*

一括査定サービス

おうちダイレクト一括査定の評判は悪い?良い?現役営業マン目線から見た次世代ビジネスモデルのメリットと問題点

投稿日:

Yahoo!不動産とソニー不動産が共同開発した「おうちダイレクト」。

これまでの不動産業界にはなかった独自の販売活動で売却をサポートするということですが、実際にどんなビジネスモデルなのか、利用した人はどんな感想を持ったのか気になるところです。

そこで今回は、おうちダイレクト一括査定の評判は悪いのか、次世代型ビジネスモデルのメリットと問題点について紹介します。おうちダイレクトの仕組みが気になる人は必見です!

おうちダイレクトの公式サイトはこちら⇒

もくじ

おうちダイレクト「一括査定」の評判・口コミまとめ

おうちダイレクトは、Yahoo!不動産とソニー不動産が共同で提供している不動産ウェブサービスのひとつです。

2015年にヤフーの宣伝力とソニーのテクノロジーを掛け合わせ、不動産事業を展開しています。

おうちダイレクトには、不動産一括査定サービス(プロフェッショナル売却)と個人掲載型売却サービス(セルフ売却)とがあります。

まずは、プロが売買してくれる不動産一括査定サイトサービスの評判と口コミから紹介します。

おうちダイレクト「一括査定」の悪い評判・口コミ

まずは、おうちダイレクトの一括査定の悪い評判を集めてみました。評判とそのコメントに関する解説を紹介していきます。

・新しいサービスというわりに、他の一括査定と同じ

おうちダイレクトの一括査定サービスは、従来のサービスと同じように、一般ユーザーが不動産情報を入力し、提携している不動産会社から査定結果が送られるというものです。

一見、「どこも似たようなサービスだな」と思ってしまいますが、おうちダイレクト宣伝活動内容や提携会社の種類など、売主側には見えない新しいサービスが提供されています。

・都内でも査定してくれない場所がある

おうちダイレクトの営業エリアは、関東エリアでは、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県、関西エリアでは大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・愛知県、最近は北海道札幌市も営業エリアとして展開されていますが、全国規模に至るまではもう少し時間がかかりそうです。

特に、マンション売却に力を入れており、土地や戸建ての売却はもう少し営業範囲は縮小されています。しかし、サービス開始から少しずつ営業エリアは拡大されているのは事実です。

地方に関しては残念ですが、今後のエリア拡大に期待しましょう。

おうちダイレクト「一括査定」の良い評判・口コミ

続いて、おうちダイレクトの良い評判はあるのか、口コミを探してまとめました。

・他の一括査定サイトよりも査定価格が高く出た
・査定額に近い金額で売却できた

おうちダイレクトには、大手企業や地域密着型の企業など、様々な不動産会社が登録しています。

提携している業者については後で詳しく解説しますが、たくさんの不動産会社から査定してもらうことで、価格を比較し、より売却価格に近い金額を知ることが可能です。

おうちダイレクト「一括査定」の3つの特徴・メリット

以上のような良い口コミが寄せられる理由は、どこにあるのでしょうか。

他の一括査定サービスと比較したときに、おうちダイレクトをおすすめだと思える特徴を3つピックアップしてみました。

1.強みを持った不動産会社が査定に参加

不動産業界には、様々な強みを持った業者が存在します。

不動産会社にもそれぞれ個性があり、マンション売却が得意な会社、土地や戸建て売却が得意な業者、広いネットワークを保持しているフランチャイズ業者など、様々な営業スタイルやカラーがあります。

