*

マンション売却のお悩み

マンションを早く売りたい!早く売却をするための4つのポイント

更新日:

マンションを早く売りたい場合はどうしたらいい?

PAK75_dashsuru220140823111434-thumb-autox1600-12444 (1)

急な転勤や、離婚、親の遺産相続、または急に現金が必要になった…。さまざまな事情からマンションをできるだけ早く売却したい、ということがあります。

しかし、マンションを売りに出しても、いつ買主が現れるかは誰にも分かりません。こんな時に確実に早く売却するには、どうしたらいいのでしょうか?

解決法は、2つ考えられます。

  1. 価格をある程度下げて売却すること
  2. 不動産会社に買い取ってもらう方法

今回は、この2つの方法を詳しく説明していきます。ご事情によりマンションを早く売却したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.マンションを早く売るには、売却金額が低くなる可能性もある

不動産会社に売却を依頼すると、まず所有しているマンションの価値を査定します。この査定額は、実は3カ月以内に売却できると思われる金額なのです。

一般的にマンションが売却できる期間も、平均して3カ月ほどだと言われていますが、状況によっては、売却に3カ月もの期間を掛けていられないケースもあります

参考→マンション売却にかかる期間って?売れるまでの平均は3ヶ月!?

早く確実にマンションを売却するには、金額面での妥協がある程度必要になってきます。相場価格で売却に出して、1カ月程で売却できるケースも確かにありますが、半年、1年と売却ができない可能性もあります。売却に至る条件はただ1つ。

たった1人の購入希望者が現れることです。その購入希望者が現れる可能性を上げていく作業がマンションの売却活動なのです。

  • 広告活動で広く物件を周知させることで、購入希望者の目に触れる可能性を上げる。
  • 価格を安く設定することは、周辺のライバル物件と差別化することでお得感を出し、物件自体を魅力的にする。

この2つを行うことで、購入希望者が現れる可能性を上げていくことができます。

マイソクの配布や、スーモアットホームなどインターネット広告での露出で広告活動を行うと、広く物件を周知することができます。

参考→マイソクとは?マンション売却で差がつく高く売る為のマイソク術

しかし、どんなに腕の立つ営業マンが売却活動をしたとしても、やはり条件に見合った価格より安い物件にはかないません。事情により早く売却しなければならない場合には、ある程度価格を下げる必要があると言えます。

 

2.マンションを早く売りたい場合は不動産会社に直接売るという選択肢

mansyontyokusetu

価格を安く設定することは、購入希望者が現れる可能性を高めるものではありますが、どんなに安く設定しても希望の期間で100%売却できるとは限りません。

「この日までに売却しなければならない」という日が1カ月後に控えている。こんな場合には、不動産会社にマンションを直接買い取ってもらう選択がいいかもしれません。

参考→マンション売却をしたい!不動産業者に直接売ることもできる?

不動産会社は基本的には、買主を見つけて来てくれるもの。いわゆる仲介業を主な事業としています。

しかし、不動産会社の中には買い取り事業もおこなっている会社があります。物件を買い取って自社などでリノベーションし、買い取り価格より高い金額で再販することで利益を得ている会社です。

不動産会社による買い取りのメリット、デメリットは次の通りー。

  • 売主との合意ができれば即刻売買契約できます
  • 内見対応など正直面倒だと思うこともせずに売却が可能
  • リノベーションすることを前提としていますから、基本的に軽微な傷や痛みなどを気にする必要もありません

しかし、ただ1つ大きなデメリットもあります。

  • 不動産会社によって様々ですが、一般的に相場価格より2~3割安い金額での取り引きとなります。

不動産会社にとっては再販することで利益を出すのが目的ですから、相場価格で買い取ることはできないものです。不動産会社による買い取りは、タイムリミットが迫ってしまった時の最終手段という位置づけにし、まずは一般の買主に売却できるよう尽力するのがご自身にとって有益だと言えます。

 

3.相場よりも価格を低めに設定して早く売るという選択肢

少しでも時間に猶予がある場合には、不動産会社に買い取ってもらう選択をする前に、一般的な方法で売却活動をしてみましょう。売却しなければならない期限にもよりますが、まずは相場価格より1割程下げて売り出すのがいいでしょう。

厳密に1割である必要はありません。金額設定は、「4,800万円のところを4,480万円」「3,200万円のところを2,980万円」など、価格帯を変えることも早期売却には有効です。

「この物件が3,000万円切っている!」などの印象を与えるのが重要なのです。1割も安く設定すれば、早く売却できる可能性は高いです。

しかし、あくまでも可能性の問題でもあります。

売却に至らない場合は、タイムリミットに応じて価格を下げる必要もあるでしょう。もしくは、最終的には不動産会社に買い取ってもらうのがいいこともあります。

どちらにせよ、時間が無い中でも少しでも高額で売却するには、一度市場に出して売却活動をするのがいいでしょう。

 

4.マンションを早く売りたい場合は多くの不動産会社に依頼をして営業をしてもらおう

dairiteneigyou


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

あらかじめ価格をある程度下げる場合、専任媒介や専属専任媒介にして1社のみに売却活動をしてもらうのはもったいないことです。価格が安いということは、ライバル物件と比べて大変魅力的な物件。少しでも多くの人の目に触れさせるために、一般媒介にして多くの不動産会社に売却活動を依頼しましょう。

