*

マンション売却のお悩み

三菱UFJ不動産販売の売却の評判・口コミをプロ目線でジャッジ!メリット・デメリットや依頼方法も解説

更新日:

相続や引っ越しなど理由はひとそれぞれですが、大切な不動産を売却する際にはどこに依頼すればよいのか悩みがちです。大切な不動産ですし、失敗のリスクが少ない不動産にお願いしたいと考える人も多いでしょう。

三菱UFJ信託銀行グループの不動産販売は、マンションや一戸建て、土地などの販売を行っています。

主に首都圏と名古屋・関西などのエリアで営業をしています。

信託銀行というとどのような業務なのかパッと思い浮かばない人も多いと思うのですが、実際不動産会社と同じような業務を行っています。三菱UFJ信託銀行は、法人向けのビルやマンション用地など大きな物件の仲介を得意としており、個人向けの不動産としての会社が、今回ご紹介していく三菱UFJ不動産販売ということです。

「三菱UFJ不動産販売は、はじめて不動産を売却したい人でも依頼や相談ができるの?」
「三菱UFJ不動産販売を実際に利用してみて、不動産の売買を成約させた人の口コミを知りたい!」
「三菱UFJ不動産販売に売却をお願いするときは、どのような流れで行えばよいの?」

など、三菱UFJ不動産販売を利用するにあたり、いろいろな不安や疑問の声がネット上でもあがっています。

近くにいる知り合いのオーナーや親せきから不動産を紹介してもらえるのがありがたいですね。

しかし、近年はネットでの口コミ情報も充実しているので、口コミや特典などを参考にして、どの不動産に売却するか決める方も多くなってきています。

今回は三菱UFJ不動産販売で不動産を売却するメリットとデメリット、またさまざまな意見や口コミ、売却の流れやサービス内容などについて、分かりやすくご紹介していきます。

売却はまだ決まっていないけど将来のためにどれくらいで売れるのか査定だけしておきたいかたにもおすすめです。

売却予定のあるかた、どこの不動産に依頼すればよいのかわからないかた、三菱UFJ不動産販売が気になっているかたなどさまざまな人の参考になれば幸いです。

また本文に入る前に、不動産の売却を成功させる最も重要なポイントを先にお伝えしておきます。

それは、『まずは必ず所有しているマンションの評価額を、複数の不動産会社に査定依頼する。』ということ。

何も考えずに、近所の不動産会社やCMで見たことのある大手に所有しているマンションの売却を依頼してしまう人は、確実にマンション売却に失敗します。

なぜなら、その不動産会社が出した査定額が本当に妥当なのか、相場価格なのか分からないから。

例えば、不動産会社が2500万円という査定額を出してきたとして、その金額が妥当かどうかは不動産のプロでないあなたには判断がつかないはずです。

本来であれば3000万円で売ることもできたマンションを2500万円で安売りして、知らずのうちに500万円も大損してしまった

1社にだけ所有しているマンションの査定をし、失敗をしてしまう方は非常に多いです。

大切なのは、不動産一括査定サイトなどを活用して、複数の会社の査社を比較すること。

「2500万円」「3000万円」「3200万円」など、複数社の査定額を比較して検討することで相場価格を把握でき、安売りしてしまうリスクを回避できるのです。

NTTデータグループが運営する日本初の一括査定サイト「home4u」を活用すれば、事前の厳しい審査を通過した優良不動産会社にまとめて査定の依頼をかけられます。

スマホやパソコンから簡単に無料で依頼が出来ますし、少しの手間を惜しんで100万円単位の損をしてしまわないよう、必ず1番最初にチェックをしておくことをおすすめします。

不動産一括査定サイトhome4uの公式サイトはこちら⇒

(※home4U以外の不動産一括査定サイトについて知りたい人は、下記の関連記事も合わせて参考にしてみてください。)

関連記事→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

前置きが少し長くなってしまいましたが、重要なことなので先に伝えておきました。

それではここから、三菱UFJ不動産販売の売却について詳しく解説をしていきます。

もくじ

三菱UFJ不動産販売の売却はここがすごい!7つの強み

三菱UFJ不動産販売に売却を依頼したい人は、次に紹介するメリットがあります。

MUFGの大きなネットワークを生かした売却

三菱UFJフィナンシャルグループ=MUFGは、日本を代表する総合金融グループです。

三菱UFJ不動産販売は、この大きなネットワークを生かして、不動産の売却活動を行っていきます。

例えば、三菱UFJ銀行のお客様に物件の紹介をおこなったり、社員に紹介を行ったりするので、購入者が早く見つかりやすいというメリットがあります。

さらに、金融機関なので融資の相談や相続関係の相談もしやすく、不動産の売却に関して専門的な知識でサポートしてくれるため、大きな安心感があります。

宅地建物取引士資格保有率約99%

2019年3月時点で、全営業従事者の資格保有率が約99%となっており、質の高い不動産流通のエキスパートがそろっています。また厳しい研修で育成されているので、売却や購入したい人の多様なニーズにも対応できる体制ができており、安心して任せることができます。