売却したい不動産の価値を理解してくれる業者に出会うことができれば、それだけ高く売れるチャンスが増えると言えるでしょう。

2.オリジナルの売却活動

早く高く不動産を売るためには、少しでも多くの人に物件情報をみてもらうことが大切です。

ヤフーの巨大なネットワークを活かし、他の不動産会社にはない売却活動が期待できます。

インターネット業界で実績を伸ばしてきたヤフーには巨大な宣伝能力を利用し、より多くの買い手に物件情報をアピールすることが可能です。

3.スマホからでも簡単申込み

査定は、スマホやパソコンから最短1分で申し込むことができます。

入力フォームに不動産情報を入力し査定可能な不動産会社を選択すれば、数日後に不動産会社から連絡がくるシステムです。

査定は、物件所在地や申込者の情報などをプルダウン形式で選択するだけ簡単に申し込むことが可能です。

スマホから、無料で簡単に操作できるので、ぜひ試してみてくださいね。

おうちダイレクト「一括査定」と提携している不動産会社一覧

様々な専門分野を持つ企業が参加していると解説しましたが、具体的にどんな企業が業務提携を結んでいるのでしょうか。

おうちダイレクト提携している不動産会社の特徴を以下にまとめました。

大京穴吹不動産

主にマンション・戸建て売買を行っている会社です。

1979年に創業された老舗の不動産会社で、国内65カ所に営業拠点を設置している大手の企業になります。

大成有楽不動産販売

主に戸建て売買・賃貸管理業、リフォーム事業を展開している会社です。

1989年に設立され、高級戸建て「オーベルコート」を提供している不動産会社になります。

ロイヤルハウジング

主に首都圏のマンション・戸建て売買を行っている会社です。

リゾート開発やインテリア販売、高齢者住宅のあっせんなど、幅広く事業を展開しています。

オークラヤ住宅

主にマンション・戸建て売買を行っている会社で、三菱UFJ銀行と関係を持つ三和グループの銀行系不動産会社です。

首都圏の中古マンション売買を専門にしています。

ポラスグループ

主にマンション・戸建て売買を扱っている会社です。

設計から販売まで自社で行っているため、良質な家を安く売ることをモットーに経営されています。浦和レッズのスポンサー企業です。

ソニー不動産

主に首都圏のマンション・戸建て売買を手掛けているソニーの子会社です。

欧米の不動産売却スタイルに習い、片手仲介で売主の利益を守ることを企業理念としています。

東宝ハウスグループ

主に不動産経営コンサルタント業を行っている会社です。

関東圏の住宅流通を推進しており、不動産売買仲介においては全国11位の実績があります。

大阪宅建協会

主に不動産経営コンサルタント業を行っている団体です。

全国の宅建業者が加入する公益法人全国宅地建物取引業協会連合会の団体組織のひとつです。

国土交通省など政府と連携し、宅建業者の指導や改革を行っている大きな組織となります。

CENTURY21

主に不動産経営コンサルタント業を行っている企業です。

世界的な不動産コンサルティング事業で、国内ではセンチュリージャパンとして東京都港区に本社置き活動しています。

直営店がなく、加盟店へ業務指導を行う組織です。

上記は参加不動産会社の一例です。

上の表をみてわかるように、それぞれ専門としている事業が異なります。

多くの業者へ査定を申し込むことで、売却できるチャンスが広がります。

おうちダイレクト「一括査定」を依頼する方法を写真付きで解説!

続いて、おうちダイレクトの査定を依頼するとどのような流れになるのか、実際の画面を見ながら解説していきます。

1.おうちダイレクト公式サイトにアクセスし、「無料査定スタート」をクリック

はじめに、物件の種類を選択し、大まかな物件の所在地を選択していきます。

入力フォームの下部に対象エリアが記載されていますが、記載以外の住所だと査定を行ってもらえない可能性があるので注意しましょう。

2.売却希望物件情報を入力

売却予定物件の所在地、売主の連絡先を入力してください。番地やマンション名などは直接入力します。

「平日午後」「土日祝の午前」など、連絡可能なおおまかな時間帯を指定可能です。仕事中や外出が多い時間帯などを避けて連絡をもらいましょう。

3.表示された査定会社を選択

ここまで入力してきた情報から、査定可能な不動産会社がいくつかピックアップされてきます。

不動産会社の特徴や強み、所在地なども表示されるため、気になる会社にチェックをいれて査定を申し込んでください。

オーナー登録をすればAIベースの高精度シミュレーションが利用可能に!

