*

特徴別マンション売却方法

購入してすぐのマンションを売る! 築浅物件は高額売却のチャンス!

更新日:

購入して間もないマンションを売る時のポイント

 

マンションを買ったのに、すぐ転勤になってしまった、結婚してマンションを買ったけれど離婚をすることになった、などなど買ったばかりのマンションを手放す人は意外と多いです。

夢のマイホームだったはずのマンションを、購入して間もない段階で手放さければならなくなった理由が生じた時、どのぐらいの値段で売れるのか、買ったばかりなのに大損するのではないか、などさまざまな不安があると思います。このような不安から、また数年後住もうとマンション売却を見送ったり、誰かに貸すことを模索したりすることは、せっかくの売却チャンスを逃すことになります。

 

買ったばかりのマンションに住めない事情ができた時はいち早く売却してしまうのが最善です。

自分が住んでいない間も、固定資産税や管理費、修繕積立金はかかり続けます。購入して間もないマンションは、もちろん高く売却することが可能ですし、売却価格も購入時に近い金額での売却が期待できます。マンションの価値は、築年数とともに下がっていくので、購入時と同等の価格で売却できるチャンスは、徐々に少なくなっていきます。

今回は、買ったばかりのマンションを売却する時のポイントをご教示します。

 

買ったマンションをすぐに売る人は多い

 

新築だとしても、中古だとしても、マンションを購入してすぐに売却するケースはよくあります。

理由は人それぞれですが、結婚、離婚、転勤、単純に気に入らなかったためなど、さまざまです。住まいは、仕事の都合や新しい家族が増えるなどの変化に伴い、住みにくくもなります。そのような変化が、マンションを購入して間もなく訪れる可能性だって当然ながらありえます。

実家の土地や家など、歴史と愛着がある住まいならともかく、マンションは人生の転換期に買い換えるものだと割り切っている人も多くいます。買ったばかりのマンションだからといって、売却する理由がある場合はその時が売却時なのですから躊躇する必要はありません。

むしろ、買ったばかりのマンションを売却することはメリットと捉えられることもあります。

それでは、実際に様々な要因別に買ったばかりのマンションを、すぐに売るメリットや売却時のポイントを見ていきましょう。

 

マンションを買ってすぐに転勤になったケース

 

もしマンションを購入したばかりで、遠方への転勤が決まったら…。この時、考えられるパターンは3つです。

  • 転勤が終わるまでそのままにする
  • 転勤が終わるまで賃貸にする
  • 売却する

転勤というと戻ってきた時のことを考えて、賃貸に出した方がいいのではないか、また、購入したばかりのマンションを売却してしまうのがもったいない。と感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、購入してまだ満足に住んでいないマンションだからこそ、売却をすることが有益で、賃貸に出す方がもったいないことだと言えるのです。

この場合、潔くマンションを売却することを選択するのが正解です。

参考→転勤になったらマンションは売却するのと賃貸にするのどっちがお得?

参考→マンションを売るか貸すかどっちがいい?メリットデメリットから比較!

詳しくは、上記の記事で解説していますが、ここでは簡単に、マンションを売却する場合と賃貸に出す場合をともに考えてみましょう。

 

売却のメリット

購入して間もないマンションの場合、売却に出せば購入した金額に限りなく近い金額で売却することが可能です。また、東京の都心など人気の地域や、タワーマンションやブランドマンションでは購入時よりも高くマンションを売れることもあります。

さすがに買った時よりも高く売れるケースは人気物件に限りますが、住宅ローンを組んでいる場合も売却することで、そのまま全額完済できる可能性が高いと言えます。

 

売却するデメリット

仲介手数料などの諸費用がかかることだけは避けて通れません。

ただ、マンションは築年数に応じて価値が下がるものですから、購入金額と同じくらいの金額で売れる可能性があるのは、今だけです。また、今は幸いにも東京オリンピックの影響で不動産価格が上昇しています。※この記事は2016年12月に更新しています。

参考→【マンションを売るのは東京オリンピック前?後?】今、売却する2つの理由

また、買ったばかりのマンションをすぐ売るというと、何か事故があったのではないか、住むと条件が良くないマンションなのかもしれないと思われるのではないか、と不安に思う方もいるかもしれません。しかし、買い手も転勤による売却ということであれば、短期間による売買でも不信だと思うことはありません。

 

