*

マンション売却のお悩み

マンションを売る時は買った不動産会社に売却相談をするのがベスト?

更新日:

マンションを売る時は買った不動産会社に電話すればいい?

 

マンションの売却する際の不動産会社はどのように決めますか?

「不動産会社なんてどこも同じ!」と思っていたら、それは大きな間違いです。

購入と売却は、不動産会社にとっては全く別の仕事だと思ってください。売却できる金額、売却できる期間は今後の生活にも大きな影響を与えるものですから、慎重に選定をしたいですね。

今回は売却における不動産会社の重要性をご説明し、選定の方法を解説します。

マンションの売却で不動産会社を決めかねている方、自分の知っている不動産会社に依頼するからといって不動産会社の選定を考えていない方は、ぜひ参考にしてください。

 

購入した不動産会社でマンションを売る必要はない

 

購入した不動産会社ではダメなの?

「不動産会社の知り合いもいないし、購入でお世話になったところに売却もお願いしよう!」と、安易に売却を依頼する不動産会社を決めてはいけません。

購入と売却では、不動産会社の役割も重要性も全く異なります。

購入時における不動産会社の役割は、主に買主が気に入るような物件を集めて紹介すること。物件が買主の希望にマッチするか見極める目は必要ですが、やることは不動産情報サイトで物件を検索するのと同じです。

売却時に発揮される不動産会社の実力

もちろん、購入時にも契約書の作成、重要事項説明書の読み合わせなどで専門知識は必要ですが、売却時には不動産会社による売却力が必要不可欠になります。

この売却力とは、相場や需要を読むこと、効果的な広告活動ができること、買い手にマンション購入を決めさせる巧みな話術があることなど。これによって、より高額でより早期に売却ができるのです。

購入時には不動産会社の売却力は判断できないと言えるでしょう。

売却力を判断するには?

不動産会社の売却力を判断するために、まずは物件の査定依頼をしましょう。これによって査定額の妥当性や、売却方針の的確性が分かってきます。

査定依頼とはオーディションだと思ってください。オーディションなしに役者は決められないように、査定依頼なくして不動産会社の選定はできません。

購入をした不動産会社だからと安易に決めるのは非常に危険です。売却は不動産会社の力量で決まるといっても過言ではないのです。しっかりと見極めるためにも、複数の会社に査定依頼をして比較検討をした上で、売却を依頼する不動産会社を選定する必要があります。

参考→マンションを売る時の不動産会社の選び方ーおすすめ4つのポイント

 

購入時に良い対応をしてくれた不動産会社なら相談するのもOK

 

マンションを購入した際の不動産会社の対応が良かった場合には、査定依頼をする1社として候補に入れてもいいでしょう。売却力には、人当たりの良さ、時間を守るなど当たり前のことも重要になります。この点で安心できる人であれば、売却も任せられる可能性があると判断できます。

しかし、同時に他社にも査定依頼を必ずするようにしましょう。査定とは人の目でなされるもの。マンションの評価も相場の読みも人それぞれ違う以上、査定額にも差が生じるのです。この差は不動産会社によって数百万円にも及ぶ可能性もあります。

査定額が高ければ嬉しいことですが、もちろんその額で売れる保証はありません。しかし、マンションを高評価してくれ、その額で売却できる根拠と自信が納得できるものであれば、できる限り高額で売却してくれる不動産会社に任せたいというのは売主であれば共通の認識のはずです。

購入した不動産会社も候補に入れるとしたら、後3、4社は査定依頼をしたいところです。最終的に2、3社に絞るつもりで査定依頼を行うようにしましょう。

 

マンションを売る時に絶対に専任契約は結んではダメ!

