*

マンション売却のお悩み

マンション売却にかかる期間って?売れるまでの平均は3カ月!?

更新日:

マンションが売れるまでの平均期間ってどれくらい?

 

マンションの売りに出せば、「いつ」「いくらで」売れるの?今回は、誰もが不安に思うこの疑問の内「いつ」に焦点を当ててお話ししていきましょう。

不動産の物件に関して言えば、1つとして同じものがない以上、いつ売れるかは誰にも分かりませんし、平均期間など意味をなさないものです。では、どうすればいいのかというと、売却までの平均期間などにとらわれず、できるだけ早く売却するためにできることを考えていくことです。

結論から言うと、それは売却活動のよりよいパートナーを見つけることです。

つまり、不動産会社の選定が非常に重要だということです。早期売却に必要な、不動産会社の選び方について具体的に説明していきます。

 

マンション売却までにかかる期間は3ヶ月!?

 

マンションの売却までの平均期間は、一般的に3カ月だと言われています。

不動産会社と締結する媒介契約の期間も、多くの場合、法律で定められた上限である3カ月。不動産会社が売りたいと思う期間もまた、3カ月だということです。

しかし、マンションなのか土地なのか、首都圏なのか地方なのかによっても売却の期間はさまざま。3カ月とは、目安にすぎません。ただ、できるだけ早く売りたいというのは、売主の共通の認識です。

少しでも早く売却するためにできることは・・・。それは売却活動のスタートである、不動産会社の選定が鍵を握っているのです。

参考→今すぐマンションを売る!即金即買で売却する3つの方法

 

マンションが売れるまでの平均期間は物件によってさまざま

 

マンションがいつ売れるかは、誰にも分かりません。当然ながら買主が現れない限り、マンションは売れないもの。

需要の低い場所、間取りや広さによっては、半年や1年売れないことはよくあります。

例えば、「4LDK、80平米、築浅物件」と聞けば、すぐにでも売れそうなマンションですよね。しかし、繁華街などで単身者が多く、ファミリー層があまり住まないエリアである場合は、広さのあるマンションは需要が低く、売却までに時間を要する可能性があります。

このようなエリアでは、多少古くても利便性の高いワンルームマンションの方が需要が高いのです。

マンションが売れるまでの期間の目安は3カ月だと言われることが多いですが、1カ月で売れるマンションもあれば、1年経っても売れないマンションもあります。

地域によっても需要はさまざまですから、一概にどのくらいの期間でマンションが売れるとは言えないのが現実です。

 

不動産会社の力もマンションが売れるまでの期間に影響する

 

どれくらいで売れるかわからないとはいえ、なるべく早く売りたいのは当然のこと。

マンションを早く売りたい場合でも、じっと堪えることが必要な場合もありますが、的確な時に、的確な対策を講じることは、常に動いている市場の中で物件を目立たせ、お得感を出すなどの観点で非常に重要となります。

このような動向を見極め、適切な判断をするには、不動産会社の助言は必須です。やはり、不動産のことは不動産のプロが一番わかるはず。

実際に価格を変更したり売却を決めたりするのはご自身ですが、不動産会社の力なしには希望する期間や価格での売却は叶いません。

不動産会社の力量が左右する点は、以下の3つが挙げられます。

① 広告活動

買い手となるターゲット層の見極めは、広告活動をする上で非常に重要になります。

新聞折り込みチラシや投げ込みチラシを行う地域の選定、既存の客に紹介する際の紹介相手などは、基本的には不動産会社が決めておこなうものです。

アットホームホームズスーモへのネット掲載や、業者間の物件情報である、レインズマイソクを配布するのも業者の仕事です。

この際、読みを間違い、買う見込みのない人たちに広告活動をおこなってしまうと、時間と労力の無駄。広告活動はやればいいというものではないのです。

② 価格の設定

価格の設定はさらに重要です。

査定額が高いという理由だけで不動産会社を選んでも、買い顧客のニーズにあった価格でなければ、売れるものも売ません。逆に安すぎる価格だとすればすぐに売れるでしょうが、当然ながらご自身にとって不利益ですよね。

相場を読み、需要などを考えて査定価格を算出できるかが、鍵となります。

そして、売れなかった際の価格変更も、買い手にとって印象的なタイミングで印象的な価格に変えることが、効果的。価格は売主に決定権がありますが、早期売却、高額な売却を目指すのであれば、不動産会社の助言が的確なものなのかは非常に重要です。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

③ 営業力

購入希望の方の内見は、売却のビッグチャンスです。

この時に不動産会社の方が、マンションのアピールポイントなどを説明し、ローンの仮審査などもスピーディーに通すことができれば、内見者が購入する可能性はぐっと高くなるでしょう。

