*

特徴別マンション売却方法

マンションはリノベーション(改修)してから売る方がいい?

更新日:

マンションはリノベーション(改修)してから売るのがいい?

 

ご所有の古いマンションを売却したいと思ったとき、今の状態で売れるのか心配になりますよね。壁紙やフローリンング、畳の汚れ、水回りの古さ。どんなに綺麗に住まわれていたとしても、築年数とともに劣化するのはしょうがないことです。

しかし、ご自身で綺麗にリノベーションしてから売ろうと思っている方。ちょっと待ってください! こちらを読んで頂き、果たして自身でリノベーションする事が必要なのか考えてみてください。

自身でリノベーションはせず、現状のままマンションを売る方が得になることが、実は多いのです。

 

マンションを売る前にリノベーションをした方がいい?

 

まずは、古いマンションはどんな方が購入されるかを考えてみましょう。古いマンションは築年数が経っているものの、買主が立地、広さなどを優先して探されていた場合、値段も安く大変魅力的な物件です。

この時、リノベーションをせずこのまま住むという方もいらっしゃいますし、多くの買主は安く購入できる分、買主自身がリノベーションすることを希望されます。せっかくリノベーションするなら、自分好みにしたいですからね。

リノベーションについて知らない方は下記をご覧ください。wikipediaではこのように記されています。

リノベーション(renovation)とは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることである。
マンションの一部屋から一棟、また、木造・RC造・鉄骨造等、特に構造に関係なく行うことが可能。
引用参考:リノベーション-wikipedia-

また、人によって、「水回りだけでいい」、「壁紙とフローリングだけでいい」など、リノベーション箇所の希望も様々です。

参考記事→マンションを売る時は壁紙を貼り変えてから売却した方がいい?

ですから、売主が独断でリノベーションしてしまうより、そのままでいい方、購入後自分でリノベーションを考えている方のために、古くても汚くても、現状のまま、値段が安い方がいい場合の方が多いのです。

古い家の売り方についてはこちらの記事を参考にしてください。

参考記事→古い家は売れる?マンションと一戸建てでも資産価値は変わります!

また、もう一つ考えられる買い手は、リノベーションを自社でして再度販売することを事業としている不動産業者です。不動産業者は、古いマンションを買い取って自社などで相場より安くリノベーションすることによって、再販時に利益を出しているのです。もし売主がリノベーションをしてしまうと、この不動産業者に売却するという選択肢がなくなってしまいます。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

不動産業者に売却する際は、一般の方に売却するよりも売却価格が安くなってしまう傾向がありますが、1つの手段として残しておくためにも、自身でリノベーションをするのは待った方がいいでしょう。

 

あえてマンションを売る前に自分でリノベーションをする必要はない

 

以上のことから、あえて自分でリノベーションをする必要はないと言えます。

また、例えば、500万円をリノベーション費用として掛けたとしても、売却価格に500万円上乗せできるかというと、難しいことが多いです。

リノベーションをして、再販をすることを専門にしている業者は利益を出すことができますが、一般の方はリノベーション費用の方が多く掛かってしまい、結果として売主が損をしてしまう結果になりかねません。

 

転売目的や知識がある人ならば一つの手段としてあり

 

ただ、利益が絶対出せないかと言われれば、不動産業者の様に、リノベーション費用や売却金額をうまく調整すればできなくはありません。

しかし、この際、相場や査定額を少しでも読み間違えれば利益は出ませんので、専門の知識に長けていて転売目的の方、現状のままでは売却がなかなかできない方などを除いては、あまりお勧めできません。

 

リノベーションをした方が良いかどうかは不動産会社に相談しよう

 

基本的には売主自身がリノベーションするケースは、リノベーションをした際のリスクを考えると少ないですが、リノベーションをしてから売却したい方や、どちらが得か疑問に思った方は、プロである不動産会社に相談するのが一番です。

物件によっては、自身でリノベーションをすることをお勧めされるケースもあるかもしれません。しかし、この時も自身でリノベーションした費用が100%回収できるとは言い切れず、常にリスクと隣り合わせであることは理解しておきましょう。

不動産会社に相談をする際には、一括査定サイトを活用すると便利です。売却金額や、今回のリノベーションの件などを相談するとき、1社のみに相談するのは避けたほうがいいです。

一括査定サービスについては、不動産一括査定サイト33選の記事が参考になります。

不動産会社によって、査定額にも少なからず開きが出ますし、リノベーションについての見解も異なります。一括査定サイトなら、各社にこちらから連絡を取る必要もなく、複数社に一括で査定を依頼することができます。各社が査定に訪れた際に、査定額とこれからの売却方針、リノベーションの件を相談されるといいでしょう。

さまざまな意見を聞き、頼れると思った不動産会社に売却を依頼してください。

 

築年数が古いマンションはリノベーション(改修)してから売る方がいい?まとめ

 

古いマンションを売却する時、あえて自身でリノベーションをする必要はありません。その方が売主にも買主にとっても得となるケースが多いからです。

しかし、1つの手段としてリノベーションして売却することもできるということを、頭の片隅に置いておいて下さい。現状のまま売り出しても長期にわたって売れなかった場合などは、リノベーションをしなければならないことになる可能性もあります。

その時は売却依頼されている不動産会社とよく相談し、判断をしてください。

いずれにしろ自分で判断をせずにプロである不動産会社に相談をするのが1番です。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-特徴別マンション売却方法

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.