*

不動産会社の口コミと評判

住友林業ホームサービスの売却の評判・口コミをプロ目線でジャッジ!メリット・デメリットや依頼方法も解説

投稿日:

不動産を売却したい、もしくは売却に備えて査定しておきたいと考えた時、どこの不動産に依頼してよいのか悩む方も多いようです。今まで特定の不動産と付き合いがあったり、周りに家主業をしている知り合いがいたりすれば話を聞き紹介してもらうこともできますが、初めての売却となるとそれも難しいのが現状です。

近年、次々に新しい不動産がオープンしています。リノベーションに強い不動産や売買専門または賃貸専門の不動産、ネットが充実している不動産など、不動産によってカラーが全く違うのも悩むところです。

まずは、売却したい身近にある不動産や大手の不動産をネットなどで検索して情報収集していきましょう。

今回は、住友林業ホームサービスに焦点をあてていきたいと思います。

「住友林業ホームサービスに売却を依頼したいけど、サービスやメリットはある?」

「住友林業ホームサービスを実際に利用した人の口コミや評判を聞いてみたい!」

「住友林業ホームサービスの査定可能なエリアはどこ?全国各地査定依頼できる?」

など、住友林業ホームサービスに売却を依頼しようとしている人の疑問や不安の声がネット上であがっています。

『住友林業』という名前は知っていてもどのような会社なのかわからない人も多いのではないでしょうか?

住友林業は戸建住宅の建設や賃貸住宅経営・仲介、リフォームやリノベーション、木材建材や老人ホームなどの生活サービス業など、多種にわたって人の生活を支える仕事をしている会社です。

最近では、長澤まさみさんと加藤亮さんが夫婦役で、是枝裕和さんの監督するCMがとても印象的です。

木のやすらぎを感じる住友林業の不動産として、なんだか心温まるイメージの会社ですね。

今回は、住友林業ホームサービスに売却を依頼するかた向けに、メリットやデメリット、実際に利用した人の口コミや評判、利用するのにぴったりの人の特徴などをご紹介していきます。

どこの不動産に売却を依頼しようか迷っている人や、首都圏にお住いのかた、住友林業で家を建てたかたなど、さまざまな人の参考になれば幸いです。

また本文に入る前に、不動産の売却を成功させる最も重要なポイントを先にお伝えしておきます。

それは、『まずは必ず所有しているマンションの評価額を、複数の不動産会社に査定依頼する。』ということ。

何も考えずに、近所の不動産会社やCMで見たことのある大手に所有しているマンションの売却を依頼してしまう人は、確実にマンション売却に失敗します。

なぜなら、その不動産会社が出した査定額が本当に妥当なのか、相場価格なのか分からないから。

例えば、不動産会社が2500万円という査定額を出してきたとして、その金額が妥当かどうかは不動産のプロでないあなたには判断がつかないはずです。

本来であれば3000万円で売ることもできたマンションを2500万円で安売りして、知らずのうちに500万円も大損してしまった

1社にだけ所有しているマンションの査定をし、失敗をしてしまう方は非常に多いです。

大切なのは、不動産一括査定サイトなどを活用して、複数の会社の査社を比較すること。

「2500万円」「3000万円」「3200万円」など、複数社の査定額を比較して検討することで相場価格を把握でき、安売りしてしまうリスクを回避できるのです。

NTTデータグループが運営する日本初の一括査定サイト「home4u」を活用すれば、事前の厳しい審査を通過した優良不動産会社にまとめて査定の依頼をかけられます。

スマホやパソコンから簡単に無料で依頼が出来ますし、少しの手間を惜しんで100万円単位の損をしてしまわないよう、必ず1番最初にチェックをしておくことをおすすめします。

不動産一括査定サイトhome4uの公式サイトはこちら⇒

(※home4U以外の不動産一括査定サイトについて知りたい人は、下記の関連記事も合わせて参考にしてみてください。)