賃貸に出すデメリット

通常、転勤の期間が決まっている場合は定期借家契約といって貸し出す期間が決まっている契約を交わすことになります。転勤の期間が定まっていない場合は、定期借家ではなく期間の定まっていない賃貸借契約を第三者と交わすことが多いです。

この賃貸借契約のネックは、賃借人を簡単に退去させられない点です。

いざ転勤から戻ってきて自分たちが住もうと思っても、賃貸借契約を交わしている限り、家主都合で退去させられないのです。

「自分のマンションなのに?!」と思われるかもしれませんが、賃貸借契約とはそういうもの。現居住者優先で作られている契約なのです。しかし、どんなことをしてでも退去させられないというわけではありません。一般的には、賃料を数ヶ月分免除したり、引越し代金を負担したりすることで退去してもらうケースが多いです。この費用は賃料にもよりますが、数十万円はかかるでしょう。

そして、第三者が数年間住んだわけですから、自分たちが再度住む時には、ハウスクリーニングやクロスの張替えを希望することがあるでしょう。この費用も規模によりますが、数十万円はかかります。それに加え、賃貸経営は常に賃借人がいる状態にすることは至難の業です。

それならば定期借家契約なら安全じゃない?と思う方も多いですが、定期借家契約であってもなかなか出ていかずトラブルになり、裁判までもつれる事例は多いです。

空家である状態が続いた場合、希望の賃料では借り手が付かない場合などでは、マンションの維持費用や管理費用によって大幅な赤字に転じることにもなりかねません。このように賃貸経営をするということは、さまざまなリスクが伴います。

費用面でもそうですが、せっかく購入してまだいくらも住んでいないマンションに、丁寧に住んでくれるかも分からない第三者を住まわせ、築年数だけ経過させるのはもったいないことです。

 

マンションを売却する場合は諸費用の負担は避けられませんが、逆に考えれば諸費用の負担さえすれば購入時と同等の価格での売却が見込めます。そして、売却してしまえば、その後の心配をすることはなくなります。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

転勤先で賃貸経営の心配をすることなく新たな生活をし、転勤から戻ってきたら再度新居を構えることが、金銭的にも、気持ち的にも良いものではないでしょうか。

 

転売目的でマンションをすぐに売るケース

 

転売目的だとしてもマンションは購入してすぐに売却する事はできます。

しかし、マイホームとして購入したマンションの場合は、利益が出た場合でも3,000万円の特別控除がありますが、転売目的の場合は利益が控除されることなく課税対象となります。しかも、5年以下の短期間で売却して利益を得た場合には、40%近く税金が徴収されます。

一方、10年の所有期間があれば、税率は半分程度になります。短期間で転売をして儲けるということは、簡単ではないということですね。

購入して間もないマンションであれば、同等額か、人気の物件であれば販売価格以上で売却することは可能です。しかし、利益を求めるとすれば1、2割程高く売却しなければなりません。このマンション転売で1-2割の利益を出すということは、容易ではありません。

しかしながら、マンションが高額で売却できる可能性は、今後さらに落ちていくことが考えられます。転売目的での購入はあまりおすすめできませんが、すでに購入して手放したい場合には、一刻も早く売却をした方がいいでしょう。

買ったばかりの築浅マンションはすぐに売った方が良い

 

早く売った方が新しい生活を手に入れられる!

転勤などの理由以外でも、環境が気に入らない、マンション自体が気に入らないという場合にも、すぐに売却することをおすすめします。

衣食住の「住」は、人間が生活する基盤となるもの。気に入らない服は捨てればいい、嫌いな食べ物は食べなければいい。しかし、気に入らない住まいは、金銭面や様々な条件が合わなければ簡単に変えられるものではありません。それは、長く住めば長く住んだ分だけ難しくなります。

購入して間もない状態であれば、金銭的にも多少の費用負担でマンションを買い換えることが可能です。マンションは買ってからが5年はまだ価値があり、15年経つとその価値は半減します。

参考→築5年マンションを売却する!資産価値と築浅物件を高く売るポイント

築15年のマンションを高く売る為の売却方法とポイント

マンションのローンが残っていたとしても、完済できるでしょう。長く住めばお子様の通学の問題や金銭的問題で、身動きが取れなくなっていくものです。買ったばかりだから…と躊躇するのではなく、買ったばかりだからこそ、いち早く売却してしまう方が良いのです。

 

