*

不動産会社の口コミと評判

三菱地所ハウスネットの売却の評判・口コミをプロ目線でジャッジ!メリット・デメリットや依頼方法も解説

投稿日:

大切な不動産を売却する理由は、相続や転勤などによる引っ越しなど人それぞれです。

でも共通して同じ悩みとなるのが、『どこの不動産』に売却を依頼したほうがよいのかということです。

選ぶ不動産によって、希望通りの価格で売却できたり、希望通りに時期に売却できたりします。

不動産によっては強い地域もあれマンションや戸建てなど専門の部門もあるので、依頼先を間違えると売却が思ったようにうまくいかなかったということも少なからずあります。

さまざまな不動産で査定し比較するのもよいですし、不動産についてよく下調べをして依頼するのもよいですね。

今回は、三菱地所ハウスネットでの不動産売却に関する情報についてみていきましょう。

「三菱地所ハウスネットに物件の査定を依頼したいけど、エリア指定はある?」

「三菱地所ハウスネットで実際に不動産を売却したい人の口コミを聞きたい。」

「三菱地所ハウスネットに売却を依頼するメリット、逆にデメリットはある?」

など、三菱地所ハウスネットについての疑問や不安の声がネット上でもあがっています。

三菱地所ハウスネットは、三菱地所グループの住宅事業のひとつです。

三菱地所グループでは、ホテルや空港事業、投資マネジメント事業、設計監理事業、海外事業やビル事業などさまざまな事業があります。

住宅事業の中には、三菱地所ハウスネット以外にも、三菱地所コミュニティホールディングスやリアルエステートサービス、三菱地所ホームなどいくつかのグループ会社で成り立っています。

どこの会社で何をしているのか把握しづらいのですが、それぞれに担当が決められています。

リアルエステートサービスでは主に法人向けの仲介、三菱地所レジデンスでは不動産の販売など、三菱地所ホームでは戸建てや集合住宅の設計施工やリフォームなどを行っており、三菱地所ハウスネットでは『個人住宅の売買と賃貸の仲介、賃貸管理』を行っています。

不動産を売却するにあたりどこの不動産にするか迷っている方などの参考になれば幸いです。

また本文に入る前に、不動産の売却を成功させる最も重要なポイントを先にお伝えしておきます。

それは、『まずは必ず所有しているマンションの評価額を、複数の不動産会社に査定依頼する。』ということ。

何も考えずに、近所の不動産会社やCMで見たことのある大手に所有しているマンションの売却を依頼してしまう人は、確実にマンション売却に失敗します。

なぜなら、その不動産会社が出した査定額が本当に妥当なのか、相場価格なのか分からないから。

例えば、不動産会社が2500万円という査定額を出してきたとして、その金額が妥当かどうかは不動産のプロでないあなたには判断がつかないはずです。

本来であれば3000万円で売ることもできたマンションを2500万円で安売りして、知らずのうちに500万円も大損してしまった

1社にだけ所有しているマンションの査定をし、失敗をしてしまう方は非常に多いです。

大切なのは、不動産一括査定サイトなどを活用して、複数の会社の査社を比較すること。

「2500万円」「3000万円」「3200万円」など、複数社の査定額を比較して検討することで相場価格を把握でき、安売りしてしまうリスクを回避できるのです。

NTTデータグループが運営する日本初の一括査定サイト「home4u」を活用すれば、事前の厳しい審査を通過した優良不動産会社にまとめて査定の依頼をかけられます。

スマホやパソコンから簡単に無料で依頼が出来ますし、少しの手間を惜しんで100万円単位の損をしてしまわないよう、必ず1番最初にチェックをしておくことをおすすめします。

不動産一括査定サイトhome4uの公式サイトはこちら⇒

(※home4U以外の不動産一括査定サイトについて知りたい人は、下記の関連記事も合わせて参考にしてみてください。)