関連記事→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

前置きが少し長くなってしまいましたが、重要なことなので先に伝えておきました。

それではここから、みずほ不動産販売の売却について詳しく解説をしていきます。

住友林業ホームサービスの売却はここがすごい!4つの強み

住友林業ホームサービスに売却を依頼した場合には次のようなサービスやメリットがあります。

買取保証制度がある

「引っ越しをする費用にあてたいから早く売りたい!」など、売却を急ぐケースも多くあります。

そんなときにうれしいのが、住友林業ホームサービスの買取保証制度です。

これは、住友林業ホームサービスと専属専任媒介契約または専任媒介契約を締結した場合、所定の期日までに売却ができなかったとき、あらかじめ取り決めた価格で住友林業ホームサービスが買い取ってくれるというサービスです。

売却に焦る必要もなく、計画性がもてるので売主にとってとてもありがたい制度となっています。

あんしん保証付仲介システムがある

売主にも買主にも引っ越し後の安心をもってもらうためのシステムです。

戸建ては建築士が、マンションは第三者機関、土地は測量士が物件の検査を行います。

引き渡し後には1年間住まいの欠陥や故障につき、補修費用などを負担する保証がつくという内容です。

物件の種類によっては保証内容が異なり、土地については調査のみ提供となります。

戸建ての場合には、最大で1,100万円保証、マンションの場合には保証プラス、24時間緊急対応サービスもついています。例えば、会社に鍵を忘れて帰宅してしまった場合も対応してくれるという内容です。

条件や注意事項などもあるので、一度店舗や公式サイトでもご確認ください。

オリコン顧客満足度ランキングで堂々1位

2019年に発表されたオリコン顧客満足度ランキングでは、野村の仲介+や三井住友トラスト不動産など大手の不動産を上まわり第1位となっています。

マンションで第1位、戸建ても第3位とかなりの高評価です。

他社に比べて店舗数が少ないのもありますが、公益社団法人不動産流通推進センターの売り上げランキングでは第13位となっています。

エリアが限られてはいますが、人気の不動産であることは証明されています。

すみかえサポートサービス

今住んでいる住居を売却して、新たな不動産を購入したいというかたへもすみかえサポートサービスが利用できます。下記で詳しくご紹介します。

住友林業ホームサービスの売却を依頼するなら気を付けたい1つのデメリット・注意点

大手で安心感もあり、人気もトップクラスの不動産ですが、デメリット面もあります。

エリア外だと査定もできない

公式サイトでは無料で査定ができるのですが、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県以外のエリアの選択肢がありません。

また、例えば福岡県でもすべての地域の不動産を査定できるわけでもありません。

条件としては、店舗の近くの不動産ということになりますので、査定の際には住友林業ホームサービスの店舗がどこにあるのか把握したうえで、相談の電話や査定依頼をおこなうとよいでしょう。

住友林業ホームサービスに売却を依頼した人のネガティブな評判・口コミまとめ

実際に住友林業ホームサービスに売却を依頼した人や査定した人の口コミをまとめました。良い意見が多いのですが、中には希望通りにできなかったなどネガティブな内容もありました。どちらも参考になるものなので、ピックアップしてご紹介していきます。

  • 「相続により取得した物件(マンション)の売却を依頼しようと、住友林業ホームサービスに連絡をしました。営業担当のかたがいらっしゃらなかったのか、折り返し電話しますといったん電話を切りました。その後、連絡が遅く、2日後にやっと連絡がきました。物件の条件を伝えて、店舗に相談に行き簡易的に査定をしてもらいました。机上ではそこそこ良い値段を出してくれたのでうれしく、現地での査定にうつることにしました。その日は、買い取り業者も一緒に来たのですが内見によって提示した額よりも大きく下回る金額が出されました。とても残念に思いましたが、そんなこともあるのかなと思っていました。その後も担当者の対応に不満が募り、次第に信頼感もなくなってしまったので、他の不動産会社に依頼することにしました。担当者や営業所によりけりかもしれませんが、対応がとても残念でした。」
  • 「投資物件として購入していた1DKのマンションの売却の相談を住友林業ホームサービスにしました。その時担当してくれたのが、20代くらいの若い社員の方でした。比較的好青年でいろいろ話は弾み、入社5年ほどということでした。実際、投資の話をしていくと、申し訳ないながら投資家の私より不動産売買に関しての知識がないと一度話しただけではっきりわかりました。投資物件として売却するので、税金問題やローンの残債務決済などお任せや相談したいのですが、頼りにならず、結局この会社に依頼するまでには至りませんでした。初めにアポを取る際にどんな物件なのかもしっかり説明しておいた方がよかったのかな。」