築浅マンションを売却する上での注意点

気をつけるポイントとしては、転勤や離婚などの明確な理由がない場合の売却は、買い手に「なぜ売却をするのか?」と詮索される可能性があることです。

短期間で売却に出す背景には、何か不具合があるのではないか、隣人トラブルがあったのではないかと気にする方もいるかもしれません。この場合は、「他に更に気に入った物件が出てきた」「もっと駅に近い物件が良くなった、緑が多いところが良くなった」など、正直に伝えましょう。

もし何か問題がある場合でも、売却するには告知義務が伴います。売却理由は正直に伝えることが賢明だということです。

参考→騒音など近所からの迷惑がある!マンションを売る時に告知義務は必要?

住まいに求める条件や好みは人それぞれ。ご自身には合わなかったマンションでも、人によっては最高の住まいであることがあります。理由を正直に伝えれば、購入して間もないマンションでも必要以上に懸念されることは無いでしょう。

マンションは購入価格と同等の価格で売れるチャンスは徐々に下がっていきます。手放す理由がある場合には、いち早く売却することをおすすめします。

離婚で買ったばかりのマンションを売る方は下記の記事を参考にしてください。

参考→離婚によるマンション売却ー共有名義の物件を高く売る方法と財産分与

 

 

買ってすぐの築浅マンションを売るなら一括査定サイトが便利!

 

マンションを売却する際には、マンション一括査定サイト活用し、複数社に査定してもらうことから始めるのが1番です。

買ったばかりだと、購入した不動産会社に売却を相談することを考えるかもしれませんが、マンション売却は購入する時よりも、さらに不動産会社の役割は重要であると言えます。マンション売却には、適切な価格設定をするための相場を見る目、ターゲットを絞った広告活動、買い手に対する交渉力、購入を後押しできる売却力が重要になります。必ずしもマンションを購入した不動産会社が、このような売却力を持っているとは限りません。

マンションの査定とは、いわば不動産会社を見極めるためのオーディションのようなものです。査定額は適切なものか、査定額の根拠として様々な考察がなされており、売主にきちんと説明をしてくれるか、時間を守るかなど、査定依頼を通して、売却を任せられるか否かを見極める必要があるのです。

また、大手不動産会社や、地元を中心に活動している地域密着型の不動産会社でもそのメリット、デメリットは変わってきます。

参考→売却するならどっち?!大手不動産会社でマンションを売るメリット

地元(地場)不動産会社でマンションを売るメリットとデメリット

複数の不動産会社に査定を依頼して、その中から最適な不動産会社を選ぶことが、マンションを高く売るためには非常に重要です。

例えば、一括査定サイトの中でも、国内最大級であるhome4uでは、簡単な入力で1度に6社への査定依頼が可能です。参画会社は、運営しているNTTグループのNTTDATAが厳選した優良企業である点も大きな安心に繋がります。

参考→不動産一括査定サイト33選ー評判も良い1番使えるサービスはコレ!

購入して間もないマンションですから、購入時と同等額、そしてそれ以上の価格での売却も見込めます。そのためには、しっかりと不動産会社を比較し、信頼できる不動産会社を選定できるかどうかが鍵となることは言うまでもありません。

 

購入してすぐのマンションを売る!築浅物件は高額売却のチャンス!まとめ

 

もし、購入して間もないマンションを手放す理由が生じてしまった時、一番のポイントとなるのは、「躊躇しないこと」です。購入して間もないマンションだからこそ、住宅ローンの一括完済や購入時と同等額の売却が目指せるのです。もし数年の間でも売却を見送れば、高く売ることはできなくなる可能性が高いでしょう。遅くなればそれだけ価値は下落してしまうだけです。

マンションを買い換える場合にも、新天地での生活にも費用は必要です。売却にかかる諸費用分でも高く売却するには、不動産会社の選定も非常に重要です。

不動産会社の力量次第では、購入時価格+αの売却も目指せます。事実、複数の不動産会社に同時に査定してもらった結果、一番高い会社と低い会社で数百万円以上の差が出た。というケースは日常茶飯事です。

マンションを売る方法を簡単に把握し、後は担当してくれる不動産会社をしっかりと見極めればマンション売却は成功します。これからの生活のためにも、ぜひ不動産会社選びには慎重になって売却活動を行ってください。

希望の形で売却ができれば、新しい住まいを得るための足掛かりとなることでしょう。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-特徴別マンション売却方法

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.