マンションの売却を考えている人向けに、ソニーが開発した画期的な査定システム「AIの高精度シミュレーション」が用意されています。

高精度シミュレーションは、AIがマンションの価格を自動で算出してくれるシミュレーションシステムです。

使い方は、一括査定サイトの上部に「知る」という項目があるので、そこをクリックすると高精度シミュレーションに移動します。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

ページではマンションの住所を入力する画面があるので、入力すればAIが「おすすめ売り出し価格」「推定成約価格」が1分で自動算出してくれる仕組みです。

インターネット上で手軽に査定額がわかるので、電話連絡や担当者による訪問もありません。

「査定結果をみたいけど、申し込むまででもない」という場合は、このAIシミュレーションがとても便利です。

ただし、このシミュレーションを利用するには、無料のオーナー登録が必要です。

公式サイトから登録できるので、気になる人はチェックしてみてください。

おうちダイレクト「セルフ売却」の特徴・メリットは?

おうちダイレクト・セルフ売却は、不動産業界のメルカリとも呼ばれているサービスで、手軽に不動産売買ができるという特徴があります。

個人間で不動産売買が行える不動産マッチングシステムで、ユーザーが不動産情報をおうちダイレクトに掲載すれば、その情報をみた買い手希望者が直接売主連絡をくれる仕組みです。

ユーザーには物件情報を入力・編集できる専用のマイページが用意され、物件の写真や希望価格を掲載したりできるほか、物件へのアクセス数を確認、購入希望者への質問に回答、など売却に関する様々な操作ができます。

セルフ売却で販売した場合、個人間の取引となるため、不動産会社に支払う仲介手数料を支払う必要がありません。

自分のペースで売却を進めたい、不動産会社の勧誘を一切受けたくないという場合に利用してみてはいかがでしょうか。

おうちダイレクト「セルフ売却」のデメリット・問題点は?

手軽に利用できることがセルフ売却の大きな特徴ですが、セルフ売却にもデメリットがあります。

プロを頼らない個人間での取引のため、買いたたかれるケースや売却方法がわからず取引成立まで時間がかかってしまうかもしれません。

また、おうちダイレクトプロフェッショナル売却同様、販売エリアが限定されているというデメリットもあります。

そのため、地方にある物件はセルフ売却で販売することも宣伝することもできません。

そのため、「早く売却したい」「田舎の家を処分したい」と考えている人は、セルフ売却ではなく「プロフェッショナル売却」を検討した方がいいでしょう。

おうちダイレクト「セルフ売却」の評判や口コミまとめ

おうちダイレクトのセルフ売却を利用した人は、どのような感想を残しているのでしょうか。

実際に、利用した人の口コミを参考に、セルフ売却の評判をまとめました。

まずは、セルフ売却の良い評判から紹介します。

良い評判

・入力が簡単でわかりやすかった

・すごく綺麗なアピール写真をとってもらえたことが、成約につながったと思う

セルフ売却では、簡単な操作で物件情報の入力ができるようです。不動産売買の知識がなくても、マニュアルに沿って操作すれば、素人でも投稿することができます。

また、セルフ売却はプロカメラマンに撮影を依頼するサービスがあります。

また、「物件情報欄に何を書けばアピールできるのかわからない」という人のために、プロライターに情報をまとめてもらえるサービスも利用可能です。

これらのサービスはすべて無料で行えるという点がとても有難いですね。

反対に、おうちダイレクトの悪い評判もみられました。

悪い評判

・マンション売買に力を入れていて、戸建てはそんなでもない

セルフ売却は、関東エリアの特にマンション売買に力を入れているサービスです。

おうちダイレクトが開始されたのは、2015年の11月となりはじまって間もないサービスになります。

焦らずにおうちダイレクトの今後の展開に期待しましょう。

おうちダイレクト「セルフ売却」を利用する方法を写真つきで解説!