関連記事→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

前置きが少し長くなってしまいましたが、重要なことなので先に伝えておきました。

それではここから、三菱地所ハウスネットの売却について詳しく解説をしていきます。

三菱地所ハウスネットの売却はここがすごい!5つの強み

三菱地所ハウスネットに売却を依頼した際には、次のようなメリットや強みがあります。

あんしんサポート

三菱地所ハウスネットのあんしんサポートには、次の3つのサポートがあります。

①建物検査保証…専門の検査員が建物状況調査を実施の上、雨漏り・シロアリの害などが発見された場合に、引き渡しから最長2年間、補修費用を最大500万円まで保証するという内容です。

雨漏りやシロアリの害、建物構造上主要な部位の木部の腐食、給排水管の故障など瑕疵担保責任にかかる部分も含めて建物の状況調査をします。

適合した箇所において、最長で2年間保証されるサポートサービスです。

②住宅設備検査保証…専門の検査員が設備検査を実施の上、給湯器・エアコン・浴室・キッチンなどの対象機器や部位の故障について、補修費用を最大10万円まで保証してくれます。

住宅の設備検査を実施して、適合個所は引き渡し日から最長で5年間、対象となるものを保証してくれるサービスです。

売主側は、マンションや戸建て住宅設備の修復義務の一部に、買主側は入居後の設備機器不具合に備えることができます。

③24時間緊急対応…購入した物件で、水廻りや鍵トラブル、窓ガラスのトラブルが発生した場合、専門のスタッフが駆けつけて緊急対応を行うサービスです。

売主がいかずとも、三菱地所ハウスネットが対応してくれるので、売却後も安心して任せることができます。

この3つのサポートから、検査済み物件として売却に出すことができるので、購入希望のかたに安心をアピールすることができます。

さらに、建物の瑕疵をあらかじめ開示しておくことで、取引後にリスクを軽減することができます。

保証制度を利用することで、引き渡し後もアフターフォローがついているため安心のサービスです。

土地に関する調査

売買前に、土地の軟弱度など地盤状況と地盤調査する専門家を三菱地所ハウスネットが紹介してくれます。

買主、もしくは売主が売却する前や購入する前に、自分で地盤調査を依頼することもあるのですが、その調査の依頼やサポートを行ってくれます。

地盤調査や地盤点検システム、既存擁壁調査・液状化判定などすべて優勝ではありますが、取引中や取引後にトラブルとならないために必要なことなので、しっかりと調べておくと安心です。

売買取引サポート

サポート内容として次のことが紹介されています。

●ハウスクリーニング・オゾン脱臭・除菌サービス…水廻り4か所において、ダスキンの豊富なノウハウと専門技術で水廻りをきれいにしてくれます。

すっきりときれいなお部屋で販売活動を始めることができます。

オゾン脱臭・除菌サービスは、室内にしみついたペットやたばこ、汗やトイレ、カビの臭いなどを、オゾンの力で強力除去するサービスです。

●リペア…壁紙のはがれや床のキズなど、プロの技術で修繕し、目立たなくすることでお部屋の印象を改善してくれます。

●ホームステージングサービス…インテリアコーディネーターが家具や小物で装飾し、空室の部屋をモデルルームのように演出します。

●3DウォークスルーVRホームステージング…室内を360度自由に歩き回っている感覚を体験できる動画の撮影や室内画像にCGでインテリアコーディネートを加えることができます。