 

前項で、「最終的に2、3社に絞る」とご説明しましたが、もちろん1社のみに売却を依頼することもできます。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

不動産会社に売却を依頼するときの契約は3種類存在し、大きく分けて1社とのみ契約できる専任(専属専任)媒介複数社と契約できる一般媒介から選択することになります。

広告活動にも差がなくなってきた

1社に売却を依頼することのメリットと言えば、1社のみの独占物件となり売却に熱が入るということが挙げられます。ネットがあまり普及していなかった時代には、各社による広告活動の熱の入れ方は重要視されていました。つまり、専任媒介の方が大々的な広告活動をしてくれるため、売主には有利だと考えられていたのです。

しかし、今ではどこに依頼したとしても、買い手が一番最初に物件検索する不動産情報サイトには必ず掲載されるもの。一般媒介の複数社による売却だからといって手を抜く不動産会社に依頼しないようにすれば、広告活動に関しては、専任でも一般媒介でも、あまり関係ありません。

近年では、派手な広告活動よりも、多種多様な人に物件をおすすめできる「人手」のほうが重要視されています。つまり、複数社に売却を依頼することで紹介数が格段に増え、売却成約の確率が上がるということです。

一社に依存しないことの最大のメリット

それに加え、1社のみに依頼した場合、その会社の怠慢や力不足があった時には売却活動に多大な影響があります。媒介契約は一般的に3カ月間。この間に契約を解除することは可能ですが、中には解除するまでにかかった売却費用を請求される可能性もあります。

一般媒介であれば、もし1社が力不足だとしても売却活動への影響を少なく抑えられることもできますし、契約解除するとしても条件などは定められていません。

以上が、媒介契約は複数社と一般媒介契約を締結することが、売主にとって有益だと考えられる理由です。

 

複数の不動産会社に相談をする事で有利な交渉ができる!

 

まずは5社前後に査定を依頼し、2、3社と媒介契約を締結するのがいいでしょう。

査定依頼には、机上査定訪問査定があります。

  • 机上査定・・・マンションの情報から簡易的になされる査定
  • 訪問査定・・・実際に不動産会社の担当の方がマンションを見て相対的に算出される査定

最終的には訪問査定が必須となりますが、知りもしない人にいきなり訪ねて欲しくないなどの場合は、机上査定から始めてもいいでしょう。机上査定はメールでのやり取りが主となりますから、気になる不動産会社を見極めるためにも多めに査定依頼をしてもいいかもしれません。

机上査定は1次オーディション、訪問査定が最終オーディションのような位置づけでも良いと思います。

査定依頼とは、不動産会社を見極める上で非常に重要な位置づけになります。売却活動をよりよいものとし、よりよい条件で売却できるよう、不動産会社の選定は慎重に行ってください。

 

マンション一括査定サイトを利用して有利な売却を

 

査定依頼するといっても、依頼する不動産会社を決めるのも簡単なことではありませんよね。普段、不動産会社と関わりを持つ機会は限られていますから、どんな不動産会社がいいのか分からないのが実情だと思います。

そんな時にはマンション一括査定サイトを活用しましょう。

例えば、home4uは、年間利用者数400万人、累計査定数20万件にも及ぶ、一括査定サイトの中でも代表的なサイトです。ご所有のマンションの売却に適した不動産会社の中から6社まで一括で査定依頼をすることが可能です。不動産会社のことをあまり知らない方にとっては最適なサイトと言えるでしょう。

home4uは、NTTグループ運営の安心なサイト。サイトに登録する不動産会社は、運営側がしっかり厳選していますから、悪質な企業に売却依頼するようなリスクを最大限回避できます。

簡単・安心に一括査定することができますから、「自分が知っている不動産会社でいいや!」などと決めることはせず、このようなサイトを活用して不動産会社の選定を始めましょう。

また、不動産査定サイトについては当サイトでも詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

参考→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

 

マンションを売る時は買った不動産会社に売却相談をするのがベスト?まとめ

マンション売却を考えたとき、最初に行うことは不動産会社を決めることです。つい購入した不動産会社や近くの目に入った不動産会社に決めがちですが、売却における不動産会社の役割は非常に重要なものです。

売却を依頼する不動産会社が、売却金額や売却のスピードを左右するとも言えます。

今はhome4uなどの活用で、敷居が高いと感じる不動産会社にも簡単に売却の相談ができる時代です。こ自信の利益のためにも、不動産会社の選定は慎重に行いましょう。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンション売却のお悩み

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.