*

マンション売却のお悩み

マンション売却にかかる期間って?売れるまでの平均は3カ月!?

投稿日:

マンションが売れるまでの平均期間ってどれくらい?

『マンションの売りに出せば、「いつ」「いくらで」売れるの?』

マンションの売却を始めた人、これから始める人にとっては不安なポイントですよね。

今回は、誰もが不安に思うこの疑問の内「いつ売れるか」に焦点を当ててお話ししていきましょう。

結論から伝えると、一般的な不動産売却の期間は3か月程度であると言われています。

ただし、不動産の物件は1つとして同じものがないですし、まったく同じ物件でも売却のタイミングが違うと結果は大きく変わります。

言い換えれば、平均を知ったところで何も意味をなさないということ。

大切なのは、平均期間にとらわれずできるだけ早く売却するためにできることを考えていくことです。

不動産を早く売却することは、実は高く売却することと同じ意味を持ちます。

不動産は売りに出してすぐのタイミングが一番買い手がつきやすく、時間が経てばたつほど売れ残りの印象から買い手がつきづらくなってしまうのです。

不動産を早く高く売るために一番大切なポイントは不動産会社選びです

不動産を早く高く売りたいと思うのであれば、不動産会社選びにしっかりと時間をかけることが重要です。

しかし、何を基準に不動産会社を見極めればいいのかも難しく感じるはず。

そんな時には、最近主流になっている不動産一括査定サイトをうまく活用しましょう。

一昔前までは自分の足で不動産会社を回らなければ知り得なかった情報も、今では簡単に調べることができ、査定依頼を複数社にまとめて依頼してくれます。

複数社から査定結果をもらい、やり取りを進めていく中で、より信頼できて不動産会社・担当者を選ぶことができます。

そんな便利な不動産一括査定サイトを日本で最初に始めたのが、NTTデータグループが運営するHOME4Uです。

運営歴は18年を数え、事前の審査に通過した優良不動産会社1300社とのみ提携しています。

つまり、不動産会社を自分で1から探すよりも、不動産一括査定サイトを活用したほうが信頼できる不動産会社に出会う確率が高まるわけです。

中小企業や大手不動産業者とバランスよく提携しているので、これから売却を開始する人はぜひ参考にしてみてください。

不動産一括査定サイト「HOME4U」の公式サイトはこちら⇒

HOME4U以外の一括査定サイトについても知りたい人は、下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

