*

マンション売却のお悩み

騒音など近所からの迷惑がある! マンションを売る時に告知は必要?

更新日:

不動産を売却する時、売主は買主に対する「告知義務」があります。

告知義務・・・対象物件に、心理的・物理的支障がある場合は、売主は買主に事前に告知をする義務がある

例えば、いわゆる事故物件である場合、あるいは雨漏りや漏水など建物に支障がある場合には、たとえそれが買主の買い控える原因になるようなものであっても、告知をする義務があるのです。

売主が、支障を知っていた上で告知をしなければ、告知義務違反になります。

それでは、マンションで隣の部屋からの騒音や、隣の部屋の住人の迷惑行為があった場合、これは告知する義務があるのでしょうか?

結論は、告知するのが正解です。対象物件自体の支障ではない、騒音や迷惑行為を告知する必要があるのかを説明していきます。お隣やご近所の方に少し不安のあるマンションの売却を検討されている方は、参考にしてください。

 

どこまで言った方がいいの? 隣の部屋の騒音や迷惑と告知義務

 

自殺や他殺が起きてしまった事故物件については告知義務が必要なの当然ですが、明からに不快と感じる隣人による騒音や迷惑行為についても、必ず告知しましょう。告知しないで後から事実が発覚した場合、最悪のケースでは売買契約の解除や損害賠償を請求されるリスクがあります。

参考→マンションが事故物件の場合売る時に価値は相場よりどれくらい下がるのか

「騒音」や「迷惑」というのは、人それぞれの捉えかたがあります。

例えば、子供の走りまわる音を「騒音だな、迷惑だな」と思う人も居れば、「子供が元気なことは微笑ましいことだな」と気にならない人もいるでしょう。同じ隣人であっても、「隣の人からいつも変なものをおすそ分けされて迷惑」と思う人もいれば、「いつもおすそ分けを頂いてありがたいな」と思う人もいます。

人が「騒音」や「迷惑」と感じる尺度はそれぞれ違います。自分が問題なく住むことができていた住居でも、他の人はストレスに感じる可能性があると考えておいてください。売却後などに問題になるリスクが少なからずある、隣人による騒音や迷惑と捉えられる行為がある場合は、事前に告知しておくのが良いでしょう。

 

隣の部屋の騒音、どんなものが告知する必要がある?

 

「隣の部屋の騒音」には、色々なものがあります。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

生活をする上での多少の生活音は仕方ないですが、夜間・早朝の騒音など明らかに不快な騒音がある場合は告知してください。隣人の方に小さいお子様がいらっしゃったり、ペットを飼っていたりしていて、鳴き声が聞こえたりするようであれば、告知しておくのが安全です。

また、楽器の音にも敏感な方がいらっしゃるので、もし聞こえる様だったら告知しておきましょう。

買主は、マンションを購入する前に必ず内見をします。その際に騒音を体感してもらうのもいいかもしれません。不動産会社の方と、そのあたりも相談して販売活動を進めていくのがいいでしょう。

 

その他マンションを売る時の近所の迷惑についての告知義務

 

意外と多いのが隣人による迷惑行為です。『お隣の部屋がごみ屋敷と化していて悪臭が漂っている』など明らかな迷惑行為がある場合は必ず言っておきましょう。

ベランダはお隣と繋がっていることが多いですので、問題が多い箇所です。臭いがしたり、物が大幅に越境していたりする場合も言っておくのが無難です。

注意しておきたいのが隣人とのトラブル。個人的な価値観の相違などは、告知する必要はありませんが、一方的に隣人から迷惑行為を受けることがある場合は言っておく必要があります。

一般人だけではなく、近隣に暴力団事務所がある場合は必ず告知をするようにしましょう。

購入した土地の近隣に暴力団事務所が存することは隠れた瑕疵に当たるとして、買主が契約解除等を求めた事案において、契約解除等は認めなかったが売買金額の二割相当の損害賠償を認めた事例もあります。
出典:暴力団事務所と告知義務-RETIO

ある裁判では、隣人による暴言や迷惑行為を受けた買主による、売主に対する損害賠償請求を認めた判決もあります。この場合、売主は同じ様な迷惑行為を隣人から受けていたにもかかわらず、買主に告知をしていなかったため、このような判決になりました。

必要以上にマンションの住人のことを話すのはプライバシーの侵害となる場合もありますが、隣人から少なからず生活に支障をきたすレベルの迷惑行為がある場合は、必ず告知をして下さい。

 

気になる事はマンションを売る時に不動産会社に必ず相談しておこう

 

「告知義務」といっても、直接売主から買主に話すことはありません。隣人による騒音や迷惑行為がある場合は、担当する不動産会社に言いましょう。不動産会社が、買主に告知する必要があるかを判断し、必要なことを買主に告知します。

また、小さなことでも、「これは告知義務に値するのか?」と疑問に思ったことは、不動産会社の担当の方に相談しておきましょう。

不動産会社の方の判断を仰いだ方が安心ですし、リスクを減らすことができます。

 

騒音など近所からの迷惑がある!マンションを売る時に告知義務は必要?まとめ

 

売却する部屋で生活するにあたり、明らかに不快な騒音や迷惑行為がある場合は、必ず告知する必要がありますが、「告知義務」の範囲は、難しいところもあります。人によっては感じる不快の度合いが違うことを理解し、ささいなことでも不動産会社に相談しておくのが1番です。これによって売買契約の解除や、損害賠償の支払いなどのリスクを大幅に減少させることができます。

また、「自分のマンションはこんな隣人がいるけれど売れるのだろうか?」と不安に思っている方も、問題点を含め、一度不動産会社に相談することをおすすめします。

不動産のプロが問題を考慮し、その部屋にあった販売活動をしてくれるはずです。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンション売却のお悩み

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.