住宅売却サポートキャンペーンを行っている

期間限定でなのですが、住宅売却のサポートキャンペーンを行っています。2019年11月現在は、髙島屋カタログギフト3万円相当をプレゼントしています。

条件としては、住宅や土地の売却について、専任媒介または専属専任媒介契約を締結した人に限りです。

そのほか細かな条件もあるので、担当の方に相談してみてください。

生活に使えるサービスがある

三菱UFJ不動産販売で取引したかたのみの特典として、生活に使えるサービスを提供してくれます。

無償で利用できるわけではないのですが、紹介してもらったことにより各業者で特典のサービスがあります。

引っ越しの際に便利な引っ越し業者では、アート引越センターやサカイ引越センターなど数種類の引っ越し業者を紹介してもらうことができます。例えばアート引越センターであれば、段ボールが最大20個、ガムテープ1個、エコ楽ボックスの無料レンタルという特典がついています。各社で内容が違うので、担当のかたに確認してみましょう。

ホームセキュリティーにおいては、アルソックやセコムが提携しています。

ハウスクリーニングはおそうじ本舗、トランクルームはテツソーなど生活に必要なサービスを利用することが可能です。

住宅設備修理サポートがある

不動産を売却するにあたり、三菱UFJ不動産販売と専任媒介契約または専属専任媒介契約を結んだ場合に利用できるサービスです。

一定の住宅設備機器の故障を無償で修理できるサービスで、1物件あたり500万円まで利用することが可能です。売主にも買主にもうれしいサービス内容で、エコキュートも対象となっています。

対象設備機器としては、給湯器や換気扇、エアコンや調理器具、浴室乾燥機や温水洗浄便座、インターホンとなっています。これは、みずほ不動産販売と三井住友トラスト不動産と三菱UFJ不動産販売の3社で共同した企画となっています。そのため、みずほ不動産販売や三井住友トラスト不動産でも同じ内容でサービスを提供してます。

土地現況測量サービスが無料

売却の場合に、三菱UFJ不動産販売と専任媒介または専属専任媒介契約を結んだ場合に、土地現況測量サービスを無料で提供してくれます。

期間は3か月です。

測量会社はジャパンホームシールド株式会社に委託しています。

サービスの内容としては、境界線の確認と現況測量、越境の確認、セットバック面積の確認、敷地内高低差の測定の5つを調べてくれます。

販売の際に、土地の現況をしっかりと把握することができるので買主にも安心して引き渡すことができ、後々のトラブルを減らすことができるので安心のサービスです。

VRホームステージングで売却側にも大きなメリットがある

ホームステージングといって空室に家具などを設置してイメージをアップさせる方法があるのですが、最近はこのホームステージングをVRで行うことが徐々に増えてきています。

例えば、空室にVRで家具を設置したり、逆に家具を設置しているモデルルームをVRで家具を取り除いてまっさらにお部屋を確認することができるという、新しいサービス内容です。

家具や家電を設置する必要がなくなるので、手間や費用が大幅に削減されます。

サンプル動画もありますので、詳しくはこちらのページでご覧ください。

三菱UFJ不動産販売の売却を依頼するなら気を付けたい2つのデメリット・注意点

三菱UFJ不動産販売に売却を依頼する際に、注意してほしいことがあります。

依頼できる都道府県が限られている

三菱UFJグループと聞くと、全国で有名な会社なので、各都道府県にも店舗があるのかなと思ってしまいますが、不動産販売は依頼できる都道府県が限られているので注意しましょう。

首都圏に25センター、名古屋に3センター、関西に6センターの営業店舗があるので、このエリア内であれば依頼することが可能となっています。

三菱UFJ銀行とは付き合いがあったとしても、エリア内に物件がないのであれば依頼が難しいということになります。

査定額が比較はできない

三菱UFJ不動産販売に、不動産の査定を依頼することができるのですが、一社のみの査定結果となるので比較することができません。売却する場合には、何社かに査定依頼をして比較することも大切です。

