*

不動産会社の口コミと評判

エフジェーネクストの売却の評判・口コミをプロ目線でジャッジ!メリット・デメリットや依頼方法も解説

投稿日:

大切な不動産を売却する理由は、相続や転勤などによる引っ越しなど人それぞれです。

でも共通して同じ悩みとなるのが、どこの不動産に売却を依頼したほうがよいのかということ。

選ぶ不動産によって、希望通りの価格で売却できたり、希望通りに時期に売却できたりします。

不動産によっては強い地域もあれマンションや戸建てなど専門の部門もあるので、依頼先を間違えると売却が思ったようにうまくいかなかったということも少なからずあります。

さまざまな不動産で査定し比較するのもよいですし、不動産についてよく下調べをして依頼するのもよいですね。

今回は、エフジェーネクストでの不動産売却に関する情報についてみていきましょう。

「エフジェーネクストに売却を依頼したいけど、どのようなメリットやサービスがある?」

「エフジェーネクストを実際に利用した人の口コミや評判を知りたい!」

「エフジェーネクストで売却と購入の両方がしたい!買い替えはできる?」

など、エフジェーネクストについて疑問や不安の声がネット上でもあがっています。

エフジェーネクストは『ガーラマンションシリーズ』のマンションの企画や販売を行っており、そのほかマンション管理や売買仲介、直接買い取り、一般物件の売買仲介、賃貸なども行っている不動産業でも知名度の高い不動産です。

都心を中心としており、横浜や伊豆でも営業をしています。

一般的な不動産とは少し違って、投資家や資産運用目的で売買したい方向けの不動産であり、投資目的でない人は会社名を知らないという人も多いようです。

しかし、エリア内であれば、他社が販売したマンションの売買仲介も行ってくれますし、他社に比べると買い取り額が満足のいくものであると口コミでも人気となっています。

無料査定から相談することができるので、普通にマンションを売却したいというかたも利用することができます。

不動産の売却をどこに依頼しようか迷っている方や、ガーラマンションシリーズのマンションを売却予定のかた、都心の物件を売却したい方など様々な人の参考になれば幸いです。

また本文に入る前に、不動産の売却を成功させる最も重要なポイントを先にお伝えしておきます。

それは、『まずは必ず所有しているマンションの評価額を、複数の不動産会社に査定依頼する。』ということ。

何も考えずに、近所の不動産会社やCMで見たことのある大手に所有しているマンションの売却を依頼してしまう人は、確実にマンション売却に失敗します。

なぜなら、その不動産会社が出した査定額が本当に妥当なのか、相場価格なのか分からないから。

例えば、不動産会社が2500万円という査定額を出してきたとして、その金額が妥当かどうかは不動産のプロでないあなたには判断がつかないはずです。

本来であれば3000万円で売ることもできたマンションを2500万円で安売りして、知らずのうちに500万円も大損してしまった

1社にだけ所有しているマンションの査定をし、失敗をしてしまう方は非常に多いです。

大切なのは、不動産一括査定サイトなどを活用して、複数の会社の査社を比較すること。

「2500万円」「3000万円」「3200万円」など、複数社の査定額を比較して検討することで相場価格を把握でき、安売りしてしまうリスクを回避できるのです。

NTTデータグループが運営する日本初の一括査定サイト「home4u」を活用すれば、事前の厳しい審査を通過した優良不動産会社にまとめて査定の依頼をかけられます。

スマホやパソコンから簡単に無料で依頼が出来ますし、少しの手間を惜しんで100万円単位の損をしてしまわないよう、必ず1番最初にチェックをしておくことをおすすめします。

不動産一括査定サイトhome4uの公式サイトはこちら⇒

(※home4U以外の不動産一括査定サイトについて知りたい人は、下記の関連記事も合わせて参考にしてみてください。)

