*

マンションを売る流れ

マンション売値の決め方ー売る時の適正価格のつけ方と売却相場

更新日:

マンションの売値はどうやって決めたらいい?

マンションを売却する時に悩むのが、売却価格。

売却価格は非常に重要で、買い手に高いと思われたら売れません。安ければ安いで売れるでしょうが、少しでも高額な売却を目指したいのは当然です。

『まずは高い金額で売り出して交渉されたら下げればいいや!』と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、中古マンションは市場に出された時が買い手の食いつきがいいものです。

売りに出すときに的確な価格を設定することは、早期売却のためにも非常に重要なことなのです。

売却価格はどのように決めればいいのでしょうか? マンションの売却価格は、不動産会社の示した査定額をもとに、売主自身が決めるものです。

ご自身の希望の売却を目指すためにも以下を読んで、的確な金額を設定しましょう!

また、マンションの売却を進めていく上で最も重要なポイントを、先にお伝えしておきます。

それは、『まずは必ず所有しているマンションの評価額を、複数の不動産会社に査定依頼する。』ということ。

何も考えずに、近所の不動産会社やCMで見たことのある大手に所有しているマンションの売却を依頼してしまう人は、確実にマンション売却に失敗します。

なぜなら、その不動産会社が出した査定額が本当に妥当なのか、相場価格なのか分からないから。

例えば、不動産会社が2500万円という査定額を出してきたとして、その金額が妥当かどうかは不動産のプロでないあなたには判断がつかないはずです。

本来であれば3000万円で売ることもできたマンションを2500万円で安売りして、知らずのうちに500万円も大損してしまった

1社にだけ所有しているマンションの査定をし、失敗をしてしまう方は非常に多いです。

大切なのは、不動産一括査定サイトなどを活用して、複数の会社の査社を比較すること。

「2500万円」「3000万円」「3200万円」など、複数社の査定額を比較して検討することで相場価格を把握でき、安売りしてしまうリスクを回避できます。

NTTデータグループが運営する日本初の一括査定サイト「home4u」を活用すれば、事前の厳しい審査を通過した優良不動産会社にまとめて査定の依頼をかけられます。

スマホやパソコンから簡単に無料で依頼が出来ますし、少しの手間を惜しんで100万円単位の損をしてしまわないよう、必ず1番最初にチェックをしておくことをおすすめします。

不動産一括査定サイトhome4uの公式サイトはこちら⇒

(※home4U以外の不動産一括査定サイトについて知りたい人は、下記の関連記事も合わせて参考にしてみてください。)

関連記事→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

前置きが少し長くなってしまいましたが、重要なことなので先に伝えておきました。

それでは、マンションを売る時の適正価格について、詳しく解説していましょう。

マンションの売却価格の決め方

高すぎても安すぎず、順当なマンションの売値を付ける事が出来れば一番です。

しかし、普段不動産と携わることのない一般の方がマンションの適正な売値が分からないのは当然。

重要なポイントを把握することでマンションの売値はどのくらいが適切なのか。みていきましょう。

①中古マンションに決まった値段というものはない

中古マンション

中古マンションの売却金額は、査定額がどうであろうが、売主本人が自由に設定することができます。売主のご都合も売却価格を左右するでしょう。

事情があって少しでも早く売却するためには、低く価格を設定することで早期の売却が見込めます。

早くマンションを売りたい方は、マンションを早く売りたい!早く売却をする為の4つのポイントを参考にしてください。

一方、ローン残債などの兼ね合いで、価格重視で売却をしたい方は、長期戦になることを覚悟し、高い価格を設定しなければいけません。

もちろん、高からず安からず、的確な価格を設定することが、スムーズで少しでも高い金額での売却につながりますが、ご自身の状況をよく考えて価格を決めることが大切です。

また、自分である程度の価格を知りたい!という方はアットホームやSUMOでの売り出し価格を見たり、土地総合情報システムを参考にするとある程度の相場が見えてきます。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