●土地現況仮測量図・作成サービス…不動産(土地・建物)の売却にあたり、境界確認と仮測量図の作成をおこないます。

●土地クリーン&メンテナンス…土地の草刈り作業から売り物件看板設置までを行い、土地の印象を改善させるサービスです。

●ドローン撮影…他の不動産ではあまり見られないサービスで、ドローンによる撮影で周辺環境も含めて、上空から撮影したアングルで不動産を紹介することができます。

●買取サポートサービス…より良い条件で売却先を紹介する早期不動産売却のためのサービス内容です。

このように売買取引サポートには、たくさんのサポート内容が組み込まれています。

他の不動産では、この中書から2つサービスや、まったくサービス内容がないという不動産もあるので、他社に比べると、手厚いサポート内容となっています。

買取保証サービス

一定期間内に売買契約の成立に至らなかった場合には、事前に約束した買取保証価格で三菱地所ハウスネットが買取をしてくれるというサービスです。

三菱地所ハウスネット査定価格の115%を上限に、仲介での売り出しから始めていきます。

はじめのうちに買取保証価格を提示してくれるので、確実に売却できる価格が確定し、資金計画が立てやすくなります。

万が一、仲介での売却が成立しなかったとしても合意した買取保証価格で、しかも仲介手数料はかからずに買い取ってくれるというサービス内容です。

これは、三菱地所ハウスネットと専属専任媒介契約または専任媒介契約を締結したときに利用することができます。

その他サービス内容も充実

上記以外にも、売却にかかわる税理士の紹介や、相続税・買い替えのつなぎ融資、各種保険のサービス紹介など紹介内容も充実しています。

インテリアコーディネーターを紹介してくれたり、リフォーム会社やハウスメーカー、引っ越し業者なども紹介してくれて、特典もついているので、自分で直接依頼するのではなく、一度三菱地所ハウスネットの担当者に相談後依頼するとよいですね。