関連記事→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

前置きが少し長くなってしまいましたが、重要なことなので先に伝えておきました。

それではここから、エフジェーネクストの売却について詳しく解説をしていきます。

エフジェーネクストの売却はここがすごい!4つの強み

エフジェーネクストに売却を依頼する場合には、次のようなメリットと強みがあります。

投資家向けのサービスが充実しており、販路が豊富である

エフジェーネクストは、一般的な売買仲介に比べるとデベロッパー的な要素が強い会社です。

そのため、投資家には人気の不動産であり、首都圏にマンションを持っていて資産運用したい方にもおすすめの不動産です。

エフジェーネクストは、ガーラマンションシリーズのマンションの売買仲介以外にも、賃貸や他社マンションの売買仲介なども行っています。

投資家向けにも物件の販売や仲介をしており、ワンルームマンションをはじめ2LDKのマンションまで様々なタイプを取り扱っています。

ガーラマンションシリーズの管理業務も行っているので、買主も安心感が大きく人気を高めています。

収益不動産のノウハウが充実している

エフジェーネクストは、都市部を中心とした収益不動産を取り扱っています。

都内を走っていると『ガーラ』というブランドのマンションを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

マンションの収益性については、一般的な不動産よりも豊富な知識と経験を積んできています。

そのため、収益の相談をすると、どうすれば魅力が高まるのか、買い手が付きやすくなるのかなど、適切なアドバイスをしてくれることが期待できます。

リフォームの相談や販売活動の相談などもすることができます。

アフターサポートが充実

口コミやネットサイトを見てみると、アフターサポートが充実していてよかったという情報が多くあります。

具体的な内容は公式サイトでも乗っていないのですが、譲渡所得税の発生の有無や税額のシミュレーションなどを行ってくれます。

マンションの売却後で苦労する税金問題も、税理士の紹介などからしっかりとサポートしてくれるのです。

伝統的営業戦略

デメリットとしてよく取り上げられているのは、エフジェーネクストの電話セールス。

ただこれは、企業としてのひとつの武器であり、今までの営業ではどこの会社も電話が主流。

有益性は昔と変わらず、営業力が問われるのですが、営業マンにも豊富な知識や技能が揃っているので、よい取引につながることも少なくありません。

近年はメールやSNSでの連絡となる不動産も多いのですが、電話で直接話したいオーナーにはおすすめです。

エフジェーネクストの売却を依頼するなら気を付けたい2つのデメリット・注意点

エフジェーネクストに売却を依頼する場合には、次の点に注意してください。

電話セールスが多い

近年の不動産業者と売主のやり取りは電話以外にもインターネットやSNS、LINEなどを使用して連絡を取り合う時代になってきました。

しかし、直接話さないからこそ、発生するトラブルもあります。

エフジェーネクストは強引な電話セールスでアポ取りをしてくると、口コミでも評判となっています。

もちろん、しつこいなど悪い面も持っていますが、知名度が高まり、検索率が高まっているのも現状です。

電話でのしつこいセールスが苦手な方、電話で話すのが苦手な方は、取引の前にしっかりと伝えておくとよいでしょう。

エリア外は取引できない

エフジェーネクストは主に、東京の首都圏、横浜や伊豆周辺の物件を取り扱っています。

そのため、上記以外のエリアの物件については、査定も相談もできないと考えたほうがよいです。

資産運用の高い土地や一般住宅であれば売買取引や買い取りなどを勧めてくれますが、資産運用の低い不動産の場合には、対応できないとされることもあるので、エリア内だとしても一度相談して、取引可能かどうかの段階から進めていきましょう。