不動産会社の担当には、説明の分かりやすさや仕事の速さなども求められるというわけです。

 

このように、マンションの売却には各要所で、不動産会社の市場を読む力、買い顧客のニーズを読む力、相場を読む力、そして担当の営業力が必要になってきます。売却力のある不動産会社を選定しなければ、売却期間が長引き、売却金額にも影響を与えることになるでしょう。

営業をしてくれない不動産会社に注意

 

不動産会社は、売買契約した際の仲介手数料を報酬としていますから、多くの不動産会社は報酬を得るため誠心誠意、売却活動をおこなってくれるでしょう。

しかし、「売れ筋物件ではない」「なかなか成果がでない」などの理由で、最低限のネット掲載を終えたら売却活動を怠るような不動産会社もあります。

不動産会社主体で広告活動をしないようであれば、売主がするように進言することはできますが、この際に「売主による追加依頼」とみなされ、追加報酬を請求される可能性もあります。

本来は、マンションに適した広告活動は不動産会社が率先しておこなってくれるもの。「言わなきゃ動かない」「言ったら金銭を請求してくる」こんな不動産会社に売却を依頼していたら、売却期間は伸びる一方です。マンション売却は、待っているだけでは買い手は付きません。

買ってくれる見込みのある人を見極め、マンションの情報を認知させることが不動産会社の役目でもあります。

売却活動をおこなわないような不動産会社には依頼しないようにすることが重要ですが、媒介契約を締結してから気づいてしまった場合には、即刻契約を解除し、他の有能な不動産会社を選定しなおす必要があるでしょう。

参考→マンション売却を依頼した不動産会社を変えたい!変更する事はできる?

 

早い期間でマンションを売りたいのなら、ある程度複数の不動産会社に依頼をすることが重要

 

媒介契約を締結する際、専属・専任媒介で1社のみと契約をする選択もありますが、不動産会社が売却活動を怠った場合や、力不足だった場合には売却に時間がかかり、売り主の生活に大きな影響があります。

途中で契約を解除したくても、専属・専任媒介の性格上、契約期間途中に無償で解除できるとは限りません。リスクを回避するのと同時に、あらゆる手段で売却活動を進めていくために、一般媒介で複数社に売却を依頼するようにしましょう。

複数社といっても、5社や10社と媒介を結ぶ必要はありません。3社程度に留めることで、ご自身も各社の動向も把握することができますし、媒介契約や価格変更の際にも、各社と接見する手間があまり掛かりません。

複数社による多種多様な売却活動で、売却活動の期間を短く、そして少しでも高額な金額での売却を目指しましょう。

参考→マンションを売る時の不動産会社の選び方ーおすすめ4つのポイント

 

マンション売却一括サイトをうまく活用しよう

 

不動産会社の選定は、売却期間を短く、そして高額で売却するために非常に重要ですが、何を基準に不動産会社を見極めればいいのかも難しいところ。

そんな時には、一括査定サイトをうまく活用しましょう。一昔前までは自分の足で不動産会社を回らなければ知り得なかった情報も、今では簡単に調べることができ、査定依頼までも複数社に一括でしてくれるサイトがあります。多くの人がこのようなサイトを利用しており、安心・安全・簡単に不動産会社の選定をすることが可能です。

例えば、home4u、年間利用者が400万人、売却査定実績は20万件にも登る業界最大手のサイト。参画している不動産会社は、大手から地域密着までさまざまです。しかも厳選された優良企業のみですから、「法外な広告費を請求される」「営業活動をおこなってくれない」などのリスクを最大限回避することができます。

また、このような一括査定サイトを利用して査定依頼をすることで、不動産会社同士の競争意識を刺激することもでき、各社、より積極的な提案をしてくれることでしょう。

参考→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

 

マンション売却にかかる期間って?売れるまでの平均は3カ月!?まとめ

 

マンションの売却期間の平均は3カ月と言われていますが、これは目安にすぎません。

3カ月売れないマンションなど、数多く存在しています。この3カ月という目安は、「3カ月売れなかった場合は何か対策を講じた方がいい」という認識でいいかもしれません。その対策が、価格変更なのか、不動産会社の変更なのか、それは状況次第だと言えます。

そして、3カ月を待たずしてこのような対策を講じる必要がある場合も考えられます。その不動産市場の動向を見るには、やはり、不動産のプロによる判断に頼らざるをえません。

しかし、1社のみの判断に頼るのは危険だと言えます。1社のみの見解には偏りや先入観がある場合がありますから、不動産売却においても、セカンドオピニオン、サードオピニオンは必要なのです。

売却相談をする際や一定期間売れなかった場合には、home4uなどのサイトを活用し、複数の意見や助言を参考にすることで、少しでも早く、そして高額での売却を目指しましょう。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンション売却のお悩み

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.