三菱地所ハウスネットに売却を依頼するなら気を付けたい1つのデメリット・注意点

三菱地所ハウスネットに不動産の売却を依頼する予定のあるかたに気を付けてほしいことがあります。

エリアが決められている

サービス内容がとても充実していて、大手の会社で安心感もあるので、デメリットが少ない不動産のひとつとなっています。

しかし、唯一の難点と言えば、営業している店舗のエリアが少ないということです。

三菱地所ハウスネットは大きく分けて主に首都圏、中京圏、関西圏、広島エリアの4エリアに分かれて営業しています。

そのため、北海道や東海地方、四国地方や中部地方、九州地方などには店舗がないということです。

査定や契約時には、基本的に店舗のかたが来られたりこちらが店舗に行ったりする必要があるので、店舗からある程度離れた距離の場合には、行き来が困難となってしまします。

依頼する前には、まず近くに店舗があるのかどうかをしっかりと下調べしたうえで、相談するようにしましょう。

三菱地所ハウスネットに売却を依頼した人のネガティブな評判・口コミまとめ

実際に三菱地所ハウスネットに売却を依頼した人や査定した人の口コミをまとめました。

良い意見がとても多く、希望通りにできなかったなどネガティブな内容がとても少なかったです。

どちらも参考になるものなので、ピックアップしてご紹介していきます

●「結婚を期に、マンションを購入したのですが、長男が生まれマンションが手狭になったので、思い切って一戸建ての住宅を建てることにしました。

ただし、マンションのローンが残っていたので、売却して、ローンの残債をなくすことが条件でした。

マンションの売却査定は、ハウスメーカーから勧められた三菱地所にまずは査定のお願いをしました。

正直な感想としては、大手ということで自信があるのか、少々一方的な印象を受けました。

価格もこちらの売却想定よりかなり低く、提示した価格に絶対の自信をお持ちのようでした。

結局価格で折り合わずに、他の会社に依頼しました。

結果は2百万円くらい高く売却することができました。

大手なので、はじめは信頼していましたが、もう少し歩み寄りがほしいと感じました。」

三菱地所ハウスネットに売却を依頼した人のポジティブな評判・口コミまとめ

三菱地所ハウスネットを実際に利用して売却した人の良い口コミをピックアップしてまとめました。

●「神奈川県のマンションに住んでいましたが、2人目を妊娠したので、子どもたちのために一軒家を購入することにしました。

決して新しいマンションではないので、売却したあとのトラブルを防ぎたかったので保障サービスのついている業者の頼むと決めていました。

その中でも三菱地所さんは大手なのでより安心感を得られると思い、依頼しました。

売却を急いでいるわけではないので、他の業者にあるような買取サービスには惹かれませんでした。

担当したくれたかたは、印象もよく頻繁に連絡をいただけたので安心しておまかせできました。

お店も駅から近く、分かりやすいところにあったので、非常に便利でした。

これからも頼れる不動産です。」

●「広島県の西区に投資用で土地を持っていたので、そろそろ売却しようと思いました。

最近多くの業者が首都圏のみで対応しているので、その広島県に対応しているところが少なかったのです。

その中でも、三菱地所ハウスネットは大手なので経験値も違うのかなと思い、依頼しました。

周りの土地がどれくらいの価格で売り出されているのかを見比べることができ、ありがたかったです。

私は仕事が忙しいので、電話に出る時間がなく、メールでのやり取りを希望していました。

そんな要望にも応えてくれたのがとてもうれしかったです。

広島県ということもあり、売却に時間がかかると思いますが、特に急ぐのではないので、ゆっくり連絡を待っていようと思います。」

●「東京都にある一軒家を相続したのですが、使い道もなくずっと空家となっていました。

人もいないので怖いという点と今後誰かが住むこともないということから、家族と相談して売却することにしました。

駅から割と近い家なので、買い手はすぐに見つかりそうだなと思っており、売却自体に心配はありませんでした。

しかし、念のため保障サービスが多いほうがよいなと思い、三菱地所ハウスネットの保障サービスに目をつけて依頼しました。

売却後のめんどうなトラブルも防げるので、安心だと思います。

担当してくれたかたも、とても親切でベテランのかただったので安心してお任せすることができました。」

●「知り合いから土地の売却の依頼があり、仕方なく受けました。

その際に、何社かに査定をお願いしたのですが、知り合いと相談し、その中で三菱地所ハウスネットさんにお願いしました。

電話をすると何時何時に査定に行きますということで、査定してもらうことになりました。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

査定にきた人は清潔感があり、言葉遣いも丁寧で、良い印象をもちました。

査定はスムーズで思ったよりも早く査定額が出ました。

査定額は他の会社よりも高く、満足がいくものでした。

査定お願いしてよかったなと思いましたし、査定額の交渉にも乗っていただき、多少なり高くしてもらいました。

電話から査定までの時間はスピーディーでとてもよかったと思います。

気持ちいいやりとりでとてもよかったです。」

三菱地所ハウスネットで売却を依頼する際のステップを解説

実際に三菱地所ハウスネットで不動産の売却を依頼する方法をステップに分けて簡潔に紹介します。

ステップ1:相談

まずは、売主の考えや要望を三菱地所ハウスネットのかたに相談するところから始まります。

売却をするかどうか悩んでいるかたも、相談することは可能です。

具体的には、売却の理由や目的、希望金額や売却をしたい時期、手続きにかかる費用など、初めて不動産の売却をするかたでも一からさまざまなことを知る機会となり、不安や疑問を解消していく場となっています。

ステップ2:査定

査定には2種類あるのですが、三菱地所の住まいリレー担当仲介会社の査定で、『簡易査定』と『現地査定』の2つがあり、どちらも無料で利用することができます。

豊富な取引実績や様々な市況分析データに基づいて客観的に査定価格を算出したうえで、売主ひとりひとりの要望や事情を踏まえて、適切な売り出しの価格と販売計画を提案してくれます。

簡易査定とは、三菱地所の住まいリレー仲介会社の取引実績、周辺取引事例、さらに現在の市場動向や今後の新築マンション供給予定なども考慮して、机上で価格を算出するのが簡易査定です。

「とりあえずどのくらいの価格で売却できるのか知っておきたい。」「将来の買い替えのために資金計画の参考にしたい。」という人でも気軽に利用できる査定となっています。

もうひとつの現地査定は、簡易査定の内容に加えて三菱地所の住まいリレー担当仲介会社の担当者が不動産のプロの目で物件を実際に確認し、客観的な視点で価格を査定するのが現地査定です。