不動産一括査定サイトも無料で利用できるので、そちらも比較のために利用してみることをおすすめします。

三菱UFJ不動産販売に売却を依頼した人のネガティブな評判・口コミまとめ

三菱UFJ不動産販売で実際に売却を依頼した人の口コミをみていきましょう。ネガティブな評判も、今後取引をしていく中で参考になるので、ピックアップしてご紹介します。

「埼玉県内の土地の売却を依頼しました。査定価格は思っていたよりも低く、売りたいと思える金額ではなく、どうしようかと迷っていました。売るための提案などをしてくれるのかと期待していましたら、こちらから質問というか投げかけをしないと何も行動を起こしてくれずに少し残念に思います。また定期的に連絡はくださるのですが、今後こうしましょうなどのアドバイスもなく進捗状況の報告のみでした。若い社員のかたが担当だったからというのも理由のひとつかもしれませんが、上司や先輩からのアドバイスは何もなかったのかなと思うところです。正直、無駄な時間を費やしてしまったなと思い、最終的には連絡が来なくなってしまいそのまま終わってしまいました。最後まで残念な対応だったように思います。」

「自宅マンションの買い替えのために、三菱UFJ不動産販売が自宅マンションを購入するときに活用したので見積もりをお願いしました。予約後にはすぐに連絡があり、その週末に担当者が来てくださいました。ここまではとてもスムーズでよかったのですが、訪問にきた担当者のかたが、さも自分が購入するかのような振る舞いで各部屋のチェックをしながら、ここは売り物にならないな~、ここがもっと壊れていれば全部リフォームするのにと独り言のように、各部屋で小言をいっていました。悪い面を多く言われたので、住んでいる身としてはあまりうれしくはありませんでした。そしてすべて見終わったあと、感想を述べることなく査定額を口頭で伝えてきました。どこが悪かったのか、どこがセールスポイントなのかを聞いておきたかったのですが、めんどくさそうに書類は後程お送りしますといって帰っていきました。書類をまっていましたが、いまだに音沙汰もなく、とても残念です。」

三菱UFJ不動産販売に売却を依頼した人のポジティブな評判・口コミまとめ

次に三菱UFJ不動産販売を実際に利用して不動産を売却した方の良い口コミをピックアップしてご紹介します。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

「1DKのマンションを持っていたのですが、結婚を機に一軒家を購入することになりました。そこで引っ越し資金の足しになればとマンションの売却を決めました。不動産の売却なんてしたことがないので、どうしたらよいのか全く分からない状態だったのですが、三菱UFJ不動産販売さんは大手なので安心して依頼することができました。インターネットで査定を行ってみましたが、店舗ページを見てみると家の近くに店舗があったので直接話を聞いてみたいなと、店舗に行くことにしました。担当のかたの印象もよく、地域に非常に詳しいようなのでこの人なら任せても良いと思えました。担当のかたが営業を頑張ってくれたおかげで、2か月たたないうちに売ることができ満足しています。」

「千葉県の一軒家に住んでいますが、子どもたちがみんな独立して、夫婦2人で済むには広すぎると感じていました。一軒家の維持や管理も大変なので、エレベーターのある周りに公園も多いマンションに引っ越そうと想いっています。売れる値段によっては引っ越すマンションも変わってくるので、なるべく高くで売りたいなと考えていました。三菱UFJ不動産販売は大手で安心できるだけではなく、周辺の建物がいくらで売り出しているのかがわかるので、相場を知るにはちょうどよいサイトでした。一度店舗に電話してみると、担当のかたの印象もよかったのでここで依頼することにしました。担当のかたが熱心に営業をしてくれたので、相場に近い金額で2か月かからないくらいで買い手がみつかりました。面倒な手続きもすべて担当のかたが行ってくれたので、不動産の売却はこんなに簡単だったんだと驚きました。」

「大阪駅近くのタワーマンションをもっており、6年ほど住んでいましたが今なら高値で売れるという情報を得て売却の検討をしていました。メインバンクの三菱UFJ銀行に相談してみると、三菱UFJ不動産販売を紹介されて、購入価格の6割増しで売れると話してくれました。三菱UFJ銀行とも長い付き合いがあるので、専任媒介契約を結び依頼しました。すぐには売れませんでしたが、希望価格に近い金額で売却できたので、とてもよかったです。」

三菱UFJ不動産販売で売却を依頼する際のステップを解説

実際に三菱UFJ不動産販売で、不動産の売却を依頼する方法をステップに分けてご説明していきます。

ステップ1:売却の相談

まずは売却の目的や理由などから相談をはじめて、引き渡しの条件なども明確に伝えていきます。というのも、目的によっては売買の時期が変わりますし、条件によって購入者の選び方にも違いがあるからです。