最後に、セルフ売却を利用する方法を画像をみながら紹介していきます。

セルフ売却は都内のマンションしか売却できないうえ、ヤフーにログインが必要になるので、注意してください。

1.ヤフーにログインする

まずは、ヤフーにログインします。ヤフーのユーザー登録は無料で行えるので、アカウントを持っていない人はネット上で申込み、ヤフーIDを発行してもらいましょう。

ログイン後に、マンション入力フォームへ進みます。

2.マンション情報を入力

 

続いて、マンション情報を選択します。

ここで注意したいのが、サイト内に登録されてあるマンション情報を「選ぶ」という点です。

登録されていないマンションは、残念ながら掲載できないため、セルフ売却ではなくプロフェッショナル売却で手続してください。

3.物件情報を記載

売却予定のマンション情報を選択できたら、詳細な物件情報を入力していきます。

所在階や部屋番号、売り出し価格や画像などをひとつずつ入力しましょう。

内見や問い合わせが来た時のために、「コーディネーターへの連絡事項」という任意項目もあります。

スムーズな売却のために、できるだけ空欄を埋めておきましょう。

4.売主情報を入力したら完了

物件情報を入力したら、売主の情報も記載します。

名前や連絡先のほか、運転免許証やパスポートなどの身分証明書のアップロードが必要です。

スマホのカメラで撮影した画像も有効なので、有効期限を確認しアップロードしましょう。

ここまで入力したら、完了となります。

以上が、セルフ売却の手続です。売却可能なマンションは限られているため、情報を掲載できない人は多いかもしれません。

このような場合は、思い切って一括査定サイトへ利用変更するなど、売却スケジュールを上手に切り替えていきましょう。

おうちダイレクトに関するQ&A

最後に、おうちダイレクトに関する細かい質問に回答しておきます。

おうちダイレクト「セルフ売却」のビジネスモデルは?なぜ仲介手数料が無料?

おうちダイレクトのセルフ売却は、売却活動を自分で行う代わりに仲介手数料がかかりません。

その理由は、おうちダイレクトが買い手側から仲介手数料を得ているからです。

引用:『できるだけ高く売却する』新たなマンション売却の選択肢おうちダイレクトのセルフ売却【おうちダイレクト】

売り主は仲介手数料を払っていなくても、買い手側の不動産会社のサポートを受けることができる点が大きなメリットです。

おうちダイレクトはキャンペーンをやっている?

おうちダイレクトの「セルフ売却」は、マンションを売却予定の人でセルフ売却を利用するモニターに申し込むと、2万円のギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

興味のある人は、下記のURLから申し込みフォームを入力して下さい。

モニターキャンペーンのぺージはこちら⇒

おうちダイレクト「セルフ売却」の実績は?

実質不動産会社のサポートを受けずに売却を進める「セルフ売却」ですが、すでに100件以上成約した実績を誇ります。

成約物件の割合は都内の不動産が大半で、もっとも成約件数が多いのが港区です。

不動産の仲介手数料は物件の売買価格×3%+6万円(+消費税)ですから、高給エリアにある不動産の売却ほど、高い仲介手数料を支払う必要があります。

港区の成約実績が多いのは、高額の仲介手数料支払いを避けようとする人が最も多いエリアであるからだと考えられます。

まとめ

ヤフーとソニー不動産が共同開発したおうちダイレクトは、プロフェッショナル売却とセルフ売却の2種類のサービスが提供されています。

2015年に開始されたサービスのため、営業エリアが狭いということ、マンション売却の方に力を入れているということから、利用しにくいと感じる人がいるかもしれません。

しかし、ヤフーの広告宣伝力を利用した独自の宣伝方法と、ソニーのテクノロジーが生んだAI査定など、これまでの不動産会社にはなかった斬新な販売方法が利用可能です。

営業エリアは順次拡大してきているため、現段階でサービスエリアに該当しない人でも、いずれサービスの対象地域に入る可能性があります。

セルフ売却とプロフェッショナル売却の営業エリアは異なり、プロフェッショナル売却の方が一足先に営業エリアを広めています。

セルフ売却で売却活動を行えないときは、プロフェッショナル売却を検討してみてはいかがでしょうか。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-一括査定サービス

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.