住友林業ホームサービスに売却を依頼した人のポジティブな評判・口コミまとめ

次に実際利用してよかったという意見をまとめてみました。

  • 「離婚することになり新居のマンションを売却しました。そのときお世話になったのが住友林業ホームサービスです。買ったばかりのマンションだったので、手放すことになり悔しいやら恥ずかしいやらという気持ちで相談しました。不動産に関してはまったくの素人でもある私に、営業の人は丁寧にいろいろと教えてくれたりアドバイスをしてくれました。住宅ローンも少し滞納があったので、危なく競売になりそうだったのをなんとか不動産売買で売却するようにしてくれました。そのおかげで住宅ローンの不足も少なくて済みました。あのとき通常売買ではなく競売で売却していたら、今よりも多くの負債を抱えて返済に追われていくのかなと考えると、ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいになります。」
  • 「実家を売却することになり、最初に問い合わせをしたのが住友林業ホームサービスでした。実家を建てるときに住友林業にお願いしたので、もしかすると他の不動産業者よりも高い評価をしていただけるのでは?と思ってのことでした。実際、その予想は当たっていました。他の不動産業者の評価も参考にしたいと思って、一括で査定を依頼していたのですが、5社ほどの査定額はすべて住友林業ホームサービスの査定額よりも300~500万円ほど低かったのです。営業のかたも「うちが建てた物件なので、自信をもっておすすめできます。」と積極的に購入希望の方に説明してくださり、スムーズに売却が決まりました。物件に関する細かいフォローまで万全にしていただけたので、やはり家を建てた業者さんに売却をお願いしたのは正解でした。」
  • 「相続でもらった不動産をどうすればよいかわからず、途方に暮れていたところすみなびを見つけました。すみなびは相続に精通している税理士への相談が無料で受けられるので、とりあえず査定だけでもと思って利用しました。他の相続人に許可を得なければならなかったため、実際に売却したのは相談してから3か月後でしたが、その間しつこく勧誘してくることもなく、親身になって話を聞いてくださり、本当に感謝しています。相続人が納得する査定額を提示してくれたことも、スムーズに売却できた理由のひとつだと思います。」

-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

住友林業ホームサービスで売却を依頼する際のステップを解説

実際に住友林業ホームサービスで不動産の売却を依頼する方法をステップに分けて簡単にご紹介します。

ステップ1:売却相談

大切な不動産を売却する理由は、転勤に伴う引っ越しや相続、子どもが旅立ち広すぎるなど人それぞれですが、どの場合においても希望価格や希望時期など要望をしっかりと持ち相談することが失敗しない第一のポイントです。相談しながら、売却のスケジュールや物件の売却にかかる税金や費用などの説明を受けていきます。

売却に売れた金額がそのまま手元に入ってくるのではなく、経費や税金が差し引かれて手元に入るので、どれくらいの費用が差し引かれるのかについて把握する良い機会となります。

売却相談専用の受付ダイヤルは0120-41-4063です。受付時間は10時から18時、火曜日と水曜日が定休日となっています。

ステップ2:価格査定

豊富な売却事例を基にして、不動産データベース会社と提携し、客観的で正確な売り出し価格を提案してくれます。簡単査定は公式サイトのこちらのページからお試しください。

また、住友林業ホームサービスは、不動産一括査定にも加盟しています。

一括査定とは、ネット上で売りたいと思っている不動産の情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり査定依頼できるサービスです。どこに依頼するか決めるのは自由なのですが、複数の査定額を比較することで、だいたいの相場が分かる便利なサービスです。

ステップ3:媒介契約

価格査定が終わり、いざ住友林業ホームサービスに売却を依頼しようと決めた時には媒介契約を締結します。

一般的な媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

個人の場合も法人の場合も基本的な内容はあまり変わりませんし、売主がどれかひとつを選ぶことができます。

専属専任媒介契約とは、ひとつのみの不動産に売却を依頼することです。そのため他の不動産に、同じ物件の売却を依頼することができません。また、売主の知り合いで物件が欲しいという人がいたとしても、直接契約することはできず、専属専任の不動産を通して売買しなければならない強い縛りのようなものです。ただ、そのぶん、売却活動の報告義務や契約後にレインズ(不動産流通機構)を登録するなどの義務があるので、早めに売却先が見つかりやすいのです。

