*

特徴別マンション売却方法

遠方にあるマンションを売る時にはどうやって売却するのがスムーズ?

更新日:

遠方にあるマンションを売る方法

 

不動産売却は、必ずしも居住している物件ばかりを対象にしているわけではありません。例えば、遠方のマンションを相続して所有している場合もあります。このマンションを売却したいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょう。

基本的にはマンションを売る場合、所有者であるご自身が現地に赴き、不動産会社との媒介契約や買主との売買契約を締結しなければなりません。

しかし、遠方であればしょっちゅう現地におもむくことは難しい場合もあるでしょう。今回は、遠方のマンションを売却する方法と注意点を説明します。

 

マンションが遠い場所にあるときの不動産会社の選び方

 

遠方のマンションを売る時は、ご自宅の近くの不動産会社ではなく、マンションのある地域を得意としている不動産会社に売却を依頼しましょう。

不動産会社とは、基本的に拠点のあるエリアの売買を得意としています。相場観や顧客のニーズは、そのエリアで営業している会社にしかわからないもの。ご自宅付近の不動産会社に遠方のマンションの売却を依頼するとすれば、無謀です。

しかし、遠方である地域におもむき、不動産会社を探し回るのもなかなか大変な作業ですよね。

そんな時には、一括査定サイトを活用しましょう。home4uなどのサイトでは、マンションがあるエリアに強い不動産会社を、自宅にいながら検索できます。いくつか候補が決まったら、サイト上から訪問査定を依頼します。

この訪問査定にはなるべく立ち会い、査定額、査定額の根拠、売却方針などを不動産会社から直接聞いた方がいいでしょう。

不動産会社を選定する際、いくつかの会社に訪問査定をしてもらい、比較・検討することは必要不可欠。この不動産会社の選定が、マンションを売却する上で一番重要だといっても過言ではありません。媒介契約などは郵送による手続きでも事足りますが、不動産会社を決める際には、できる限り現地に行かれることをおすすめします。半日~1日の滞在で、数社と接見するには十分です。

参考→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

 

遠方のマンションを売る時の不動産会社選定後の流れ

 

次に、遠方にあるマンションを売ると決めてから、不動産会社を選定し、実際に売却を完了するまでの流れをみていきましょう。代理人がいるケースといないケースでも、流れは異なりますので、ここでは状況別に解説していきます。

 

① 代理人を立てる場合

 

売却するマンション近くにご兄弟やご親戚がお住まいの場合、この方を代理人に立てることは、スムーズに売却活動をする手段の一つです。代理人を立てれば、媒介契約の締結から、売買契約の締結、物件の引き渡しまでご自身の署名・捺印は必要ありません。

最初に委任状が必要になります。委任状には、代理人にする方の詳細、物件の詳細、委任者の署名、実印による押印が必要です。これに印鑑証明書を添付して、正式な委任状となります。

委任状のフォーマットは不動産会社からもらえると思いますし、記入方法も併せて教えてもらえます。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

代理人を立てれば、売買契約などに立ち会わなくて済みますが、1度だけ売主本人の立ち会いが必要なことがあります。それは、引き渡し当日か引き渡し前の司法書士との接見です。

司法書士は売買契約後の登記を担当しますが、この場合、代理人が立てられていたとしても売主本人と買主本人に直接接見し、意志の確認をすることが義務付けられています。

代理人を立てた場合でも、最低1回、現地におもむくことが必要となるのですね。また、代理人がおこなう行為は委任者であるご自身が責任を負うことになります。必ず信頼のおける方を代理人にするようにしましょう。

 

② 代理人を立てない場合

 

代理人を立てない場合には、ご自身が契約書などの署名・押印をすることになります。媒介契約は郵送での手続きが可能です。

売買契約においても郵送によるやり取りも可能ですが、買主側からしてみれば、売主の顔が見えず、手付金などの金銭の授受も振込になる訳ですから、不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。

売主・買主が同時に契約書に署名・押印ができない場合、買主から売主に金銭が直接授受されない場合の売買契約は、「持ち回り契約」と呼ばれ、売主・買主双方の理解と合意が必要なことが法律上で定められています。ご自身が契約時に現地におもむくことができず、持ち回り契約となる場合は、買主の了承が必要だということです。

そして上記でご説明した通り、引き渡しまでに1度、登記を担当する司法書士と直接会うことが必要となります。

 

マンション売却中の部屋について

売却活動を始めれば、購入希望者による内見があります。

このためにも、マンションの部屋の鍵は不動産会社に預けることになるでしょう。ただ、部屋の中に荷物がたくさんある場合、ご自身が立ち会えないにも関わらず知らない人がいつでも内見できる状態は好ましくないですよね。この場合、売主の希望で内見を断ることは可能です。

しかし、買主の立場に立ってみれば、数百万円、数千万円の高額な費用を投じて購入するマンションを、見ることができない状態で決断できるでしょうか。答えは、もちろん否。少しでも早く、少しでも高額でマンションを売却したい場合は、部屋の荷物は片付けるのがいいでしょう。もしくは、金銭的価値のないものだけを置いておくに留め、必ず内見ができる状態にしておくことが基本です。

マンションが売れれば遅かれ早かれ荷物が一切ない状態にしなければならないのですから、早い段階で綺麗にしておくことで、売却の可能性も高まるのです。

参考→マンションを売る時の内見対応ー売却率をあげる9つの内覧ポイント

 

遠方にあるマンションを売る時にはどうやって売却するのがスムーズ?まとめ

遠方のマンションを売る際の注意点は、不動産会社の選定だけは出できるだけ直接、ご自身の目で判断する、ということです。

マンション売却は、不動産会社の力量が左右します。遠方の場所ですと、ご自身では相場や客層などを判断するのが難しいですから、なおさら不動産会社頼りの売却になってしまうもの。遠方だからこそ、不動産会社の選定が重要だとも言えます。

何度も現地に赴けない方は、home4uなどのサイトを活用することでも情報収集は可能です。しかし、最終的な判断は、やはり現地でおこなうことが、よりよい売却には不可欠です。

頼れる不動産会社を決めることができれば、遠方のマンションの売却だからといって難しいことはないのです。まずは、査定を通じ、担当する不動産会社を決めることから開始してください。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-特徴別マンション売却方法

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.