手間な時間も不要となるので、売主にはとても大きなメリットとなります。

カチタスの売却を依頼するなら気を付けたい2つのデメリット・注意点

カチタスにはたくさんのメリットがありますね。

ただ、2つだけデメリット部分もあります。

今から依頼してみようか迷っている方は、デメリット面も把握しておくと安心です。

土地のみの売却は難しいことがある

カチタスは古い家なども買い取ってくれますし、店舗や倉庫などの買い取り実績も持っています。

ただ、土地のみの場合、条件によっては買い取りができないことがあるようです。

そもそもカチタスは、古い家を買い取ってリフォームして売り出すことを主要としているので、家がなければ難しいということになります。

土地のみの売却の場合には一度相談後、難しそうであれば他社に依頼してみてもよいですね。

全国各地に店舗があるが非対応エリアもある

北海道から沖縄まで、全国各地に店舗があるカチタス。

基本的にはどの地域にお住いの場合でも、査定や相談の依頼をすることが可能です。

しかし、中には非対応エリアも存在するので注意して下さい。

具体的な地域名などは、ホームページ上で確認できませんが、離島などの場合には対応しているかどうか確認する必要があることもあります。

カチタスに売却を依頼した人のネガティブな評判・口コミまとめ

実際にカチタスに売却を依頼した人や査定した人の口コミをまとめました。

良い意見が多いのですが、中には希望通りにできなかったなどネガティブな内容もありました。

どちらも参考になるものなので、ピックアップしてご紹介していきます。

●「実家を手放そうと思い査定の依頼を電話でしました。

電話応対によると、たまたまこの時は3連休だったため、スタッフがおらず週明けにまた折り返しの電話をしますとのことでした。

週明けになり、電話がないか着信を確認していたのですが、何日たっても連絡がありません。

数日がたち、再度電話をかけてみると、今度は定休日とのことでした。

スタッフのお休みも必要ですが、折り返しの電話くらいあってもよいものではないかと…。

タイミングが合わず、取り合えず別の不動産会社にも査定の依頼を行ったところ、査定価格もよく人気の土地柄であることがわかりました。

ただ、できれば買取してほしかったので、カチタスにお願いしようと、もう一度こちらから電話をしたところ、なぜか査定を断られてしまいました。

数日が経ち、カチタスから電話があり査定させてほしいとのことでしたが、まったく誠意を感じられずに、結局依頼はしませんでした。」

カチタスに売却を依頼した人のポジティブな評判・口コミまとめ

カチタスに実際に売却を依頼した人の良い口コミをピックアップしてご紹介します。

●「夫に先立たれ、一軒家にひとりで暮らしていたのですが、息子夫婦と一緒に住むことになりました。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