専任媒介契約は、専属専任媒介契約とおなじように他の不動産の同じ物件の売却を依頼することができません。

しかし、売主は知り合いなどで物件が欲しいという方を見つけたら直接契約することができます。仲介手数料が不要になるのです。レインズに登録する義務や売却活動の報告義務はありますが、頻度などの縛りや緩くなっています。

一般媒介契約は、複数の不動産に売りたい物件を依頼することができます。

さらに、売主の知り合いなど直接買主と契約することができるという3つの中ではゆるめの契約です。

ただし、不動産はレインズに物件を登録する義務や報告義務がないので、売主は売却の進捗情報などが入りにくい状況となっています。3つの中で、どの契約が自分にあっているのか、また売りたい物件に合っているのかよく検討して契約するようにしましょう。

専属専任媒介契約と専任媒介契約を締結した際には、上記でご紹介した買取保証制度も利用できるので相談してみてください。

ステップ4:販売活動の展開

媒介契約を締結したら、住友林業ホームサービスが販売活動を展開していきます。

  • 不動産情報サイト「すみなび」への掲載
  • 各種不動産ポータルサイトへの掲載
  • 既存登録の購入希望者への紹介や、新聞折込チラシの配布
  • 各種不動産情報誌への掲載
  • 指定流通機構(レインズ)への登録

ステップ5:契約締結

売却活動により購入希望者が見つかったら、売主の希望と買主の希望をすり合わせて、交渉を進めていきます。

購入希望のかたがいたら、「不動産購入申込書」が届きます。この内容について、売主に報告があります。

お互いの条件について交渉し合意に至ると、不動産売買契約に進みます。

契約の前に、まずは重要事項の説明を宅地建物取引士から説明があり、十分に理解したうえで売買契約の締結を行い、手付金を受領するという流れです。初めての売却の場合には、重要事項説明書の内容把握も難しい点があるので、事前に仮でいただき内容を把握しておくと、当日の説明日に質問などしやすいと思います。

重要事項説明書と契約書に納得ができたら押印し、手付金を受領します。

ステップ6:引渡し

残代金の受領と物件の引き渡し(鍵の引き渡し)を同時に行います。

売却する物件に住んでいた場合には、この日までに引っ越しを完了させ、公共料金の手続きなどもしっかりとおこなうように準備しておく必要があります。

不動産売却時に住友林業ホームサービスをおすすめしたい人の特徴

不動産売却を予定しており、住友林業ホームサービスに依頼するにぴったりの人の特徴としては次の通りです。

大手で安心感のある不動産屋に依頼したい人

近年も次から次へと新しい不動産が誕生しています。リノベーション専門の不動産やおしゃれな不動産など、形態はさまざまです。新しい不動産なので興味本位で相談に行く人も多く、お客さんも多いことが多いようです。

しかし一方で、安心感のある不動産に任せたいと考えるオーナーも多く、大手の不動産に依頼したいと思う人も多いようです。住友林業ホームサービスも、大手の会社であり、大手ということから安心して任せることができたという口コミも多くありました。様々なニーズに合わせて、しっかりと対応をしてくださり、豊富な経験を生かして柔軟に対応してくれます。

住友林業で家を建てた方

住友林業で家を建てた方は「スムストック住宅査定方式」を利用することができます。

これは、住宅の長寿命化を促進するために「優良ストック住宅推進協議会」が定めた新しい建物査定の方法です。

スムストックは旭化成やセキスイハイム、積水ハウス、ミサワホーム、ダイワハウスなどが参加しており、建築後も適切にメンテナンスを行っていくことで、良い状態の物件として販売することができます。

売主も適正評価をされるので、納得の価格で販売することができます。

詳しくはこちらのページからご覧ください。

査定エリア圏内のかた

住友林業ホームサービスがある東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のエリアのかたは、すべてのかたにおすすめです。

上記の圏内では店舗数も多いので、近くに店舗がある場合には、実際に担当者の顔を見ながら相談してもよいかと思います。

買い替えなら、住友林業ホームサービス経由で購入するのも一つです

ひとつのみの会社で購入と売却を行ういわゆる『買い替え』についてです。

Aの不動産で物件を購入し、Bの不動産で物件を売買するように、購入と売却を別の不動産でする方もいますが、一か所の不動産で売却と購入、どちらも行うことでメリットがあります。