エフジェーネクストに売却を依頼した人のネガティブな評判・口コミまとめ

実際にエフジェーネクストに売却を依頼した人や査定した人の口コミをまとめました。

良い意見がとても多く、希望通りにできなかったなどネガティブな内容がとても少なかったです。

どちらも参考になるものなので、ピックアップしてご紹介していきます。

●「エフジェーネクストは投資家向けの不動産のような気がします。

一般的な家やマンションを売る相談をしたのですが、最寄り駅からの距離やアクセスを重視しているようで、他社の査定に比べると、見方が違うように感じました。

周辺環境や立地も人気の場所だったので、もう少し評価してもらえるとうれしかったです。

不動産を完全に資産として考えている場合には依頼するのに向いているかもしれませんが、一般的な買い替えや売却にはあまりおすすめできません。」

●「都心のマンションに強いという話を聞いていたので、マンションの売買仲介をお願いしました。

ただ、仲介をメインでやっている会社ではないので、サポート内容が他社に比べると不足しているような気がしましたね。

ポータル掲載などをやってはくれていましたが、あまり問い合わせはなく時間はすぎる一方でした。

結局、直接買い取りにして、すぐに買い取ってもらいましたが、その価格については満足しています。」

エフジェーネクストに売却を依頼した人のポジティブな評判・口コミまとめ

エフジェーネクストに実際に売却を依頼した人の良い口コミをピックアップしてまとめました。

●「首都圏内のマンションを売却しようと思っており、数社に査定の依頼をお願いしました。

ガーラマンションシリーズではなかったのですが、首都圏内では査定が高めという情報を知人に聞き、エフジェーネクストにも依頼しました。

他社に比べると買い取り額が一番高く、購入時の書類を見てみると、購入金額と同じくらいの価格で買い取ってくれることが分かって、大喜びでした。

とても満足しています。」

●「エフジェーネクストさんを含めて、複数の不動産に訪問し相談してきました。

都内のマンションで、転勤のため売却することになり、県外に出るのでアフターフォローなども重視していました。

エフジェーネクストさんは、丁寧な説明が印象的で、こちらに任せることにしました。

話をよく聞いてみると、売却後のアフターサポートや修理の対応なども丁寧に教えてくださり、任せてよかったと思います。」

●「長年住んでいた都心のマンションを引っ越すために売却したく、エフジェーネクストにお願いしました。

営業担当のかたは、大手のエリートという感じで、スピーディに話を進めてくれますし、質問も的確に答えてくれるのでとても頼りがいがありました。

査定額も納得のいく価格で、適切な評価がとてもよかったです。

他にもいくつか不動産会社に査定依頼をしたのですが、建物が古いということで、かなり安い金額で査定されました。

仲介でマンションの売却を考えていたのですが、結局は直接買取でエフジェーネクストさんに買い取ってもらうことになりました。

買取価格も納得のいくものでしたし、何より直接買取になることで仲介料が要りませんでした。

そして、仲介による宣伝や内覧、オープンハウスなどがないので、気楽に売却できたのがメリットでした。

仲介の場合には、本当に売れるのか不安な気持ちを持ちながら待たなければなりませんし、売れたとしてもそれからやることがたくさんあります。

売却後も不安な気持ちを抱えることなく、とてもよかったです。

その後、資産運用にも興味を持つようになり、エフジェーネクストさんで行っている勉強会にも参加しました。

最初は売却のことが知りたくてセミナーに参加したのですが、これが投資についてのセミナーで勉強するうちにとても興味が出てきました。

これからの人生、投資や自分の年金についても考えていかなければならない、遺産運用のマンションで備えることも大切だと知りました。

いろいろな面で、とても影響を受けた売買取引でした。」


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