少し古い家でしたので、住んでいた家を売却しようか迷っていたのですが、新聞の折り込みチラシでカチタスを知り、査定を依頼しました。

すぐに対応してくださり、ちょうど1か月で引っ越しを行うことができました。

大切な家だったというのもあり、手放すのはさみしかったのですが、担当のかたに『素敵なおうちですね』と言ってもらえて、本当にうれしかったです。」

●「年齢も高くなってきており、リフォームや修理などを自分でおこなうのは大変だと感じ、現状で買い取ってくれるというカチタスさんを利用することにしました。

『仲介会社のほうが査定額が高い可能性がありますが、大丈夫ですか?』と正直丁寧に教えてくれたことに驚き、また誠実さも感じました。

仲介手数料やリフォーム代、売却にかかる手間や時間を考えれば、値段もそこまで悪くないと納得できます。」

●「転勤によって、住んでいたマンションを売却することになりました。

不動産の仲介会社に査定依頼をしたのですが、大切にしていたマンションにケチをつけるようなことを言われて、売却にたいしてネガティブになっていました。

どうすればよいかわからずに赴任日が近づいていたので、買取サービスを行っているカチタスに相談しました。

早速物件を見てもらったところ、『この家を最大限魅力的に見せるためのリフォームプランがあります。』と自信をもって提示してくれたので、なんだかとても感動しました。

リフォームなどもカチタスで行ってくれるのですが、プランを聞きネガティブな心がとても明るくなったような気がします。

物件を的確に分析する力、そして親身に考えてくれる姿勢から売却することとなりました。」

カチタスで売却を依頼する際のステップを解説

実際にカチタスに売却を依頼する方法をステップに分けて簡潔に紹介していきます。

売却相談から支払い、現金決済まで最短で3週間となっており、他不動産よりもスムーズに売却することができます。

というのも、普通の売買取引の場合には、売主と買主がおり、間に仲介会社として不動産が入ります。

そのため、売却依頼をした後は、買い手を探さなければならず、こればかりは早いか遅いかタイミングがそれぞれ違います。

カチタスの場合には、カチタスが購入するため査定後、そのまま打ち合わせをして決済まで持っていく流れなのです。

また、仲介にカチタスが入るわけではなく、買主がカチタスなので、仲介手数料が発生しません。

その分、お得に売却することができるということです。

では具体的な流れについてご説明していきます。

ステップ1:売却相談

売却するかどうか悩んでいる段階でも、物件の情報をカチタスにもっていき相談することができます。

買い取り査定は無料となっているので、将来どのくらいで売却することができるのか知る機会にしてもよいでしょう。

わざわざ店舗に足を運ばずとも、公式サイトより気軽に査定の依頼をすることができます。

ただ、高額物件や土地のみ、工場などの非住居物件、および非営業エリアにおいては買い取りができない場合もあるので注意してください。

創業1978年の信頼と、全国規模で累計3万棟以上の買い取り実績があるので、住宅売却のサポートがしっかりとしています。

ステップ2:調査査定~買い取り価格の提示

全国で年間2万件以上のさまざまな不動産物件調査の実績を持っているので、実績を活かしながら中古物件のプロが迅速に対応していきます。

現地査定にかかる時間はおよそ30分から1時間なので、ちょっとした時間で都合を合わせて査定をお願いすることができますし、土日祝日も対応しているので、担当者に相談してみてください。

また役所にてさまざまな情報を得て比較し調査していくので、2~3日は必要になります。

基本、査定というと家の中までしっかり見られることが基本ですが、「家の中はあまり見てほしくない。」という方でも、家の周りのみを見て査定することができ、大体の金額を把握することができます。

査定時には、本人確認と所有者との関係性確認ができる書面が必要となるので、準備しておきましょう。

また、リフォーム前提で買い取るため、他社で断られた家でも買い取れる可能性が高くなっています。

ステップ3:打合せ

売主の都合に合わせた売買スケジュールを提案してくれます。

こちらも普段の売買取引であれば、買主の都合も合わせなければならず大変ですが、相手はカチタスなので売主の希望を優遇してくれます。

通常の売却のように、買主から「物件を早く引き渡してほしい!」などの催促もないので、自分都合でスケジュールを組むことが可能です。

登記載権利証などの手続きも必要ですが、カチタスが代行してくれるので、お任せすることで手間を省くことができます。

準備するものとしては

  • 登記済み権利証または謄本
  • 固定資産税納税通知書など税額が分かるもの
  • 土地測量図、建物図面など
  • 購入時の資料など建物の間取図が確認できるもの

となっています。

所有していない場合には、新たに作成することもできるのでこちらも担当者に相談ください。

ステップ4:引き渡し準備

居住中の場合には、引っ越しの準備が必要です。

特に引っ越しを年度末に予定されている場合には、引っ越しが集中する時期なので、早めの手配が肝心となります。

売却物件に住宅ローンの借入金が残っている場合には、抵当権等が設定されていることがあります。

残代金受領時に抹消登記が手配できるよう、担当の方が書類の書き方などをサポートしてくれるので安心です。

公共料金の清算や役所への転出届、郵便局への転居届など忘れずに行っておきましょう。

ケーブルテレビやインターネットの清算も忘れがちなので注意してください。

住宅を売却する際に売主負担が必要な諸費用もあります。

例えば、売買契約書に添付する収入印紙代が2,000円から20,000円ほど。

住所変更登記費用に10,000円から20,000円ほど、そのほか、抵当権抹消登記費用や境界確定費、引っ越し費用などもあります。

ステップ5:契約~現金決済

契約条件について納得がいけば、提示した価格で売買契約をむずび、契約時に鍵と必要書類などを引き渡して現金決済となり、普通の売買契約は数日から数週間かかるこの過程を1日で終わらせることができます。

また、瑕疵担保責任は売主にありません。

もし売却後に建物の不具合が見つかった場合でも売主に負担がかからないようにしています。

ただし、伝えるべき事項を隠していた場合にはこの通りではありません。

瑕疵担保責任とは、売却物件について隠れた瑕疵(不具合や欠陥など)があった場合、売主が買主に対して負う責任のことを言います。

ここでの瑕疵とは、雨漏りやシロアリの害、建物構造上主要な部位の腐食、給排水管の故障を指しています。

買主と売主がいる契約では、引き渡し日から3か月以内に瑕疵が明らかになった場合には買主は売主に請求することができるのが通例ですが、ここでは適用されないので、売却後も安心です。