また相談の際に、売却にかかる諸経費についても確認しておくと安心です。

収入印紙税や仲介手数料、司法書士や測量作業の費用、譲渡所得にかかる所得税や住民税など税金などの諸経費をしっかりとおさえておくことで、見通しやすくなります。

ステップ2:売却物件の調査と査定

売却の目的や条件をもとに、売却価格を査定するための調査をおこないます。

法務局では権利上や法令上に問題がないかを調べていきます。所有権や土地区画整理区域、日影規制などさまざまなことが分かります。また専門家による建物の調査を行います。近隣の物件価格の調査や周辺環境なども調べ上げた結果を踏まえて、売却物件の査定をおこなっていきます。

ステップ3:媒介契約締結

売却が決まったら、三菱UFJ不動産販売と媒介契約を締結します。

媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

基本的には、どこの不動産に依頼しても同じ契約内容であり、売主がどれかひとつを選ぶことができます。

3つともにメリットもデメリットもあるのですが、それを踏まえて意向に合うものを選んでください。

専属専任媒介契約とは、ひとつのみの不動産に売却を依頼することです。そのため他の不動産に、同じ物件の売却を依頼することができません。また、売主の知り合いで物件が欲しいという人がいたとしても、直接契約することはできず、専属専任の不動産を通して売買しなければならない強い縛りのようなものです。ただ、そのぶん、売却活動の報告義務や契約後にレインズ(不動産流通機構)を登録するなどの義務があるので、早めに売却先が見つかりやすいのです。

専任媒介契約は、専属専任媒介契約とおなじように他の不動産の同じ物件の売却を依頼することができません。

しかし、売主は知り合いなどで物件が欲しいという方を見つけたら直接契約することができます。仲介手数料が不要になります。レインズに登録する義務や売却活動の報告義務はありますが、頻度などの縛りや緩くなっています。

一般媒介契約は、複数の不動産に売りたい物件を依頼することができます。

さらに、売主の知り合いなど直接買主と契約することができるという3つの中ではゆるめの契約です。

ただし、不動産はレインズに物件を登録する義務や報告義務がないので、売主は売却の進捗情報などが入りにくい状況となっています。

3つの中でどの契約が自分にあっているのか、また売りたい物件に合っているのかよく検討して契約するようにしましょう。

ステップ4:売却物件の販売活動

三菱UFJ不動産販売のホームページ『住まい1』への掲載やチラシ配布、住宅情報誌への広告など、たくさんのメディアを駆使して、売却物件の販売活動を行っていきます。

さらにMUFJグループのネットワークにより、社員や三井住友信託銀行のお客様などにも紹介してくれます。銀行では、物件紹介パネルの展示も行ってくれるので、たくさんの人に物件のアピールをすることが可能です。

売却物件と購入希望の条件がマッチした場合は、いち早く紹介します。さらに、スーモやアットホームやオウチーノなどの不動産ポータルサイトへ物件情報を掲載します。

ステップ5:不動産売買契約

買主が決まったら、不動産売買契約を締結します。重要事項(売却物件の取引条件など重要な項目について記載したもの。)の説明をじっくりと行い、納得の上で契約の締結となります。

この時に手付金の受け渡しとなります。手付金の金額も売買契約書に明記されます。

何らかのやむを得ない事情で契約解除となった場合には、決められた期間内であれば手付金の放棄、または倍返しで解約することができます。売主からの解約申し出の場合には、手付金を2倍にして返すのが主流です。

ステップ6:引き渡し前の準備

不動産売買契約を締結後、残代金決済日までに、売主は抵当権抹消登記手続きと引っ越しなどの引き渡し準備が必要となります。準備を怠ると、契約違反や損害賠償に発展する恐れがあるので、しっかりと準備をすることが大切です。三菱UFJ不動産販売では、引っ越しなどの手配や住宅設備修理サポートとなどサービスも充実しているので、担当者に相談しながら円滑にすすめていきましょう。

ステップ7:残代金の受領

融資の実行により、残代金の受領を行って物件の引き渡しとなります。残代金の受領については、登録申請書類の確認、残代金の受領、固定資産税等の清算、関係書類の授受、鍵の受け渡し、諸費用の清算という流れで行っていきます。

