*

マンションを売る流れ

マンションを売る時は不用品は処分した方が良い?売却前のゴミ問題

更新日:

マンションを売る時の不用品について

マンションを購入する人は、まず立地や間取り、築年数、価格などの情報から物件を探します。そして、必ず購入前には、実物のマンションを見に行きます。

マンションの売却おいて、その時の印象は重要です。

人によって「きれい」であると感じる清潔感はそれぞれでしょうが、一般的にはものがスッキリと片付いている状態、清掃が行き届いている状態の方が当然ながらマンションの「印象」は良くなりますね。

スッキリさせるためには、もちろん不用品は処分した方がいいでしょう。

今回は、不用品を処分する重要性、処分の方法について解説します。

内見を前にものが溢れていて困っているかた、売却をしたいけど部屋の片付けに困っている方などはぜひ参考にしてください!

見た目のキレイさと売却価格への影響

家がどのぐらいきれいに片付いているかという点は、実は査定額への影響はあまりありません。

マンションの価値は部屋の広さや設備の状態によって決まるもの。不用品がいくらあろうと価値への影響はありません。

しかし、早期売却をするためには部屋がきれいであることは必須だと言えるでしょう。

購入希望者は、購入を決める前に必ず内見をするものです。この内見は売却のビッグチャンス。物があふれていることによって実際より狭く感じたり、暗い印象を与えてしまったりすれば、売れるものも売れません。

いくら適切な価格で需要のあるマンションだとしても、最終的な判断は「印象」に左右されてしまいます。

売却が長引けば長引くほどマンションの維持費用もその分掛かることになりますし、長期間売れないマンションは「売れ残り」とも判断され、買い手にとっても印象が良いものではありません。

不用品が溢れている状態でも査定額に影響を与えないとはいえ、長期間売れない場合には価格の引き下げなども検討しなければならない自体になりかねません。

部屋をきれいに清潔にしておくことは、売却において必要不可欠のことだと言えます。

参考→マンションを売る時の内見対応ー売却率をあげる9つの内覧ポイント

 

内見前にはマンションの不用品は処分しておきたい

不動産会社と媒介契約を締結すれば、2、3日中に内見希望者が実際にマンションを見に来る可能性があります。売却を決めたら早速、不用品の処分や清掃に取り掛かりましょう。次のようなことに気を使いましょう。

  • 空室の状態で売るか、居住したままで売るかにもよりますが、不要なものはすべて処分するのが基本です。
  • 空室の場合には何もものがない状態の方が、オープンハウスなども開催しやすく、買い手にとっても新しい生活のイメージも付きやすいと言えます。
  • 居住中の場合にも、モデルルームの様にスッキリさせ、部屋を広く清潔に見せることを心がけましょう。
  • 不用品を処分し部屋を清潔にできたら、内見前には光や風通しなどにも気を使いたいものです。
  • 内見前には窓を開け、消臭剤や消臭スプレーを使ったりして、匂いに気を使いましょう。ペットを飼っている、タバコを吸っているなどの場合には、自分では分からない匂いがあるものです。
  • 不自然でない程度に電気をつけたり、カーテンを開けるなどして、明るさにも気をつけましょう。

-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

参考→マンションの売り方~家を賢く売却する7つのコツ

 

業者に不用品の処分を依頼すると費用が高い

不用品を処分する際、業者に依頼すると簡単です。しかし、不用品の処分費用に利益を乗せ、さらに人件費やトラックの費用などを合わせた価格を請求してくるものです。

費用は様々ですが、一人暮らし世帯だとしても5万円程度、ファミリー世帯だと10万円近くの費用が掛かる場合もあります。

ちょっとした引越しぐらいの費用がかかってしまいますよね。

売却には、仲介手数料などの諸費用が掛かるものです。これらの費用は、ご自身の努力では節約できないものですが、不良品の処分に関しては少しずつでもご自身でやることで費用の削減ができます。

そして、不用品を処分したからといって、その費用を売却金額に上乗せできるものでもありません。少しでも費用を削減して不用品を処分し、売却に臨みたいですよね。

 

マンションを売る前に不用品は自分で処分するのがおすすめ

自分で処分すれば節約に

行政により粗大ゴミ等の値段は様々ですが、業者に依頼するよりも格段に安い金額で処分できます。

 

リサイクルショップの出張買取もオススメ

使えそうな家具・家電は、リサイクルショップに引き取ってもらうこともおすすめです。

値段がほとんど付かないとしても、大きな家具をゴミ置き場に持っていくにしても手間が掛かるもの。費用を掛けて処分することと家具を運ぶ手間を考えれば、無償でも引き取ってくれればありがたいですよね。

リサイクルショップに出張買い取りを依頼すれば、少しでも処分の手間と費用を削減できるかもしれません。

 

大手不動産会社では、不用品処分のサービスも

最近、大手不動産会社などでは、マンションの売却を依頼すれば粗大ゴミの処分費用を負担したり、大きな家具を運び出してくれたりするサービスも提供されています。

このようなサービスが提供され始めている背景として、費用を負担してでもマンションをきれいに見せることで売却期間を短くでき、不動産会社にとっても有益であると考えられているからでしょう。売却期間を短くするのは、もちろん売主にとっても有益なことです。

マンションの見た目のきれいさは、そこまで売却において重要視されているとも言えます。

 

マンションを売る時は不用品は処分した方が良い?売却前のゴミ問題まとめ

売却において、間取りや広さなどの条件が買い手と合うことはもちろん重要です。しかし売却の決め手となるのは、やはりマンションの印象。いくら条件が合致していても印象が良くなければ購入には至りません。そして、もし売却が決まれば、基本的にマンションには何も物がない状態で引き渡すものです。

遅かれ早かれ不用品の処分は避けられないことなのですから、売却が少しでも有利になるよう、売却を決めた段階で不用品を処分してしまいましょう。

不用品がないことで、引越し費用も安くなります。早期に高額で売却するため、そして今後の生活のためにも、早い段階で不用品を処分することをおすすめします。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンションを売る流れ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.