マンション売却までにかかる期間はおよそ3か月、長ければ1年以上かかるケースも

冒頭でもお伝えした通り、マンションの売却までの平均期間は、一般的に3カ月だと言われています。

不動産会社と締結する媒介契約の期間も、多くの場合、法律で定められた上限である3カ月。

不動産会社が売りたいと思う期間もまた、3カ月だということです。

しかし、マンションなのか土地なのか、首都圏なのか地方なのかによっても売却の期間はさまざま。

3カ月とは、目安にすぎません。ただ、できるだけ早く売りたいというのは、売主の共通の認識です。

少しでも早く売却するためにできることは・・・。

それは売却活動のスタートである、不動産会社の選定が鍵を握っているのです。

参考→今すぐマンションを売る!即金即買で売却する3つの方法

マンションが売れるまでの平均期間は物件によってさまざま

マンションがいつ売れるかは、誰にも分かりません。

当然ながら、人気があろうとなかろうと、買主が現れない限りマンションは売れないもの。

需要の低い場所、間取りや広さによっては、半年や1年売れないことはよくあります。

例えば、「4LDK、80平米、築浅物件」と聞けば、すぐにでも売れそうなマンションですよね。

しかし、繁華街などで単身者が多く、ファミリー層があまり住まないエリアである場合は、広さのあるマンションは需要が低く、売却までに時間を要する可能性があります。

このようなエリアでは、多少古くても利便性の高いワンルームマンションの方が需要が高いのです。

マンションが売れるまでの期間の目安は3カ月だと言われることが多いですが、1カ月で売れるマンションもあれば、1年経っても売れないマンションもあります。

地域によっても需要はさまざまですから、一概にどのくらいの期間でマンションが売れるとは言えないのが現実です。

不動産会社の力もマンションが売れるまでの期間に影響する

どれくらいで売れるかわからないとはいえ、なるべく早く売りたいのは当然のこと。

マンションを早く売りたい場合、的確なタイミングで対策を講じ、常に動いている市場の中で物件を目立たせ、お得感を出すなどの観点で非常に重要となります。

このような動向を見極め、適切な判断をするには、不動産会社の助言は必須です。

実際に価格を変更したり売却を決めたりするのは売り主自身ですが、不動産会社の力なしには希望する期間や価格での売却は叶いません。

不動産会社の力量によって変わってくる点は、以下の3つです。

① 広告活動

買い手となるターゲット層の見極めは、広告活動をする上で非常に重要になります。

新聞折り込みチラシや投げ込みチラシを行う地域の選定、既存の客に紹介する際の紹介相手などは、基本的には不動産会社が決めておこなうものです。

アットホームホームズスーモへのネット掲載や、業者間の物件情報である、レインズマイソクを配布するのも業者の仕事です。

この際、読みを間違い、買う見込みのない人たちに広告活動をおこなってしまうと、時間と労力の無駄。

広告活動はやればいいというものではないのです。

② 価格の設定

価格の設定はさらに重要です。

査定額が高いという理由だけで不動産会社を選んでも、買い顧客のニーズにあった価格でなければ売れるものも売ません。

逆に安すぎる価格だとすればすぐに売れるでしょうが、当然ながらご自身にとって不利益ですよね。

相場を読み、需要などを考えて査定価格を算出できるかが、鍵となります。

そして、売れなかった際の価格変更も、買い手にとって印象的なタイミングで印象的な価格に変えることが、効果的。

価格は売主に決定権がありますが、早期売却、高額な売却を目指すのであれば、不動産会社の助言が的確なものなのかは非常に重要です。

③ 営業力

購入希望者の内見は、売却のビッグチャンスです。

この時に不動産会社の方が、マンションのアピールポイントなどを説明し、ローンの仮審査などもスピーディーに通すことができれば、内見者が購入する可能性はぐっと高くなるでしょう。

不動産会社の担当には、説明の分かりやすさや仕事の速さなども求められるというわけです。

このように、マンションの売却には各要所で、不動産会社の市場を読む力、買い顧客のニーズを読む力、相場を読む力、そして担当の営業力が必要になってきます。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

売却力のある不動産会社を選定しなければ、売却期間が長引き、売却金額にも影響を与えることになるでしょう。

営業活動を積極的にしてくれない不動産会社に注意

不動産会社は、売買契約した際の仲介手数料を報酬としていますから、多くの不動産会社は報酬を得るため誠心誠意、売却活動をおこなってくれるでしょう。

しかし、「売れ筋物件ではない」「なかなか成果がでない」などの理由で、最低限のネット掲載を終えたら売却活動を怠るような不動産会社もあります。

不動産会社主体で広告活動をしないようであれば、売主がするように進言することはできますが、この際に「売主による追加依頼」とみなされ、追加報酬を請求される可能性もあります。

本来は、マンションに適した広告活動は不動産会社が率先しておこなってくれるもの。

「言わなきゃ動かない」「言ったら金銭を請求してくる」こんな不動産会社に売却を依頼していたら、売却期間は伸びる一方です。

マンション売却は、待っているだけでは買い手は付きません。

買ってくれる見込みのある人を見極め、マンションの情報を認知させることが不動産会社の役目でもあります。

売却活動をおこなわないような不動産会社には依頼しないようにすることが重要ですが、媒介契約を締結してから気づいてしまった場合には、即刻契約を解除し、他の有能な不動産会社を選定しなおす必要があるでしょう。

参考→マンション売却を依頼した不動産会社を変えたい!変更する事はできる?

早い期間でマンションを売りたいのなら、ある程度複数の不動産会社に依頼をすることが重要

媒介契約を締結する際、専属・専任媒介で1社のみと契約をする選択もありますが、不動産会社が売却活動を怠った場合や、力不足だった場合には売却に時間がかかり、売り主の生活に大きな影響があります。

途中で契約を解除したくても、専属・専任媒介の性格上、契約期間途中に無償で解除できるとは限りません。

リスクを回避するのと同時に、あらゆる手段で売却活動を進めていくために、一般媒介で複数社に売却を依頼するようにしましょう。

複数社といっても、5社や10社と媒介を結ぶ必要はありません。

3社程度に留めることで、ご自身も各社の動向も把握することができますし、媒介契約や価格変更の際にも、各社と接見する手間があまり掛かりません。

複数社による多種多様な売却活動で、売却活動の期間を短く、そして少しでも高額な金額での売却を目指しましょう。

参考→マンションを売る時の不動産会社の選び方ーおすすめ4つのポイント

不動産会社選び以外でマンション売却の期間に直結する主な要素5選

不動産の見積もり

さきほどまで、早く売却するための一番の要素は「不動産会社選び」であることは説明してきました。

ここからは、不動産会社選び以外で不動産の売却を期間を決める5つの要素、

  1. 売り出し価格
  2. 立地条件
  3. 売却の時期
  4. 競合物件の有無
  5. 内見の事前準備

について、紹介していきます。

①売り出し価格

不動産にかかわらず、すべての商品・サービスは需要と供給によって価格が決まります。

本来であれば3000万円が相場価格にも関わらず、自分の希望価格である4000万円で売りに出し始めた。

もちろん4000万円でも購入したいと感じる人がいれば、相場価格よりも高く売却できます。

しかし一般的に考えると、相場価格よりも大幅に高い金額で売り出せば、当然買い手はつきません。

逆に2000万円で売却すれば、すぐにでも買い手がつくかもしれませんが、本来売れるはずだった価格よりも大幅に安売りしてしまいます。

大切なポイントは、しっかりと相場価格を押さえる事。

詳しくは下記の記事でも解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事→マンション売値の決め方ー売る時の適正価格のつけ方と売却相場