買い替えは、売却のみと比べると少し複雑な面をもっています。例えば、

  • 家は売れたけど住みたい条件の家が見つからない。
  • 欲しい家を見つけたけど、自宅が売れないので誰かに買われてしまわないか心配。

など、スムーズに買い替えができず失敗するケースもあるようです。

住友林業ホームサービスでは、すみかえサポートサービスを利用することができます。

すみかえサポートサービスは、上記でもご紹介した買取保証と、つなぎ融資の2つです。

買取保証があるので、もし売却できなかったときでも住友林業ホームサービスで買い取ってくれるので、指定した期日にしっかりと入金があるので、新しく物件を購入する費用に充てることが可能です。

つなぎ融資とは、売却予定の資金で完済することを条件に、新居購入資金を一時的に借りることができるというシステムです。そのため、欲しい物件があるのに物件が売れていないという面を補うことができます。

どちらにしても、買い替えには強い会社なのでおすすめです。

住友林業ホームサービスの会社情報

住友林業ホームサービスの営業している店舗のエリアと会社概要についてご紹介します。

住友林業ホームサービスの店舗エリア

住友林業ホームサービスの店舗エリアは、首都圏と愛知県、関西と福岡となっています。

各都道府県に店舗があるわけではないので、地域によっては査定や相談ができないところもあります。

東京都には21店舗とそのほか営業部などが3店舗、神奈川県には3店舗、千葉県には2店舗、埼玉県には2店舗、愛知県には8店舗と営業部が1店舗、大阪府には7店舗、京都府には1店舗、兵庫県には4店舗と営業部が2店舗、福岡県には3店舗の店舗があります。

首都圏や関西、福岡県に多く店舗があるので、この地域にお住いのかたは相談に行きやすいですね。

住友林業ホームサービスの会社概要

住友林業ホームサービスは、不動産の売買仲介をはじめ、不動産のトータルサービスをおこなっています。

住友林業ホームサービスの母体は、日本国土の約800分の1におよぶ広大な社有林をもっており、山林経営から木材建材の製造・流通、住宅供給までを一貫して手掛ける住友林業株式会社です。

住友林業ホームサービスは、不動産総合ポータルサイトである『すみなび』も提供しており、さまざまな物件情報を提供しています。

1964年にスミリン土地株式会社という名前で発足し、2019年時点では創業55年を迎える歴史のある会社です。会社概要については以下の通りです。

  • 本社:東京都新宿区西新宿3-2-11新宿三井ビルディング2号館11階
  • 本社電話番号:03‐5381-7921 ファックス:03-5381-7932
  • 資本金:4億円
  • 設立:昭和39年9月1日
  • 代表者:代表取締役社長 櫻井 清史
  • 事業内容:不動産業、不動産関連業
  • 従業員数:439名(2018年4月現在)
  • 許認可:宅地建物取引業免許 国土交通大臣(15)第220号

第二種金融商品取引業登録 関東財務局長(金商)第2959号

  • 加入団体:全国宅地建物取引業保証協会

東京都宅地建物取引業協会

神奈川県宅地建物取引業協会

千葉県宅地建物取引業協会

埼玉県宅地建物取引業協会

大阪府宅地建物取引業協会

京都府宅地建物取引業協会

兵庫県宅地建物取引業協会

愛知県宅地建物取引業協会

福岡県宅地建物取引業協会

首都圏不動産公正取引協議会

東海不動産公正取引協議会

近畿地区不動産公正取引委員会

九州不動産公正取引協議会

東日本・近畿圏・中部圏・西日本不動産流通機構

不動産流通経営協会

第二種金融商品取引業協会ほか

 

まとめ

住友林業は歴史の古い会社であり、グループ会社として住友林業ホームサービスがあります。売買に強い会社ですが、特に住友林業で家を建てた方や首都圏など店舗エリアにお住まいのかたにおすすめの不動産です。オリコン顧客満足度ランキングでも人気の高い不動産なので、まずは査定からお願いしてみてくださいね。



HOME4U 一括査定


-不動産会社の口コミと評判

Copyright© , 2020 AllRights Reserved.