建物の調査としては室内の状況や眺望、日照などがあり、そのほか周辺の環境や施設の調査、マンションの場合は共用部分の使用状況、管理状況などです。

査定価格とはあくまでも三菱地所の住まいリレー担当仲介会社の意見であり、3か月をめどに売却できる可能性の高い金額として算出されています。

売出価格とは、売却活動にあたり市場に提示する価格です。

提案された査定価格や販売計画、担当者のアドバイスをもとに売主が決定します。

また査定の際には売却にかかる税金や諸費用の概算書を作成していただくことができます。

ステップ3:媒介契約

正式に売却活動を依頼するために、宅地建物取引業で定められた媒介契約を締結します。

一般的な媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

個人の場合も法人の場合も基本的な内容はあまり変わりませんし、売主がどれかひとつを選ぶことができます。

専属専任媒介契約とは、ひとつのみの不動産に売却を依頼することです。

そのため他の不動産に、同じ物件の売却を依頼することができません。

また、売主の知り合いで物件が欲しいという人がいたとしても、直接契約することはできず、専属専任の不動産を通して売買しなければならない強い縛りのようなものです。

ただ、そのぶん、売却活動の報告義務や契約後にレインズ(不動産流通機構)を登録するなどの義務があるので、早めに売却先が見つかりやすいのです。

専任媒介契約は、専属専任媒介契約とおなじように他の不動産の同じ物件の売却を依頼することができません。

しかし、売主は知り合いなどで物件が欲しいという方を見つけたら直接契約することができます。

仲介手数料が不要になるのです。

レインズに登録する義務や売却活動の報告義務はありますが、頻度などの縛りや緩くなっています。

一般媒介契約は、複数の不動産に売りたい物件を依頼することができます。

さらに、売主の知り合いなど直接買主と契約することができるという3つの中ではゆるめの契約です。

ただし、不動産はレインズに物件を登録する義務や報告義務がないので、売主は売却の進捗情報などが入りにくい状況となっています。

3つの中で、どの契約が自分にあっているのか、また売りたい物件に合っているのかよく検討して契約するようにしましょう。

この段階で、「物件状況等報告書」と「設備表」の記入を売主自身が記入します。

この2点は売却物件や付帯設備の状況について、買主に説明するための書類で、売買契約書にも添付される大切な書類のためしっかりと調べて記入します。

媒介契約に基づく業務としては、物件調査(基礎的調査)と価値査定、媒介契約の締結と書面の交付、物件状況等報告書と設備表の作成のお手伝い、購入希望者の募集、購入希望者との交渉、売買契約の締結と書面の交付、決済や引き渡し等のお手伝いを一連の流れとしています。