エフジェーネクストで売却を依頼する際のステップを解説

実際にエフジェーネクストに不動産の売却を依頼する方法をステップに分けて簡潔に紹介していきます。

今回は、詳しく記載のある伊豆高原支店の公式サイトよりご説明します。

ステップ1:査定依頼

まずはホームページの「売却物件情報入力画面」から無料査定の依頼をすることができます。

こちらのページから利用できます。

伊豆・熱海・伊藤地域の物件のみ対応です。

他地域は本店、または横浜店に問い合わせください。

無料で査定でき、査定したからといってこちらで売却をしなければならないということはないので、気軽に利用することができます。

不動産の今までの売買取引事例や、過去の取引、周辺の環境などから簡単に査定額を提示してくれます。

売却時にかかる費用なども説明してくれるのですが、手取り金額は売買価格から諸費用を差し引いたものとなります。

諸費用には、仲介手数料、登記費用、その他印紙代、税金や引っ越し費用、クリーニング費用などがあります。

相談の際に、自宅のローン残額がある場合にはあらかじめ把握し伝えることが大切です。

ステップ2:査定

次に、訪問査定として、エフジェーネクストの担当者が売主の資産を査定します。

実際に物件に入るので、別荘の場合や住んでいない場合には、立ち会う必要がもしくはカギを渡すなどいくつかの方法から内覧できるように手配する必要があります。

簡易の査定で納得がいくのであれば、そのまま媒介契約になることもありますが、基本的には内覧することを覚えておきましょう。

住んでいる場合には、簡単で良いので片付けを行い、不具合など知っている点があれば、先に伝えておくと契約のトラブル回避につながります。

ステップ3:媒介契約

査定価格に合意したら、正式に売却活動を依頼していくために、売主とエフジェーネクストの間で売買契約を締結します。

宅地建物取引業で定められた媒介契約です。

一般的な媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

個人の場合も法人の場合も基本的な内容はあまり変わりませんし、売主がどれかひとつを選ぶことができます。

専属専任媒介契約とは、ひとつのみの不動産に売却を依頼することです。

そのため他の不動産に、同じ物件の売却を依頼することができません。

また、売主の知り合いで物件が欲しいという人がいたとしても、直接契約することはできず、専属専任の不動産を通して売買しなければならない強い縛りのようなものです。

ただ、そのぶん、売却活動の報告義務や契約後にレインズ(不動産流通機構)を登録するなどの義務があるので、早めに売却先が見つかりやすいのです。

専任媒介契約は、専属専任媒介契約とおなじように他の不動産の同じ物件の売却を依頼することができません。

しかし、売主は知り合いなどで物件が欲しいという方を見つけたら直接契約することができます。

仲介手数料が不要になるのです。

レインズに登録する義務や売却活動の報告義務はありますが、頻度などの縛りや緩くなっています。

一般媒介契約は、複数の不動産に売りたい物件を依頼することができます。

さらに、売主の知り合いなど直接買主と契約することができるという3つの中ではゆるめの契約です。

ただし、不動産はレインズに物件を登録する義務や報告義務がないので、売主は売却の進捗情報などが入りにくい状況となっています。

3つの中で、どの契約が自分にあっているのか、また売りたい物件に合っているのかよく検討して契約するようにしましょう。

この段階で、「物件状況等報告書」と「設備表」の記入を売主自身が記入します。

この2点は売却物件や付帯設備の状況について、買主に説明するための書類で、売買契約書にも添付される大切な書類のためしっかりと調べて記入します。

媒介契約に基づく業務としては、物件調査(基礎的調査)と価値査定、媒介契約の締結と書面の交付、物件状況等報告書と設備表の作成のお手伝い、購入希望者の募集、購入希望者との交渉、売買契約の締結と書面の交付、決済や引き渡し等のお手伝いを一連の流れとしています。