不動産売却時にカチタスをおすすめしたい人の特徴

不動産売却を予定しており、カチタスに依頼するにぴったりの人の特徴としては次の通りです。

早く売りたい人

新しい家を購入するための資金に充てたいので早く売りたい、急な転勤が決まったので売却手続きを早く行いたい、相続で受け取ったが管理が大変なので早く現金化したいなど、不動産の売却において『早く売りたい』という声は多いようです。

たくさんの不動産に査定依頼をして、比較し、買い手もじっくり検討するかたもいますが、それには時間と手間がかかります。

早く売りたいかたには、最短で3週間で売却が可能となるカチタスがおすすめです。

上記で説明した通り、売却の流れがとてもスムーズなうえ、買い手がカチタスで、瑕疵担保責任もないので、売却後まで安心できます。

転勤で遠方に行く際にも、後腐れなく売却できますね。

築年数が古い家を売却したい人

築年数が古く、他社での売却を断られて落ち込んでいる場合、カチタスにも一度相談してみてはどうでしょうか?

すべてがOKというわけではなりませんが、口コミなどを見ていると他社で断られた物件でも買い取ってくれてとてもうれしかったという声が多くあります。

遠方に所有物件がある人

カチタスは全国各地に店舗を構えているので、遠方に所有物件がある場合でも、住んでいる近くの店舗から依頼することが可能となっています。

もちろん、査定の際には、遠方の担当者が物件の現地調査などを行うこともありますが、実績数も多いので安心して任せることができますね。

買い替えなら、カチタス経由で購入するのも一つです

ひとつのみの会社で購入と売却を行ういわゆる『買い替え』についてです。

Aの不動産で物件を購入し、Bの不動産で物件を売買するように、購入と売却を別の不動産でする方もいますが、一か所の不動産で売却と購入、どちらも行うことでメリットがあります。

買い替えは、売却のみと比べると少し複雑な面をもっています。例えば、

  • 家は売れたけど住みたい条件の家が見つからない。
  • 欲しい家を見つけたけど、自宅が売れないので誰かに買われてしまわないか心配。

など、スムーズに買い替えができず失敗するケースもあるようです。

もし、あなたがリフォームされた中古物件を探している場合には、カチタスで買い替えるのもひとつの手段です。

ただ、新築を購入したい、新築を建てたい場合には該当しません。あくまでも中古物件ということが前提です。

カチタスであれば、売却にも時間がかからないので現金が早く、査定額もわかっているので、次の新しい家を探す基準がはっきりとわかります。

しっかりとリフォームされた家なので、売却の手続きや相談の際に、どのような家があるのか資料をいただいたり、内覧をお願いしたりすることもできるので、買い替えがスムーズにできる可能性があります。

カチタスの会社情報

カチタスの店舗エリアと会社概要についてご紹介します。

カチタスの店舗エリア

カチタスは買取専門の不動産会社のイメージがありますが、すでに全国で100店舗以上もの店舗数をもっています。

大手の不動産であっても、全国各地ではなく首都圏に集中して店舗を構えている不動産も多い中、カチタスは身近に感じられる不動産と言えますね。

各エリアの店舗数としては、北海道エリアに9店舗、東北エリアに18店舗、関東エリアに17店舗、甲信越北陸エリアに15店舗、東海エリアに9店舗、関西エリアに6店舗、中国エリアに12店舗、四国エリアに7店舗、九州・沖縄エリアに20店舗あります。

北海道から沖縄まで全国各地に店舗があるので、たくさんの人が利用することができますね。

各店舗の住所と電話番号はこちらのページからご確認ください。

カチタスの会社概要

●社名:株式会社 カチタス

●設立:昭和53年9月1日

●代表取締役:新井 健資

●事業内容:中古住宅再生事業

●資本金:37億7887万1,000円(平成31年3月31日現在)

●上場市場:東京証券取引所第1部

●従業員数:655名(平成31年4月1日現在)

●本社:群馬県桐生市美原町4番2号

●問い合わせ先:各店舗にも連絡先がありますが、全国共通のコールセンターは0120‐593‐000

まとめ

CMで耳から離れないカチタスの音楽♪買い取り実績は多く、また各地に店舗もたくさんあるので、とても身近な会社です。

仲介会社ではなく、あくまでも買取会社なので、その点は把握しておくとよいでしょう。

ホームページでも仲介業者と買い取り業者の違いについて説明があります。

すぐに家を売りたい方は一度相談してみてくださいね。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-不動産会社の口コミと評判

Copyright© , 2020 AllRights Reserved.