②立地条件

一戸建てではなくマンションを売却する場合、築年数や設備も大切ですが、最も影響があるのは立地です。

近年は職住近接の考え方が主流になってきているので、駅近のマンションは高く売却できる可能性が高いです。

逆に都心部であったとしても、駅から徒歩15分以上かかってしまうようなマンションは、買い手がつきづらい傾向があります。

③売却の時期・タイミング

90年代のバブルや、2008年のリーマンショックなど、経済の状況によって不動産の価格は大きく影響を受けます。

まったく同じマンションであるにも関わらず、売却のタイミングが違うだけで、数百万円、数千万円単位で金額が変わってくる可能性があります。

ちなみに、記事執筆時の2019年は、不動産の絶好の売り時です。

逆に2020年に入ると、不動産市況が下落基調に入るとする専門家の見方が多いです。

もし、不動産の売却を検討しているのであれば、2019年内に売却を始めることをおすすめします。

関連記事→2020年問題とは?ーマンション大暴落が予想される5つの理由

④競合物件の有無

周辺エリアで同じような条件の物件が売却されている場合、不動産の売却は長引く傾向があります。

あなたが自分のマンションを購入した時を思い出して欲しいのですが、最初から一つの不動産に絞ってはいませんでしたよね?

最初に条件を決めて、条件にあった物件をピックアップして内見をし、最終的に購入するマンションを決めていたはずです。

つまり、競合物件が多いほど、あなたのマンションが選ばれる確率は下がってしまうということ。

売却の時期に余裕がある人であれば、競合物件が少ないタイミングを狙って売却するのも一つです。

⑤内見の事前準備

最後のポイントは、内見の事前準備です。

どれだけ内見希望者がいたとしても、実際の内見時の印象が悪ければまず売買は成立しません。

整理、整頓、清掃を常にこころがけて、いかに良い印象を持ってもらえるかに気を使いましょう。

また、多くの人が見落としがちなポイントは、「売り主の印象も購入の判断に影響を与える」ということ。

内見時の対応が悪いと、「この人が住んでいた家には住みたくない」と感じる購入希望者は実はたくさんいます。

希望者目線に立ち、おもてなしの精神をもって内見活動を行いましょう。

関連記事→マンションを売る時の内見対応ー売却率をあげるポイントをしっかり押さえる!

急いで売却したい場合は、買取を選ぶのも手

最後に、売却の期間に余裕がない人に向けて、「不動産買取」について簡単に説明しておきます。

離婚後のマンションや、相続したマンションの処分など、状況によっては高く売ることよりもとにかく早く売りたい場合があるはずです。

そんな時は、個人に対してではなく直接不動産会社に売却する「買取」を活用してみてください。

一般的に、通常の仲介で売却するより2割程度下がってしまうのですが、早く確実に手放せます。

安くなってしまうデメリットが先行して、買取を検討しない人は多いのですが、実は仲介にはない以下のようなメリットもあります。

  • 仲介手数料がかからない
  • 周囲の人に知られずに売却できる
  • 事前にリフォーム等する必要がない
  • 何度も内見活動をせずに済む
  • 瑕疵担保責任を負わなくていい
  • 引き渡し日の融通が利きやすい

高値売却よりも、早く確実に手放したい人は、買取も視野に入れてみるといいでしょう。

マンション売却にかかる期間って?売れるまでの平均は3カ月!?まとめ

マンションの売却期間の平均は3カ月と言われていますが、これは目安にすぎません。

3カ月売れないマンションなど、数多く存在しています。

この3カ月という目安は、「3カ月売れなかった場合は何か対策を講じた方がいい」という認識でいいかもしれません。

その対策が、価格変更なのか、不動産会社の変更なのか、それは状況次第だと言えます。

そして、3カ月を待たずしてこのような対策を講じる必要がある場合も考えられます。

その不動産市場の動向を見るには、やはり、不動産のプロによる判断に頼らざるをえません。

しかし、1社のみの判断に頼るのは危険だと言えます。

1社のみの見解には偏りや先入観がある場合がありますから、不動産売却においても、セカンドオピニオン、サードオピニオンは必要なのです。

売却相談をする際や一定期間売れなかった場合には、home4uなどのサイトを活用し、複数の意見や助言を参考にすることで、少しでも早く、そして高額での売却を目指しましょう。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンション売却のお悩み

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.