参考→マンションを売る時の一般媒介のメリットとデメリット

1社に依頼するということは、不動産会社にとって独占物件になるということです。

独占物件だということは、売却さえすれば仲介手数料をもらえるのが決まったようなもの。売却活動にはより積極的になり、お金を掛けた大規模な広告活動をしてもらえるでしょう。それが専任・専属媒介のメリットでもあります。

しかし、早期売却を目指し、相場より安い価格で売却する場合には、複数の不動産会社に依頼するメリットの方が大きいと考えられます。

その理由は以下の2つです。

① 大規模な広告活動より紹介数が大事

お金を掛けた大規模な広告活動をしてもらうのは、早期売却に有効であるように思えますが、今や買い手による物件検索は不動産情報サイトによるものが主流。新聞折り込みチラシや雑誌など、アナログなもので広告活動をすることが有効だとされていましたが、それも昔の話。

買い手は自身で簡単に物件を検索できる時代ですから、大規模な広告活動をしてもらうメリットは少なくなりつつあります。

なにより価格が安い物件ともなれば、お金を掛けた広告をするより効果があるのは、不動産会社の既存顧客にどれだけ紹介することができるか。既存顧客であれば1人1人のニーズがわかっているわけですから、よりターゲットを絞った売却活動をすることができるのです。

物件自体に魅力があるのですから、誰が見るとも知れない広告活動をするより、買う見込みのある人に直接紹介するのが有効だということです。

そして、複数の不動産会社の既存顧客に紹介することができれば、売却できる可能性は更に高まります。

 

相場価格より安い物件は独占物件でなくとも売却に積極的になる

基本的に、専任・専属媒介を締結した方が、不動産会社に積極的に売却活動をしてもらえるものです。需要が低く売りにくい物件だとしても、それは同じです。

売りにくい物件は、売却期間が長期になることが予想され、余計に広告費や人件費がかかるもの。不動産会社としては、短期間で売却できる物件を望むのが本音です。

しかし、専任・専属媒介を締結したら自社で売却するしかありませんし、売却さえできれば仲介手数料がもらえる保証があるわけですから、どんなに売りにくい物件だとしても売却活動には積極的になります。

一方、相場価格より安い物件であれば、売れ筋物件であることはどこの不動産会社にとっても変わりません。

たとえ一般媒介で複数社が売却活動をしていても、一番先に購入希望者を見つけられれば仲介手数料をもらえます。

広告費をあまり掛けることなく、短期間で売却できる見込みがありますから、不動産会社は紹介に積極的になるでしょう。つまり、需要が低い物件では、どんな物件でも積極的に売却活動をおこなってくれる専属・専任媒介が有効ですが、価格が安く需要が高いと思われる物件は、専属・専任媒介で1社に売却を依頼する必要が無いということです。

以上の2つのことから、相場より安い価格の物件は、専属・専任媒介のメリットが活かされないと言えます。需要の高い物件は、不動産会社にとっては喉から手が出るほど欲しいもの。それは、売却できる可能性が高いからです。

多くの不動産会社が積極的に売却活動をしてくれれば、1社による売却活動より売却の可能性が高まるのは容易に想像がつきますよね。

 

一括査定サイトを利用して多くの不動産会社に営業をしてもらう

ikkatsusateinet

売却をするには、まずは不動産会社に査定をしてもらうことから始めましょう。査定額には各社差が生じるもの。不動産会社によっては同じ物件でも数百万円の差が出ることも珍しくはありません。

複数社に査定してもらうことで、正確な査定額を知ることができます。価格を下げて売却するとしても、正確な査定額を知ることで始めて価格設定できるものです。

そして、不動産会社に買い取ってもらう場合でも、買い取り額を比較するのは少しでも高額で売却するためには必要なことです。どちらにせよ、複数社に査定依頼をすることから始めましょう。

とはいえ、複数社にそれぞれ連絡して査定を依頼するのは時間が掛かること。そんな時におすすめなのが、一括査定サイトを活用することです。

参考→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

例えば、一括査定サイトの中でも業界最大手と言われるhome4uは、簡単な入力で一度に6社にまで査定依頼することができます。本来であれば数日掛かるような作業も、自宅にいながらわずか数分でできるのです。

そして、運営会社はNTTグループ。利用者は年間400万人、査定実績は20万件にも及ぶ、安心と実績を兼ね揃えているサイトです。不動産会社による買い取りの見積もりにも対応しており、ご自身にあった査定を依頼することができます。

時間がないとはいえ少しでも高額で売却するために、このようなサイトを活用してスムーズに売却活動をスタートさせましょう。

 

マンションを早く売りたいまとめ

matome3

マンションを早く売却したい場合には、価格面で妥協する必要があります。

時間がない中、少しでも高額で売却できる方法は、市場に出して一般の方に買ってもらうことです。その際にも相場価格より価格を下げることで、早期売却できる可能性を高める必要があるでしょう。

一刻の猶予もない、もしくは期限内に一般の方に買ってもらうことができなかった場合には、不動産会社に直接買い取ってもらう選択肢もあります。ただ、買い取りの場合には一般の人に買ってもらうより価格が安くなるでしょうから、その点は注意が必要です。

時間がない時の売却でも、不動産会社の選定は慎重におこなうべきです。

マンション売る.jpではマンション売却に関するノウハウを総合的に解説していますが、やはり、不動産の事はプロに任せるのが一番です。

まず、先述の通り、一括査定サイト等を利用し、良い不動産会社を選定し、いち早いマンション売却を目指して下さい。

 



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンション売却のお悩み

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.