専任スタッフのもと、進めていくので安心して大丈夫です。

ステップ8:引き渡し

残代金を受領したら、物件を引き渡して売却が完了となります。

不動産売却時に三菱UFJ不動産販売をおすすめしたい人の特徴

不動産売却を予定しており、三菱UFJ不動産販売に依頼するにぴったりの人の特徴としては次の通りです。

10都道府県内に物件がある人

査定の対応範囲に限りがあるのですが、範囲内であるかたはどなたでもおすすめできます。

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県の10都道府県です。

京都は府内に1店舗のみとなっているので、営業所の場所を先に把握しておくと、実際に依頼するときにも安心です。やはり営業店舗が遠い場所となると、手続きや相談のさいに毎回店舗に足を運ぶことができないケースもあるので、できるだけ近くにあるほうがよいですね。

大手で安心感のある不動産屋に依頼したい人

近年も次から次へと新しい不動産が誕生しています。リノベーション専門の不動産やおしゃれな不動産など、形態はさまざまです。

新しい不動産なので興味本位で相談に行く人も多く、お客さんも多いことが多いようです。

しかし一方で、安心感のある不動産に任せたいと考えるオーナーも多く、大手の不動産に依頼したいと思う人も多いようです。三菱UFJ不動産販売も、大手の会社であり、大手ということから安心して任せることができたという口コミも多くありました。様々なニーズに合わせて、しっかりと対応をしてくださり、豊富な経験を生かして柔軟に対応してくれます。

買い替えなら、三菱UFJ不動産販売経由で購入するのも一つです

不動産の買い替えは、売却だけの場合よりも少し複雑な面をもっています。

  • 家は売れたけど住みたい条件の家が見つからない。
  • 欲しい家を見つけたけど、自宅が売れないので誰かに買われてしまわないか心配。

など、不安や心配がつきものです。タイミングが合わずに、買い替えに失敗するケースも少なくありません。

三菱UFJ不動産販売では、買い替えの流れについても相談することができます。

売却を先に行う『売り先行型』と購入を先に行う『買い先行型』があります。

どちらにもメリットとデメリットの面があるのですが、どちらの場合でもスムーズに買い替えが行えるように、さまざまなサポートがあります。

例えば、売却が遅れて資金が入手できない場合には、つなぎ融資を利用することも想定して資金計画をたてることができます。その際には、リスクもあるので、買い替え特約の条項付き売買契約書の使用をすすめてくれます。

特約の条項とは、物件が契約期日までに希望の価格で売却できなかった場合、または代金を受領できなかったときは契約を白紙にする。との内容を付け加えることです。

特約をつけることで、実際に購入できない場合にはキャンセル料が発生しないので、安心して契約を進めていくことができるのです。

三菱UFJ不動産販売の会社情報

三菱UFJ不動産販売に依頼するにあたり、会社情報や店舗エリアについてもう一度しっかりと確認しておきましょう。

三菱UFJ不動産販売の店舗エリア

首都圏に25センター、名古屋に3センター、関西に6センターあります。

首都圏は東京を中心として丸の内センター・東京中央センター・上野センター・柏センターなど、千葉県や埼玉県や神奈川県に店舗があります。

愛知県名古屋は名古屋市に集中して3店舗営業所があります。

関西では大阪府を中心として京都府に1店舗と兵庫県神戸市に1店舗あります。

三菱UFJ不動産販売の会社概要

MUFJは、三菱UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行と三菱UFJモルガン・スタンレー証券の三つのグループからなっています。このうちの三菱UFJ信託銀行に入っているのが、三菱UFJ不動産販売という不動産部門です。

会社概要についてご紹介します。

  • 本社:東京都千代田区神田神保町2-1岩波神保長ビル
  • 本店:東京都千代田区丸の内1-2-1東京海上日動ビルディング本館地下1階
  • 設立:昭和63年6月14日
  • 資本金:3億円
  • 従業員数:1046人(令和1年9月30日現在)
  • 事業内容:不動産の売買・交換の売買・代理およびこれに付帯・関連する業務
  • 宅建業免許:国土交通大臣(8)第3890号
  • 第2種金融商品取引業登録:関東財務局長(金商)第1515号
  • 加盟団体:不動産協会、不動産流通経営協会、首都圏不動産公正取引協議会、第二種金融商品取引業協会
  • 事業所:首都圏に25センター、名古屋に3センター、関西に6センター

まとめ

三菱UFJグループのひとつである三菱UFJ不動産販売は、大手で大きな安心感のある会社です。依頼できる範囲が限られていますが、条件に合えば査定依頼からでも手軽に相談できるので、検討の材料として活用してみるとよいでしょう。売却に関してのノウハウなども公式サイトで確認することができるので、まずはゆっくりネットで検索してみてください。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンション売却のお悩み

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.