*

特徴別マンション売却方法

築40年のマンションを売ることはできる?古い物件を高く売却する方法

更新日:

築40年以内のマンションを高く売るために知っておくポイント

マンションの価格は築年数と共に、当然落ちていきます。

現在日本には、1970年代の高度成長期に建てられた築40年ほどのマンションが非常に多く存在しています。

築古物件とも呼ばれるこれらのマンションは、もはや価値もなく需要もないのでしょうか。

結論から申し上げると、限られた買い手にではありますが、需要はあります。

今回の記事では、現役不動産営業マンの筆者が、築古マンション売却のポイントを詳しく解説していきます。

先に結論として、築40年のマンション売却をする上で最も重要なキモをお伝えしておきましょう。

それは、『まずは必ず所有しているマンションの評価額を、複数の不動産会社に査定依頼する。』ということ。

何も考えずに、近所の不動産会社やCMで見たことのある大手に所有しているマンションの売却を依頼してしまう人は、確実にマンション売却に失敗します。

なぜなら、その不動産会社が出した査定額が本当に妥当なのか、相場価格なのか分からないから。

例えば、不動産会社が2500万円という査定額を出してきたとして、その金額が妥当かどうかは不動産のプロでないあなたには判断がつかないはずです。

本来であれば3000万円で売ることもできたマンションを2500万円で安売りして、知らずのうちに500万円も大損してしまった

1社にだけ所有しているマンションの査定をし、失敗をしてしまう方は非常に多いです。

大切なのは、不動産一括査定サイトなどを活用して、複数の会社の査社を比較すること。

「2500万円」「3000万円」「3200万円」など、複数社の査定額を比較して検討することで相場価格を把握でき、安売りしてしまうリスクを回避できます。

NTTデータグループが運営する日本初の一括査定サイト「home4u」を活用すれば、事前の厳しい審査を通過した優良不動産会社にまとめて査定の依頼をかけられます。

スマホやパソコンから簡単に無料で依頼が出来ますし、少しの手間を惜しんで100万円単位の損をしてしまわないよう、必ず1番最初にチェックをしておくことをおすすめします。

不動産一括査定サイトhome4uの公式サイトはこちら⇒

(※home4U以外の不動産一括査定サイトについて知りたい人は、下記の関連記事も合わせて参考にしてみてください。)

関連記事→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

前置きが少し長くなってしまいましたが、重要なことなので先に伝えておきました。

それでは、築40年のマンション売却で重要なポイントを詳しく解説していましょう。

老朽化が進んだ築40年のマンションに資産価値はほぼない?

築40年のマンションには、建物の資産価値はほぼないと言えます。

しかし、古家には価値がなくても土地に価値があるのと一緒で、マンションは一見部屋のみの資産に見えますが、土地の所有権もありますから、価値がなくなることはありません。そして、古家と違ってコンクリート造のマンションは築40年だろうが、メンテナンスをすれば十分に住むことができます。

さらに、築古物件は、数あるマンションの先駆けで作られたため、立地が良いことが多いですので、その点ではマンションの価値は比較的高いと言えます。駅に近いことや、お子様の学区内であることを優先させてマンションを選ばれる方もたくさんいらっしゃいます。特定の方にとって最高の立地であれば、成約に至る可能性は十分にあります。

そして、近年のビンテージブームやリノベーションブームで、築古物件の魅力は見直されています。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

古き良きを残した、クラシカルな雰囲気が好きな方や、自分で間取りや壁紙、床材を決めてフルリノベーションしたい方にとっては、安く購入できる築古物件は魅力的で価値のある物件なはずです。

 

築40年のマンションの耐震性‐地震とか大丈夫?

 

新耐震基準というものをご存知でしょうか。1981年に建築基準法が改正された際に出来た、耐震性の基準です。1981年にできたものですので、築40年のマンションには、この基準を満たしているマンションはありません。

しかし、全く耐震性が考慮されていないのかというと、そんなことはありません。1981年以前にも、今では旧耐震基準と呼ばれている基準がありましたし、耐震性がしっかりしているマンションがたくさんあります。

さらに、1981年以前に建てられたマンションでも耐震改修工事が行われているマンションもあります。ですから、築年数だけが耐震性に影響するとは限らないのです。

しかし、新耐震基準ではないことを懸念される方がいらっしゃる事も事実です。少しでも好条件で売却できるよう、ご所有マンションが旧耐震基準で、耐震改修工事が行われているか分からない場合は、マンションの管理会社などに聞いておくのが良いでしょう。

 

築40年のマンションを賃貸にだすという選択

 

もし、築40年のマンションを賃貸に出すという選択肢を検討されているのでしたら、お勧めできません。

マンションは持っているだけで費用がかかるものです。築40年であろうが、固定資産税に管理費、修繕積立金…と継続してお金がかかります。

参考→売却するまで払い続けるの!?マンションを売る時の管理費・修繕積立金

この費用を、賃料でまかなえない可能性があります。築40年ともなると、家賃は低く設定せざるを得ませんし、借り手は限られていますので、もし空室の状態が続けば、維持費用だけがかかることになります。

また、人を一度住まわせてしまうと、退去してもらう時にスムーズには行きません。期間を決めて貸し出すこともできますが、この場合は、賃料相場よりさらに安く家賃を設定することになります。

必ずしも借り手がいるわけではない、賃料を高く設定できない、スムーズに退去させられない、ということを考えると、賃貸にだすことはリスクが高いと言えます。

参考→マンションを売るか貸すかどっちがいい?メリットデメリットから比較!

 

築40年のマンションはいち早く売却してしまうのが1番!

先ほども言ったとおり、マンションは持っているだけでかなりの費用がかかります。そしてこれから、マンション建て替えや取り壊しの話が出てきたら売却することはできなくなるでしょう。

実はマンションの建て替えや取り壊しの事例はまだ少なく、所有者に有利な建て替えや取り壊しの制度などは確立していないのが現状です。

このことからも、マンションの価値が付く今、売却するのが一番です。確かに築40年のマンションは、買い手も少なく、高額な売却も望めないでしょう。しかし、売却可能な今だからこそ、いち早く売却することが得策です。

 

築40年のマンションを売ることはできる? 古い物件を高く売却する方法まとめ

 

築40年のマンションは、金額にこだわりが強いと売れません。必要以上に安く売却する必要はありませんが、買い手が限られていること、いち早く売却するのが得策であることを理解し、売却に臨むことが大切です。

マンションの売却に悩まれている方は、まず不動産会社に査定依頼をすることをおすすめします。

参考→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

査定するのは無料ですし、売却金額の目安を知ることで、買い替えや、資金整理の見通しも立ちます。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-特徴別マンション売却方法

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.