ステップ4:売却活動

三菱地所の住まいリレー担当仲介会社は様々な方法を用いて、購入希望者を募集し、問い合わせの対応や物件への案内を行ってくれます。

案内の前には事前に対象物件の魅力を高める見せ方を教えてくれるので、具体的に把握しておくと慌てません。

具体的な売却活動は以下のとおりです。

●顧客データベースからの検索…三菱地所の独自データベースには、売却希望者と購入希望者、それぞれ数万件の希望条件が登録されています。

その中から、スピーディなデータマッチングを行い、購入希望者に物件を紹介します。

●レインズへの登録…国土交通大臣の指定法人である不動産流通機構が運営している不動産業界のデータベースであるレインズに、物件情報を登録します。

ここでの情報はオンラインで加盟不動産業者の広く提供され、より多くの購入希望者のアピールすることができます。

●チラシ配布やDM配布…物件の魅力を効果的に伝えるチラシを作成し、新聞折込やポストへの投函・DM等により、近隣のかたがたが購入希望者にアピールする活動です。

●オープンハウス…オープンハウスを開催して購入希望者を案内し、物件の魅力を最大限にアピールします。

●三菱地所グループのネットワーク活用…グループのネットワークを活用し、社員や関係者に物件情報を提供します。

●不動産サイトへの掲載…大手不動産ポータルサイトとデータリンクしており、広く情報を発信できるシステムとなっています。

不動産ジャパンやアットホーム、スーモなどです。

ステップ5:売買契約の締結

購入希望者から「購入申込書」を受領したら、長谷工の営業担当者が売買価格や代金の支払い方法、引き渡し時期など契約条件の折衝・調整をおこないます。

条件が整ったら契約へ進みます。

売買契約の前に重要事項説明は必ず行うようにと、宅地建物取引業で定められています。

宅地建物取引士が記名捺印した重要事項説明書を交付し、説明を行います。

契約条件や物件について、特に重要な事項の説明となるので、不明な点などはしっかりと理解できるように質問していきましょう。

重要事項説明では瑕疵担保責任についても説明があります。

瑕疵担保責任とは、売却物件について隠れた瑕疵(不具合や欠陥など)があった場合、売主が買主に対して負う責任のことを言います。

ここでの瑕疵とは、雨漏りやシロアリの害、建物構造上主要な部位の腐食、給排水管の故障を指しています。

売買契約書には、引き渡し日から3か月以内に瑕疵が明らかになった場合、買主は売主に対して修復の請求をすることができるということも記載されています。

その後売買契約締結時に手付金をもらい、契約の締結となります。

手付金は、売買代金の残代金支払い時に、その一部として充当されるのが通例です。

また締結後に、何らかのやむを得ない事情で契約を解除する場合に備えて、解除可能な期間とともに次のような取り決めを定めるのが通例となっています。

・買主から解約を申し出る場合には、手付金を放棄する。

・売主から申し出る場合には、手付金の倍の金額を買主に支払う。

もちろん上記のとおりではない場合もあるので、どのような取り決めになっているのかしっかりと確認しておくことが大切です。

ステップ6:引き渡しの準備

引き渡しまでには準備すべきことやものがあるので、忘れることがないように計画的に進めていきましょう。

売却物件に住宅ローンの借入金が残っている場合には、抵当権等が設定されていることがあります。

残代金受領時に抹消登記が手配できるよう、担当の方が書類の書き方などをサポートしてくれるので安心です。

また売却物件に住んでいる場合には、引っ越しが必要です。

特に引っ越しを年度末に予定されている場合には、引っ越しが集中する時期なので、早めの手配が肝心となります。

公共料金の清算や役所への転出届、郵便局への転居届など忘れずに行っておきましょう。

ケーブルテレビやインターネットの清算も忘れがちなので注意してください。

ステップ7:決済・引き渡し

引き渡しの際には、買主と物件の最終確認を行ったうえで次の手続きを行います。

残代金の受領と領収証の発行、固定資産税などの諸費用の清算、所有権の移転登記申請、マンションの場合には管理組合への区分所有者変更手続き、必要書類と鍵渡しです。

物件の最終確認としては、物件状況等報告書の記載内容に間違いはないか、付帯設備は設備表に記載の通りかが主なチェックポイントとなります。

不動産売却時に三菱地所ハウスネットをおすすめしたい人の特徴

不動産の売却を依頼するときに三菱地所ハウスネットがぴったりだという人の特徴をご紹介します。

店舗が近くにある人

不動産の売却を相談する際や、契約時など店舗が近くにあるととても便利です。

三菱地所ハウスネットは主に首都圏、中京圏、関西圏、広島エリアに分かれて分布しています。

東京に多くの店舗を構えているので、東京在住の方は利用しやすい不動産です。

どこに店舗があるのか公式サイトなどで確認してみてください。

充実した保障サービスを望んでいる人

三菱地所ハウスネットは、売却希望の人にたくさんの保証サービスを準備しています。

他社に比べるととても手厚いですし、ドローンやVR機能などさまざまな新しいことにも取り組んでいて、売却活動にも期待が持てます。

建物保障サービスや建物設備の保障サービスなども充実しており、無償で行ってくれるサービスも多々あるので、引き渡し後や売却後などにも安心できるサポートが欲しい方におすすめの不動産です。

買い替えなら、三菱地所ハウスネット経由で購入するのも一つです

三菱地所ハウスネットで購入と売却を行ういわゆる『買い替え』についてです。

Aの不動産で物件を購入し、Bの不動産で物件を売買するように、購入と売却を別の不動産でする方もいますが、一か所の不動産で売却と購入、どちらも行うことでメリットはあります。