②近隣の物件や同じマンションの別室の相場から決める

中古マンション

マンション価格の設定方法ですが、周辺相場が大きな手がかりとなります。

現在、近隣や同じマンションの別室が売りに出ている場合は参考になるでしょう。

過去に周辺マンションの成約に至った金額も、周辺の相場を構築しているものです。

前述したアットホームなどでも取引履歴は簡単に閲覧できるので、このあたりも参考にして、価格を決めることとなります。

③マンションにアピールポイントがある場合は付加価値が付く事も

中古マンション

例えば、ご所有マンションにリフォーム歴がある、ルーフバルコニーがある、最上階もしくは角部屋であるなど、買主にとってプラスになる条件がある場合は、付加価値として売却価格に反映させて良いでしょう。

同じマンション、同じ広さでも1階の両隣のある部屋と、最上階角部屋では価値が全く違います。

このように、ご所有の部屋に好条件なものが付いている場合は、価値が高くなります。

④値下げ交渉分を考慮してマンションの売値をつける

中古マンション

相場を確認し、「これくらいで売れそうだ!」という額が見えてきても、それをそのまま売却価格にしない方がいいです。

多くの場合、買主は少なからず値下げを要求してくるものです。

大幅な値下げ交渉に対応する必要は、状況次第ですが、若干の値下げには応じた方がスムーズにことが運びます。

売主が値下げに少しでも応じる姿勢を取ることで好印象を与え、買主は希望額まで値下げされなかったとしても購入を決めるケースが多いです。

ですから、価格設定する時に数十万円ほどの余裕を持たせ、いざ値下げ交渉をされた場合に応じられるようにしましょう。

参考→マンション売却の値引き交渉術ー高く売る為の5つのポイント

⑤不動産会社の意見を重要だけど言われるままに価格をつけない

中古マンション

価格を決める際、プロである不動産会社の方の意見と査定額は、いわば道しるべとなります。

しかし、不動産会社は実のところ、契約が決まらないと報酬として仲介手数料を一切受け取れませんから、なるべく早く売ってしまいたいのが本音です。

だからと言って安い金額にして早く売って欲しいとは言われませんが、不動産会社の方の意見を鵜呑みにはせず、しっかりご自身の意見を主張し、不動産会社の意見にも耳を傾け、相対的に価格設定をしましょう。

自分でマンションの価格を決める前にまずは多くの不動産会社の話を聞いてみよう

査定額やご所有マンションの売却方法の見解などは、不動産会社によってさまざま。

1社のみに売却の相談をするのではなく、必ず複数の不動産会社に話を聞きましょう。

この際、各社に査定額の開きがあるでしょうが、なぜこの査定額になったのかを聞くことが大切です。

周辺の相場や、周辺の成約価格などをしっかり提示してもらい、どの価格が妥当なのか話し合うことが重要です。

当サイトマンション売る.jpではマンションの賢い売り方や、売却までの流れを具体的に解説していますが、複数の不動産会社に査定の依頼をする時に便利なのが、一括査定サイトです。

1社ずつ連絡を取るのは非常に面倒ですが、このサイトを利用すると、文字通り複数社に一括で査定の依頼することができます。

価格設定に悩んでいる方は、特に複数社の意見を聞いた方がいいですから、この便利な一括査定サイトを活用してみてください。

また、マンションの売り方マンションを売る流れはこちらの記事を参考にすると分かりやすいです。

マンションの売値の決め方ー売る時の適正価格のつけ方と相場まとめ

今回は、マンションの売却を決めた方なら誰もが悩む、マンション売却価格の決め方について説明しました。

重要なことは、不動産会社の意見を聞きつつも、言いなりにならず、しっかりとご自身の意見を持つことです。売却価格を決めるのは不動産会社ではなく、売主自身という事ですね。

たくさんの意見を聞き、的確な金額を設定することがスムーズなマンション売却へとつながります。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンションを売る流れ

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.