*

マンションを売る理由

転勤になったらマンションは売却すべき? 賃貸にするのどっちがお得?

更新日:

突然決まることの多い、転勤。分譲マンションを購入した後に転勤が決まったら、マンションはどうすれば良いのでしょうか?

時間をかけて決めたマンションですから、転勤から戻ってきたら、また住みたいと思う方も多いでしょう。

しかし、その転勤、期間は決まっていますか? 同じ場所に戻ってくることが決まっていますか? 転勤の目安の期間は教えてくれても、それが絶対とは限りません。転勤の後、さらに違う場所に転勤する場合も、サラリーマンだったらないとは言い切れません。

短期の転勤を除いて、住んでいたマンションを売却することをお勧めします。

思い入れのあるかもしれませんが、住まない期間、マンションをそのままにしておいたり、貸し出すことのデメリットは多いです。

各選択肢のメリット・デメリットを見ていきましょう。急に転勤が決まり困っている方、参考にしてみてください!

 

転勤になった場合マンションは売るのと貸すのどっちがいい?

 

転勤が決まった場合、所有マンションの選択肢は以下の3つでしょう。

① そのまま
② 貸し出す
③ 売却する

この3つには、メリット・デメリットがあります。では、1つずつ解説していきます。

⓵そのままにする場合のメリット・デメリット

せっかく購入したマンションですから、売らず、貸さずに保管しておきたいのが本音ですよね。でも、次のようなメリット、デメリットがあります。

メリット

・転勤から戻ってきたら住むことができます。

・誰にも汚されません。

 

デメリット

・ローンに加えて、管理費、修繕積立費、固定資産税など、住んでいなくてもローン以外に費用がかかります。

マンションはローンで購入されている方がほとんど。ローンの支払に加え、転勤先での生活の支払ができますか?

一般的にはマンションをそのままにして転勤されることは、金銭面からも現実的ではありません。

参考→売却するまで払い続けるの!?マンションを売る時の管理費・修繕積立金

 

⓶ マンションを賃貸に出す場合のメリット・デメリット

次に考えられるのは、転勤中、第三者に貸し出す方法です。

メリッ

・ローンの支払いやその他の支払いを、家賃収入でまかなえます。

・マンションを所有しておくことができます。

 

デメリット

・賃貸を管理してくれる業者への支払いや、建物の不備の修理などの責任をすべて負うことになります。

一般的には、ローンの月々の支払いより、家賃の金額の方が高くなる場合が多いですが、結果的にはその他に費用がかかりますから、利益は出ないことが多いでしょう。

利益を求めていないと思いますが、借り手がつかない場合など赤字がでる場合も大いに考えられます。借り手が見つからないと、当然ながらその期間は赤字になりますし、さらに家賃を下げざるを得なくなると、借り手が見つかったとしても赤字になる可能性もあります。

転勤から戻ってきても、簡単には居住者を退去させられない点です。


-よく読まれている人気記事-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


スポンサードリンク

「自分の所有マンションになぜ住めないの?!」と思われるでしょうが、法律では、「現在住んでいる人」を優先としていますから、いくら所有者でも、現居住者を簡単に退去させることはできません。

定期借家契約という、期間限定の契約を結んでいる場合はこの限りではありませんが、普通借家契約という一般的な賃貸借契約を結ぶ場合には、注意が必要です。法律では、大家が居住者に退去を求めるときには、6か月以上前に勧告すること、そして「正当な事由」が必要であると定められています。

この「正当な事由」として今回は、「大家自らが住むため」という点が挙げられるでしょうが、この場合、住み続けたい現居住者に勝つことはできません。

しかし、絶対退去を求められないのか、というとそういう訳ではなく、「現居住者の引っ越し費用を負担してあげる」ことや「退去までの数ヶ月間家賃をもらわない」ことなどで、退去を求める事が一般的です。

賃貸に出すことで家賃収入が増え、転勤中のマンションの管理費用などをまかなえるメリットもありますが、必ずしも費用がまかなえるわけではないことや、退去時のリスクなどはデメリットであると言えます。

参考→マンションを売るか貸すかどっちがいい?メリットデメリットから比較!

 

⓷ マンションを売却する場合のメリット・デメリット

最初にも言ったとおり、マンションを売却する方法を一番おすすめします。

メリット

・継続してかかる管理費や修繕積立費、固定資産税は一切かからなくなります。

売却時にある程度まとまったお金がかかる場合はありますが、その後の費用や手間がかからなくなるのは、売却するメリットとも言えるでしょう。

 

デメリット

・せっかく購入したマイホームを売却に住めなくなります。

・ローン残債が、マンションの売却金額を下回っていたら、いうことはありませんが、しかし、その逆だったら、貯金で不足分を補うなどする必要があります。

しかし、賃貸に出した場合でも借り手がつかなかったり、家賃で全ての費用をまかなえない場合には、貯蓄を削る可能性がありますから、この点は、賃貸に出す場合も売却する場合も同じでしょう。

 

転勤になったら、価値が下落する前にマンションを売るのが一番

ご所有のマンションの価値が一番高いのは、いつだと思われますか?それは、「今」なのです。

転勤が決まった、今が一番高く売れます。転勤中、転勤後に売ろうと思っても、今以上高く売れることは、よっぽど地価が上昇するなどの場合を除き、ありません。

数年しか住んでいない家でしたら、売るのがもったいないと思われるかもしれませんが、そのままにしておいたり、賃貸に出す方がよっぽどもったい。数年しか住んでいないからこそ、高く売却できるのです。

参考→購入してすぐのマンションを売る!築浅物件は高額売却のチャンス!

 

転勤になったらマンションは売却するのと賃貸にするのどっちがお得?まとめ

 

自分も家族も歳をとりますが、家も歳をとります。

家とともに歳を経るのは素晴らしいですが、住んでいない家の管理に、お金と手間をかけるより、新しい生活と未来の生活にお金を使うことをお勧めします。

転勤が終わり、また落ち着いて生活できるようになれば、一緒に歳をとっていける家を購入するという選択肢を持てば良いのです。

お住まいのマンションは、一度はずっと一緒に生きていこうと思った大事な資産。

少しでも高額に、スムーズに売却できるよう、信頼できる不動産会社を見つけてくださいね。



banner
-よく読まれている人気-

知らないと570万円損をする!?
一括査定サイトを利用する絶対的理由と優良33サイト徹底比較⇒


-マンションを売る理由

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.