買い替えは、売却のみと比べると少し複雑な面をもっており、下記のような不安を抱えてしまいがちです。

  • 家は売れたけど住みたい条件の家が見つからない。
  • 欲しい家を見つけたけど、自宅が売れないので誰かに買われてしまわないか心配。

など、スムーズに買い替えができず失敗するケースもあるようです。

三菱地所ハウスネットでは買い替えの際にも安心できるサービスがあります。

ひとつは強みでもご紹介した『買取保証サービス』です。

万一売却できなかった時に、あらかじめ約束した金額で三菱地所ハウスネットが買い取ってくれるので、資金計画が立てやすいというメリットがあります。

もうひとつは『買い替えつなぎ融資制度』があり、三菱地所ハウスネットの仲介で不動産を売却する予定で、売却代金を受け取る前に買い替え資金が欲しいというかたにつなぎ融資を紹介してくれます。

一時的に融資を受けたのちに、不動産の売却代金で返済するという内容です。

利息は付きますが、資金計画しやすいので、悩んでいる方は相談してみてください。

買い替えについてのメリットやデメリット、具体的な流れについては三菱地所ハウスネットのこちらのページでも紹介されているので、参考にされてください。

三菱地所ハウスネットの会社情報

三菱地所ハウスネットの店舗エリアと会社概要についてご紹介します。

三菱地所ハウスネットの店舗エリア

三菱地所ハウスネットの店舗は全国各地にはありません。

主に首都圏、中京圏、関西圏、広島エリアに分かれて分布しています。

首都圏は東京都に20店舗、神奈川県に4店舗、埼玉県に1店舗あります。

中京圏は愛知県に流通営業と賃貸営業で1店舗あります。

関西圏は大阪府に2店舗あります。

広島エリアには流通営業と賃貸営業で1店舗あります。

店舗のほとんどは首都圏の東京に多くあるので、東京在住の方には利用しやすい不動産と言えます。

三菱地所ハウスネットの会社概要

三菱地所ハウスネットは、三菱地所グループの住宅事業のひとつです。

東京の丸の内の大地主としても有名な「三菱地所」で、丸ビルや新丸ビルなどのオーナーでもあります。

経営基盤がしっかりとしており、ちょっとやそっとではつぶれない会社として安心感のある会社です。

三菱地所グループでは、ホテルや空港事業、投資マネジメント事業、設計監理事業、海外事業やビル事業などさまざまな事業があります。

その中で、三菱地所ハウスネットは『個人住宅の売買と賃貸の仲介、賃貸管理』を行っています。

三菱地所ハウスネットの会社概要については下記のとおりです。

●商号:三菱地所ハウスネット株式会社

●本社所在地:東京都新宿区新宿二丁目21番1号新宿フロントタワー32階

●主な取扱業務:売買仲介・賃貸仲介・賃貸管理・法人営業・販売代理・不動産活用コンサルティング・損害保険代理店業務

●宅地建物取引業免許番号:国土交通大臣(4)第6019号

●一級建築士事務所:東京都知事登録 第51653号

●警備業法 認定番号:東京都公安委員会第30003712号

●賃貸住宅管理業登録番号:国土交通大臣(2)第2620号

●設立:1984年7月16日

●資本金:1億円

●売上高:7491百万円(2018年実績)

●従業員数:358人(2019年4月1日付)

●主な加盟団体:一般社団法人 不動産流通経営協会

公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会

公益社団法人 日本賃貸住宅管理協会

 

まとめ

三菱地所ハウスネットは三菱地所グループのひとつです。

主に個人を相手とした仲介や売買、賃貸などの相談を受けています。

保障サービスが手厚く、さらに内容も充実しているので人気の不動産です。

店舗が首都圏やその周りの地域に限られてはいますが、条件が合えばおすすめしたい不動産です。

不動産選びの参考になれば幸いです。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-不動産会社の口コミと評判

Copyright© , 2020 AllRights Reserved.