媒介契約後に発生する、内容の変更や解約については一切の費用は発生しないので安心してください。

ステップ4:集客・販売

媒介契約後、売却活動として集客と販売の活動を行っていきます。

まずはエフジェーネクストグループの販売ノウハウを駆使して販売活動を行っていきます。

グループ企業に購入希望者がいないか募る、ホームページへの掲載、現地広告、ウェブ広告、媒体広告と集客に効果的なさまざまな広告活動を行います。

不動産ポータルサイトにも掲載されるので、全国各地の人が物件情報を見ることができるようになります。

ステップ5:商談・申し込み

購入希望者がいた場合には、内覧のため一度物件を訪れることがあります。

案内の後、購入の意志が固まったさいには、購入者に「購入申込書」を書いてもらい、売主に届く流れになっています。

おおまかな希望価格や引き渡し時期なども伝えてくれますが、契約ではないので、まだ金額や日時が変更となることがあります。

売主に「売り渡し承諾書」に署名捺印をした後に、今度は買主と契約の調整などを行っていきます。

ステップ6:契約

購入希望者と契約条件を調整し、合意のもとで売買契約を結びます。

売買契約が締結されると、契約書に記載された条文に基づいて、売主と買主の双方の権利や義務を執行することになります。

不動産売買契約とは、売却する不動産の現状を説明する『物件状況等報告書』と『付帯設備表』を作成します。

物件に付帯する設備の故障の有無、残していくものと持っていくものを明確にするためのものです。

後々のトラブルを防ぐためにも、きちんと確認したうえで記入していきましょう。

売買契約の前に重要事項説明は必ず行うようにと、宅地建物取引業で定められています。

宅地建物取引士が記名捺印した重要事項説明書を交付し、説明を行います。

契約条件や物件について、特に重要な事項の説明となるので、不明な点などはしっかりと理解できるように質問していきましょう。

重要事項説明では瑕疵担保責任についても説明があります。

瑕疵担保責任とは、売却物件について隠れた瑕疵(不具合や欠陥など)があった場合、売主が買主に対して負う責任のことを言います。

ここでの瑕疵とは、雨漏りやシロアリの害、建物構造上主要な部位の腐食、給排水管の故障を指しています。

売買契約書には、引き渡し日から3か月以内に瑕疵が明らかになった場合、買主は売主に対して修復の請求をすることができるということも記載されています。

その後売買契約締結時に手付金をもらい、契約の締結となります。

ステップ7:引渡しおよび決済

契約より、手続きを踏んで1か月から2か月の期間を経て、引き渡しと残金の支払いを行います。

実際の取引に発生する諸手続きや諸費用については、丁寧に随時売主側にも案内があるので、安心して任せておきましょう。

不動産売却時にエフジェーネクストをおすすめしたい人の特徴

不動産の売却を依頼するときにエフジェーネクストがぴったりだという人の特徴をご紹介します。

首都圏の不動産を売却したいかた

エフジェーネクストは、都心エリアを中心に東京23区、横浜市、川崎市において資産運用型マンションを企画しています。

そのため、このエリアに物件をもっており売却した方は、良い価格で買い取ってくれる可能性もありますし、仲介として売買契約を行ってくれることもあります。

伊豆方面に不動産をもっているかた

伊豆方面に別荘や土地、不動産をもっているかたもおすすめです。

エフジェーネクストのグループ企業ではリゾート事業も行っていますし、伊豆での海と空と緑に囲まれた暮らしのすばらしさを伝えるために、伊豆に支店を置いているため不動産取引をすることが可能です。

価格査定から行っており、ガーラ・スクエア伊豆高原という駅前の暮らしやすい街区も開発しています。

ガーラマンションシリーズを売却するかた

ガーラマンションシリーズの売却の際には、エフジェーネクストが一番です。

他社よりも、物件について詳細を知っているので、細かな説明もいりませんし、査定価格も満足のいくものを提示してくれると口コミでも紹介されています。

もちろん他社も数件査定依頼をしてもよいと思いますが、エフジェーネクストを外さないようにしてくださいね!

