*

マンション売却のお悩み

マンション売却をする前のフローリングや床の傷について

更新日:

マンションを売る時に床やフローリングについた傷は治した方がいい?

 

住んで年数が長ければ長いほど、床やフローリングの傷は増えていきますよね。お子さんがいたり、ペットを飼われていると、かなり目立つ傷が付いたりもします。どんなに綺麗にマンションに住んでいても、築年数が経てば並行してマンションの傷は増えていくものです。

そんなマンションの床やフローリングの傷。『マンションを売ろう!』と思ったとき、売主は治す必要があるのでしょうか?

基本的にはそのままで大丈夫ですが、中にはフローリングの傷も売主が治した方がいい場合もあります。

今回は、マンションを売る時の床やフローリングについて説明をしていきます。

 

マンションを売る時に床の張替は必要?

 

床やフローリングの傷を治す方法として考えられるのは、部分的な修繕張替えです。

傷の程度やお願いする業者によって幅があるでしょうが、部分的な修繕だと数万円程、張替えだと少なく見積もっても数十万円は掛かる計算になります。修繕ならともかく、フローリングや床全体の張替えともなると、家具をどかしたりお金も掛かったりかなり負担がかかる作業となります。しかし、床やフローリングに気になる傷があった場合でも、張替えまではしなくて良い場合が多いでしょう。

もちろん買主からしたら傷のある床より、新品の床がいいに決まっていますが、張替えに掛かった費用を売却価格に上乗せできるかといえば、それは難しいです。

床が新品であろうが、必ずしもマンションの査定額に影響が出るとは言えないのです。

参考→マンションはリノベーション(改修)してから売る方がいい?

また、買主にとっても、張替え費用を上乗せされるより、自分で好きな床材を選んだり、部分的に修繕できる方がメリットと言えます。よって、売却前に床の張替えまでする必要は無いでしょう。

 

修繕したほうが良いケースとそのままの方が良いケース

 

張替えは費用も掛かりますし、売主買主双方のためにもしないほうが得策と言えます。しかし、部分的な修繕はどうでしょう?

部分的な修繕をした方が良いケース


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

築年数が浅いにも関わらず、生活に支障をきたす傷がある場合、例えば穴が空いていたり、つまづきそうな段差が生じている場合などには部分的な修繕をした方が良いケースもあります。「築年数が浅い物件にもかかわらず」という前置きをしたのは、基本的に築年数の浅い物件を求めている買主は、リノベーションすることを考えている方はあまりいないからです。

築年数の浅い物件は、リノベーション費用がかからずそのまま住めることがメリットの1つでもあります。築年数が浅いにも関わらず、修善にお金が掛かる物件は、なかなか買い手が付かないことにも、なりかねないのです。この際も、床一面を張り替える必要はないので、部分的に修繕すれば十分だといえます。

部分的な修繕も必要ないケース

一方、築年数が古い物件は、たとえ生活に支障をきたす傷があった場合でも修繕するのはやめましょう。築年数が古い物件の買主は、購入後自分でリノベーションを考えている場合が多いからです。買主が床を含めてリノベーションするのでしたら、修繕は意味がないですからね。

 

自己判断をせずに不動産会社と相談するのが一番

 

基本的に床の張替えまではしなくてはいいですが、修繕をする前に1度不動産会社に相談されることをオススメします。

当サイト、マンション売る.jpでは、マンションの売り方や流れは説明していますが、物件の状況や、傷の程度を実際に不動産業者に見てもらい、不動産のプロの意見を聞いてみるのが1番です。

また、修繕をせず売りに出してみて、買主の反応を見るのも1つの手です。売れなかった場合、売れないのは床やフローリングの傷のせいだと判断されてから修繕するのも良いかもしれません。

この場合も、自分で判断はせず不動産会社の意見を参考にされるのが良いでしょう。

参考→マンションを売る時の不動産会社の選び方ーおすすめ4つのポイント

 

傷の程度を見てもらうことも兼ねて不動産会社に査定依頼しよう!

 

床やフローリングの傷は、不動産会社に査定を依頼した際に見てもらいましょう。不動産会社は、傷なども含め、相対的にマンションの査定をしてくれます。この時に、売主自身が傷を修繕する必要があるかも併せてアドバイスしてくれるでしょう。

査定を依頼する方法ですが、便利な一括査定サイトを活用するのがオススメです。傷に対する見解も不動産会社によって様々でしょうから、たくさんの意見を聞くことが重要です。

一括査定サイトなら、一括で複数社に査定依頼をできますから、売却にあたり気になる事がある方にはうってつけの方法です。

参考→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

 

マンション売却をする前のフローリングや床の傷についてまとめ

 

今回は、マンション売却時の床やフローリングの傷の修復について説明しました。結論は、お金と手間がかかる張替えまでは、しなくてはいい、ということ。修繕も売主負担になることはありますが、まずは不動産会社の意見を聞くことが重要という事です。

また、修繕するにしてもしないにしても、床やフローリングを綺麗に清潔にしておく事は非常に大切なことです。多少の傷は、ワックスだけでも目立たなくなるものです。内見の際、買主の購入の後押しとなるよう、ぜひ掃除は徹底して下さいね。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンション売却のお悩み

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.