買い替えなら、エフジェーネクスト経由で購入するのも一つです

エフジェーネクストで購入と売却を行ういわゆる『買い替え』についてです。

Aの不動産で物件を購入し、Bの不動産で物件を売買するように、購入と売却を別の不動産でする方もいますが、一か所の不動産で売却と購入、どちらも行うことでメリットはあります。

買い替えは、売却のみと比べると少し複雑な面をもっており、下記のような不安を抱えてしまいがちです。

  • 家は売れたけど住みたい条件の家が見つからない。
  • 欲しい家を見つけたけど、自宅が売れないので誰かに買われてしまわないか心配。

など、スムーズに買い替えができず失敗するケースもあるようです。

エフジェーネクストでは、買い替えについてのサービスは充実していませんが、例えば首都圏のマンションを売却し、ガーラマンションシリーズのマンションを購入する場合などは利用するとメリットがあります。

自社で買い取りも行っているので、対象であれば見積額が分かり次の住まい探しの見通しがしやすくなります。

ガーラマンションシリーズのマンションも多く販売しており、また新築も分譲しているため、営業担当のかたも一生懸命対応してくれる可能性が高いでしょう。

エフジェーネクストの会社情報

エフジェーネクストの店舗エリアと会社概要をご紹介します。

エフジェーネクストの店舗エリア

エフジェーネクストは本店を入れて店舗数が3店舗のみととても少ない会社です。

本店は東京にあり、下記の会社概要で住所の説明があります。

そのほか、横浜に営業所が1店舗、静岡の伊豆高原に支店を1店舗構えています。

不動産の仲介や売買、グループ企業では賃貸業も行っていますが、首都圏エリアで仲介業者としてよりも、デベロッパーとして事業を展開しているイメージが強く、一般的にはあまりなじみの少ない会社のひとつです。

賃貸として相談しに行くにも店舗数が少ないので、相談に行けるエリアは限られてきます。

エフジェーネクストの会社概要

エフジェーネクストは、『ガーラマンションシリーズ』を通じて単身者の生活を支える良質な住空間、そして収益性の高い資産の提供、地域や社会と一体となり都市住空間の創造の一端を担うという社会的な意義のもと、持続的な成長を遂げてきました。

4つのJ(Four J`s)から社名をエフジェーとしています。

4つのJとは、ジャパンネクスト、ジャスティス、ジャッジメント、ジョブのJからきています。

日本の次世代が求める都市生活の創造、法令遵守経営に努める、時代に即した迅速な意思決定、社員が自己実現していく職場環境の追求の4つの意味を決意として掲げている会社です。

会社概要は以下の通りです。

●商号:株式会社エフ・ジェー・ネクスト

●設立:1980年7月

●資本金:27億円7,440万円

●代表者:代表取締役社長 肥田幸春

●所在地:本社 東京都新宿区西新宿6丁目5番1号新宿アイランドタワー11階

●電話番号:03-6733-1111

●ファックス番号:03-6733-2888

●事業内容:不動産の企画開発、売買、仲介

●従業員数:単体で315名、連結で490名(2019年3月31日現在)

●グループ企業:FJコミュニティ(不動産の賃貸管理・建物の総合管理・損害保険代理店業)

株式会社レジテックコーポレーション(建築土木の設計、施工、請負・建築工事のマネジメントおよびコンサルティング業務・不動産の売買・仲介)

FJリゾートマネジメント(旅館業、飲食店業)

アライドライフ(融資等金融サービス業)

●免許番号:宅地建物取引業、 国土交通大臣(5)第5806号

●加盟団体:一般社団法人全国住宅産業協会・公益社団法人全日本不動産協会・公益社団法人不動産保証協会・首都圏中高層住宅協会・国土交通大臣指定公益財団法人東日本不動産流通機構

まとめ

エフジェーネクストは都心の「ガーラマンションシリーズ」のマンションを中心に、一般的な不動産まで売買仲介や買い取りを行っている会社です。

伊豆の物件も取り扱いしているので、エリア内の売却を予定している方にはおすすめしたい不動産であり、なおかつ資産運用や投資目的があるかたにもおすすめの不動産です。

店舗は少ないのですが、まずは電話相談から行ってみてください。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-不動産会社の口コミと評判

Copyright© , 2020 AllRights Reserved.